2012年06月06日

これは美味しい!コブミカンの蒸し寿司

コブミカンの葉っぱの香りが好きです。大好きなのです。
好きが高じ、鉢植えを取り寄せ栽培するに至って間もなく1年・・・コブミカンの成長は実に順調。
今朝は、そんなコブミカンを使って蒸し寿司なんぞを作ってみましたよ。

雑穀米入りの酢飯の上に、昨日作ったローストポークをのせて。
ローストポークの五香粉、そしてコブミカンの香りがこれ程に相性良しだとは・・・びっくり上出来。
蒸したても美味しいし、冷めても美味しいコブミカンの蒸し寿司。主人はすっかりお気に入りです。
主人曰く、日本在住のタイ人にご馳走してあげたい味なのだとか・・・なんだそれ。




トッピングは、ローストポークでなくともお好みで。お魚等でも美味しいと思いますよ。
ちなみにこれがコブミカンの葉っぱ。バイマックルーと言ったほうが馴染み深いのかしら?
わさっと茂った頃を見計らい、数枚束にして冷凍保存してあります。本日は摘みたてのコブミカンで。




  1. ややかために雑穀入りご飯を炊き、水煮筍・シイタケ・人参等を加えた酢飯を作ります。
    これを小さなおにぎりさんにし、コブミカンの葉っぱにのせてスタンバイ。

  2. 1の上に水煮筍・ローストポーク・錦糸卵等お好みの具をトッピングし、コブミカンの葉っぱごとクッキングシートを敷いた蒸し器に並べます。
    蒸気が充分上がった状態の蒸し器にセットし、蒸気が落ちないよう蓋を布巾で包んでやや弱めの中火で蒸すこと10分〜15分。

    蓋をとった時のあの幸せな香りったら・・・蒸したてでも冷めても、どちらでも美味しいのです。











主食がうまくいくと、他のおかず・スープを作るのがいつも以上に楽しくなります。
うん、やっぱり主食は大切ね。





  • My畑の玉ねぎ、今年もめでたく収穫に至りました。
    本日の主菜は、新玉ねぎのかき揚げですよ。わさび菜・シイタケ・人参等で色鮮やかに。

    お弁当用なので、衣に昆布茶とクミンソルトを加えてみました。
    味付きとき卵に具・小麦粉を加え、少量のお酢を加えて和えます。これを小さくまとめながら揚げれば出来上がり。横着だけど、失敗のない簡単なかき揚げであります。






  • 副菜は、こんにゃくの玉ねぎドレッシングマリネ。新玉ねぎ大活躍です。
    育ち過ぎのサヤエンドウもグリーンピースとして活躍しております。ディルの香りがよろしい。

    薄切りにした新玉ねぎ (1/2個分程度)・太白胡麻油 大さじ3・お酢 大さじ2・ハチミツ 大さじ 大さじ1・だし醤油 大さじ1弱。 以上を全てボールに合わせ入れてバーミックスで攪拌し、味をみて軽く塩コショウして玉ねぎドレッシングを作ります。

    お刺身こんにゃくは、全体を爪楊枝等でつついてから短冊状に切り表面の水気をしっかり拭き取ります。これを削ぎ切りにし、塩茹でにしたグリーンピース・やわらかな葉っぱ部分だけを刻んだディルと一緒にドレッシングで和えます。しばらくおいて味がなじめば出来上がり。






  • 本日のスープは、とろとろに煮込んだ里芋が美味しい塩麹仕立て。
    面取りした人参・鰹だしを火にかけ、少量の塩麹を加えて煮立てます。ここに凍った状態の冷凍里芋を加え、充分にやわらかくなるまでことこと煮込んだら仕上げにわさび菜を。
    味をみて、薄いようなら塩麹かお塩を少量加えて出来上がり。






コブミカンの蒸し寿司。コブミカン好きにはたまらないこの香り・・・なかなかのヒット作です。
今日食べ切れない分は、ひとつずつラップで包んで冷凍しておきましょう。











もちろん朝食にも。
体重が恐ろしく増加しております主人。あーあ、誘惑に負けておかわりしちゃったわ。

夏に向け、成長著しいベランダのコブミカン。この蒸し寿司はお勧めですよ。本当に美味しいもの。
さて。
先日独り立ちをしたルバーブの具合はいかがなものかしら。畑との相性はどんなものかしら。
台風の影響からか、お天気は抜群に良いのだけれどこの強風・・・心配です。
後でお水持参で様子を見に行ってこよう。うん、そうしよう。

posted by しんさん at 12:36 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。