2012年04月25日

ネギの大量消費に!葱花餅(ツォン ホァ ピン)

暖かくなって (と言うより本日は暑い程の陽気ですが・・・) 畑のネギにネギ坊主が出来始めました。
ネギがかたくなって食べられなくなる前に やれ収穫だ!とばかりに、大量に収穫して参りました。

刻んでネギ用タッパーに入れて冷蔵庫へ。冷蔵庫を開けた途端、主人がいやーな顔をしました。

『僕の生クリームがネギ臭くなるんだけど・・・』

うん、確かにネギ臭い。脱臭剤の効果に勝るネギの存在感。へーへー分かりゃした、ネギ使います。
葱花餅 (ツォン ホァ ピン) なんていかがでしょうか。

・・・かなり焦げたけどね。



随分と前にテレビで放送されていた 『美味しんぼ』 で紹介されていましたよねー。
吹雪か何かで主人公以下数名が山荘に閉じ込められ、そこで主人公がててーっと作ってたやつ。
・・・スミマセン。実はこの回を偶然たまたま見ただけなので詳しい事はよく分からないのですが。



まぁ何にせよ、シンプルな材料でててーっと出来ちゃうのが葱花餅 (ツォン ホァ ピン) ということで。
今回は生地に酒粕も入れてみましたよ。以下の分量で4人分くらいかしら。非常ーに簡単です。



【作り方】

  1. 100ccのお湯で酒粕 40gをふやかしておきます。
    大きめのボールに小麦粉 200g・ラード 適量を入れ、酒粕を溶かしたぬるま湯を少量ずつ様子をみながら加えて菜箸で混ぜ合わせていきましょう。
    ボールに粉がつかなくなり、なんとなくひとつにまとまったら手で捏ねて打ち粉をふった台の上に移します。生地が滑らかになるまで更にしっかりと捏ねましょう。
  2. しっかりと打ち粉をし、めん棒で出来るだけ薄く生地をのばします。

    たっぷりの刻みネギ・お塩・胡麻油・白胡麻を予めボール等で混ぜ合わせておき、生地の上にひろげて手前からくるくると巻いていきましょう。
    半分は朝食用にお餅入り、お弁当用は塩昆布入りでね。これを真ん中から半分に切り、生地をそっとねじりながら渦巻状に成形します。

  3. クッキングシートを敷いたフライパンを温め、充分間をあけて2を並べ入れ手で薄くのばしましょう・・・ちょっ、ちょっとネギがやたらハミ出ておりますが。成形が上手くいかなかったのさ。
    クッキングシートの上にラードを落とし、全体になじませてかりっと焼き上げたら裏返して。

    両面こんがりと焼いて出来上がり。

    ・・・これはこんがり過ぎ。
    以上、大失敗の葱花餅 (ツォン ホァ ピン) でありました。ネギが消費出来たから幸せよ。










出来の悪かった主食、葱花餅 (ツォン ホァ ピン)。
たっぷりのネギに混ぜたたっぷりの胡麻は、これ(↓)に使った胡麻を有効利用したもの。

  • こんにゃくの照り焼きに、白胡麻をたーっぷりとまぶしてみました。

    下茹でしたこんにゃくを適当に切り、両面に浅く格子状の切れ目を入れておきます。
    これを極少量の胡麻油で両面こんがり焼き、お酢・お醤油・ハチミツを加えてとろりとするまで煮詰めつつ充分にからめましょう。お酢は甘酢漬けラッキョウの漬け汁で代用しましたが・・・
    白胡麻をひろげたバットの上に移し、胡麻をたっぷりまぶして・・・はい!出来上がり。






近頃お気に入りの食材、コリアンダー。好き嫌いが真っ二つに分かれるところですが、運良く主人も私も大好き!先日、畑のコリアンダーゾーンを増設したほど。

  • 人参と相性良いコリアンダーですが、本日はゴボウ・切り干し大根とサラダにしてみました。

    千切りゴボウ・シメジをさっと炒めたところに、刻んだコリアンダーの軸部分を加えて火を止めます。レモン汁・ハチミツ・お醤油・胡麻油・極少量のナンプラーを混ぜ合わせたところに、戻した切り干し大根・刻んだコリアンダーの葉っぱ部分・炒めたゴボウ等を加えて和えましょう。彩りに型抜き人参の切れっ端も入れましょうか。刻んだアーモンドを散らして出来上がり。






本日のスープは、大豆と白菜のスープ。とろとろに煮込んだ白菜が美味しいのです。
一晩お水に浸けておいた大豆をやわらかくなるまで煮る途中で、白菜・えのき氷を加えるだけ。
鰹だし・たたいた梅干し・極々少量のウェイパーだけで、とても美味しく仕上がるのです。











出来損ないの葱花餅 (ツォン ホァ ピン) は、朝食にも登場いたしましたよ。
まぁまぁ・・・本当に器量が悪いったらないわね。

それにしても酷いわ・・・うん、近いうちにもう一回チャレンジしてみよう。
ネギ坊主の出来ていないネギが畑にあったら、のお話だけどね。

posted by しんさん at 16:18 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。