2012年05月07日

クッキーさっくさく!ラムレーズンもりもりバターサンドクッキー

ゴールデン・ウィークが終わりました。
お昼近くまでパジャマ姿だった主人も、いつもの生活に戻って元気に出勤です。いってらっしゃいー。

久しぶりの出勤で、主人もきっと草臥れて帰ってくることでありましょう。
そぉね、じゃ、ご褒美でも焼いておいてあげようかしら。

はい、ご褒美。

主人ってば、本当に甘いものが好きなようで・・・
ゴールデン・ウィーク中に見かけた “北海道物産展” の折り込みチラシにぴくりと反応。バタークリームをたっぷりとサンドした六花亭バターサンド、いかにこれが優れたおやつかを熱く語っておりました。

ふーん・・・バタークリームかぁ・・・なんだか懐かしいわぁ・・・ちょっと作ってみようかしら。
ならば久しぶりにクッキーも焼いてみましょう。久しぶりにゆっくり手をかけた丁寧なクッキーをね。
こうして焼き上がりました主人へのご褒美、やや小ぶりなバターサンドクッキー 8個分ですよ。










【下準備】
  • ラムレーズンを作っておきましょう。
    お水 50cc・グラニュー糖 20gを中火にかけ、グラニュー糖が完全に溶けたらレーズン 60gを加えます。お鍋を傾けながらシロップをレーズンにからめ、全体が沸騰したらすぐに火からおろしてシロップごとボールに移します。ホワイトラム 大さじ1を加えて全体にからめ、粗熱がとれたら冷蔵庫へ。ラップをして1日以上おきます。
    バターサンドクッキーを作る際は、ザルにひろげて自然に漬け汁を切っておきましょう。
    漬け汁は仕上げに使います。捨てないで。






【クッキー生地を作りましょう】
  • クッキーをさっくり仕上げる為のひと手間。小麦粉の2/3量を予めオーブンで焼いて冷ましておきます。小麦粉 60gをふるってオーブンシートの上にひろげ、180度に予熱したオーブンで10分。ほんのり色づくまで焼いてそのままオーブン庫内で冷ましておきましょう。
  • バター 50グラム・卵黄 (1個分) は室温に戻しておきます。


  1. 室温に戻したバターをクリーム状になるまで攪拌します。粉砂糖 30gを2回に分けてふるい入れ、白っぽくなるまで更に攪拌します。アーモンドプードル 25gも2回に分けてふるい入れましょう。しっかりと攪拌し、室温に戻した卵黄・生クリーム 小さじ1・バニラエッセンスをそれぞれ加え入れ、その都度しっかりと攪拌します。生クリームは牛乳でもOKですよ。

  2. 焼いて冷ましておいた薄力粉・それとは別にそのままの薄力粉 30g・ベーキングパウダー 小さじ1/2を合わせ、2回に分けてふるい入れてさっくりと混ぜ込みましょう。
    ビニール袋に移して形を整え、冷蔵庫で30分以上冷やします。

  3. ビニール袋に入れたまま生地を 24センチ×16センチ×3ミリ厚さ 程度にのばし、パイカッターで 6センチ×4センチ角に切り分けます。

    ビニール袋を切り開いて生地をそっと取り出し、オーブンシートを敷いた鉄板の上に充分な間をあけて並べましょう。
    さくっと仕上がるよう、生地を扱う時はとにかく冷やしながら作業することをお勧めします。
    190度に予熱したオーブンに素早く移し、設定温度を180度にして焼くこと10〜15分。

  4. 焼きあがったら網の上に移し、熱いうちにラムレーズンの漬け汁をそっと表面にぬります。
    完全に冷めてから仕上げにかかりましょう。






【バタークリームを作りましょう、仕上げましょう】
  1. 卵白 (1個分) はよく冷やしておきます。
    軽くときほぐしてグラニュー糖 大さじ1を2回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作ります。

  2. 別ボールで、室温に戻したバター 50グラムをクリーム状になるまで攪拌します。ここにお砂糖 大さじ1を少しずつ加えながら、滑らかになるまでしっかりと攪拌しましょう。
  3. バターのボールに、メレンゲを少量ずつ加えながら混ぜ合わせます。一度に加えると分離の原因になります。メレンゲを4〜5回に分けて加え、その都度しっかりと攪拌する手順で。
    最後にラムレーズンの漬け汁が残っていれば加えます。なければホワイトラム小さじ1で。

    バタークリームを絞り袋に移し、片方のクッキーの上にたっぷりと絞り出します。レーズンをたっぷりと散らし、クッキーでサンドしましょう。冷蔵庫でうんと冷やして召し上がれ。











連休明け・・・お弁当はサボってしまいましたが、おやつはバッチリ準備出来ましたよ。
バターの良い香りに、主人のご機嫌も上々です。お疲れ様、おかえりなさい。

主人曰く、もうちょっとバターが重くても良いのだとか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、そ。

彼のお腹周りがすっきりするには、かなりの努力と鬼の心が必要なようであります。

posted by しんさん at 18:26 | Comment(0) | たまぁ〜に作る凝ったお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。