2012年04月26日

バナナとカルダモンのマドレーヌ

梅*さんブログで見たレイチェル・クーのマドレーヌ。
んーっ!
レイチェルもキッチンもマドレーヌも、なぁーんて愛らしいのかしら。ラズベリーとレモンカードでおめかししたマドレーヌ・・・はぁー、その愛らしさにため息が出ちゃう。彼女の仕草も、とにかく愛らしい!

彼女のキッチンを見てふと思いました。
そうなのよね。お菓子作りを始めた頃って、溶かしバターを型にぬって小麦粉をはたいて・・・って基本的な工程をきっちりしっかり守っていたのよね。シリコン型に甘えたりしなかったのよね。

楽しそうにマドレーヌを焼く彼女を見ていたら、どうしても大昔買った重いマドレーヌ型でマドレーヌが焼きたくなってしまいました。ワクワクしながらお小遣いを貯め、これを買った時の事思い出してね。

ただし、先ずは食材ありきなのが我が家の献立構成でありますから、理想とするマドレーヌにはなかなか到達できません。丁度バナナが完熟して参りましたので、バナナのマドレーヌとなりましたよ。

表面に見える黒い小さな粒々は、カルダモンです。
たっぷりとバナナが入っておりますが、カルダモンの風味がふんわり漂ってなんとも爽やか。
以下の分量で、やや小ぶりなマドレーヌが10〜12個ほど焼けますよ。





【下準備】
  • 卵 1個は室温に戻しておきます。
  • 薄力粉 70g・ベーキングパウダー 小さじ1/2は合わせてふるっておきます。
  • 刷毛で溶かしバター (分量外) をマドレーヌ型に丁寧にぬり、小麦粉を全体に薄く薄くはたいておきます。頃合を見てオーブンを180度に予熱しておきましょう。
  • 発酵バター 75グラムは湯せんにかけて溶かし、程々に冷ましておきます。
  • カルダモン (3粒) の莢を開いて種を取り出し、スパイスボールでつぶします。
    完熟したバナナ (小2本) の皮をむいてボールに移し、レモン汁 小さじ1をふりかけてフォークでつぶします。カルダモンとバナナを混ぜ合わせておきましょう。




【作り方】
  1. 卵を大きめのボールでときほぐし、お砂糖 20gを加えて全体が白っぽくもったりするまで頑張って泡立てます。準備しておいた溶かしバターにレモンジャム 20g・ハチミツ 10gを加えてざっと混ぜ合わせてここに加え、更に泡だて器でしっかりと混ぜ合わせましょう。

  2. 合わせておいた粉類・ココナッツパウダー 30gを加え、スパチュラでさっくりと混ぜ込みます。7〜8割混ざったところで、用意しておいたバナナも加えて混ぜ込みましょう。

  3. 準備しておいた型に生地を流し入れ、しっかりと空気抜きをしてレーズンを飾ります。
    予熱しておいたオーブンに入れ、設定温度を170度にして焼くこと25〜30分。
    途中表面がこんがり色づき始めたら、アルミホイルをかぶせたり温度を160度にする等してレーズンの焦げを防いであげてくださいね。熱いうちに型から出し、網の上で冷まします。











マドレーヌがお弁当の主食ってのも妙なお話ですが、マドレーヌにおかずってのももっと妙かしら。
でも、我が家ではそれがまかり通るのです。






  • 昨日のお弁当にした “胡麻をたっぷりまぶしたこんにゃくの照り焼き”
    今朝はこれをリサイクルしましょうと、フグの一夜干しやその他野菜と一緒に生春巻きの皮で包んでみました。これをさっと揚げようとしたのですが・・・あれ?皮が破れて木っ端微塵。
    ばらばらになった具に急きょ小麦粉を加えて混ぜ合わせ、溶き卵をからめてピカタに。
    なんともスリリングな一品となりましたとさ。




  • 週末が近づいてくると、我が家の野菜室には葉物野菜が品薄になります。
    ビールは買いに行けても、なかなか生鮮食材を買いに行く気力が生まれないからです。
    なので今日も人参サラダ。ベランダのローズマリーと自家製の柚子練りを使って。
    千切り人参にお塩をふり、軽くもみ混ぜてしんなりするまでおきます。柚子練り・白ワインビネガー・オリーブオイル・刻んだローズマリーをよく混ぜ合わせ、人参を和えれば出来上がり。




  • 本日のスープは、大豆と切り干し大根のスープですよ。
    鰹だしベースに、味付けは塩麹とほんの少しのウェイパー。











そして、ちと心が痛む今日の朝食。
自家製のネギをたーーーーーーっぷり使って、ネギ焼き風の主食となりました。
主人が言います。
『あ、今朝はネギ焼きなんだね。ふーん、ネギが甘くて美味しいね。あ、お餅入りなんだ!』

私、否定も肯定も致しませんでしたよ。嘘はついておりませんことよ。
愛妻の出す食事に全く疑問を抱かぬあなたが好きよ、主人。大好きですとも。

そうか・・・失敗して溶けちゃった生春巻きの皮は、焼き直すとお餅になるのか・・・ふーん、そうか。
失敗して溶けてしまった生春巻きの皮やらその他の具、無駄にならずに良かった良かった。

主人、また近いうちに大好きなナイジェラ姐さん風トライフル作ってあげるからね。

posted by しんさん at 15:30 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。