2012年05月12日

クミンソルトとお豆腐丼・・・は微妙でした

先日テレビで、お料理研究家の河合真理さんが “クミンシード” を取り上げていらっしゃいました。
あら!これ気になる・・・という訳で、紹介されていた “クミンソルト” なるものを作ってみましたよ。


  • 作り方は至って簡単。
    まずは、クミンシード 小さじ1をフライパンで乾煎りします。
    火加減は弱めの中火。フライパンを常に揺すりつつ、箸で混ぜながらクミンシードがからからになるまで。クミンシードの香りが立って、表面がほんのり焦げるまで5分弱。これをスパイスボールに移して粗熱をとり、粗くつぶしてお好みのお塩 大さじ1を混ぜます。これで完成。

    粗塩を使ったので、クミンシードと一緒にお塩も軽くつぶしてみました。
    スパイスボールがなくても平気。真理さんは、スプーンの背でつぶしていらっしゃいました。











で、完成したクミンソルト。
真理さん曰く、『意外ですが、お豆腐や天ぷら等とも相性が良いのです』 とのこと。

あら素敵!
今朝はお洗濯も早々に済ませ、早朝7時から近所 (それほど近所でもないか) のお豆腐屋さんへ。
早起きすると、その場で出来立て熱々のお豆腐をザルに移してくれます。ほかほか出来立てのお豆腐って本当に美味しいのよ。揚げたて熱々の丸揚げも一緒に。

2つ買って、ひとつは実家へ持っていきましょう。ほかほかのお豆腐持参で朝食にありつきます。
もうひとつはお寝坊の主人と。お昼ご飯はお豆腐丼にしましょうね。


  • お豆腐丼。
    なんてことはない・・・冷奴を炊きたて熱々ご飯に乗せるだけ。いつもは刻みネギ・お醤油でいただきます。一瞬尻込みしそうなメニューですが、あっさりして本当に美味しいの。
    今回はお醤油の代わりに、早速このクミンソルトをお豆腐にぱらり・・・





  • 土曜出勤の主人に、お昼ご飯がお豆腐丼だけでは失礼よね。
    鯖缶を使って、ちゃちゃっと鯖団子のスープなどいかがかしら。鯖団子はおから使用ですよ。

    人参をオリーブオイルでさっと炒めたら鰹だしを注ぎ、人参がやわらかくなるまで煮ます。
    この間に鯖団子の準備を。
    鯖缶をザルにあけて缶汁を切り (缶汁は鰹だしと一緒にスープに入れてしまいましょ)、フォークでざっくりとつぶします。ここにみじん切り生姜・おから・片栗粉を加えて混ぜ、手の平にほんの少し油をぬってお団子にしましょう。

    煮立ったスープに塩麹で味をつけ、鯖団子・細切りシイタケ・下茹でしたスナックエンドウ等々を加えます。しばらく煮て出来上がり。











クミンソルトのお豆腐丼を主食に。丸揚げは網の上でこんがり焼いてお醤油をちろり。
おからと鯖缶団子のスープは塩麹で優しい味。人参がたっぷりですよ。

・・・で、クミンソルト風味のお豆腐丼がどうだったのかと申しませば・・・ですよね。ここ重要ですよね。
うーん、うーん、うーん・・・・・・・・・微妙

不味くはない。
でも、お豆腐のつるんとした食感の中に、クミンシードの食感が強すぎるというか・・・正に微妙。
この後、お醤油でいつもの味に戻してみたのですが・・・クミンソルトのパンチにやられてやや物足りなさが募り、クミンソルトとお醤油を行ったり来たり。どちらにも首を傾げる結果となりました。

結論!お豆腐丼にはやっぱりお醤油の方が良いかな?
でも、厚揚げ+クミンソルトが意外と高得点。クミンソルトには天ぷらが合いそうです。
次回はかき揚げ+クミンソルトにしてみましょう。

posted by しんさん at 18:44 | Comment(0) | 保存食・調味料・常備菜等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。