2012年04月19日

春の炊き込みご飯 〜 コシアブラver

山菜摘みを趣味とする知人が周囲にいる・・・正に感謝すべき事実です。幸運の一語に尽きます。

畑の先生でもあらしゃりますM氏は、春になると仕事をサボって (!) 山に向かいます。そして仕事をサボった代償として、職場の紅一点でもある母親にその戦利品の一部を差し出すのです。
そして母が得たその戦利品の更に一部が我が家にやってきて、私は春の訪れを実感するのであります。

うーん、コシアブラ!

・・・そうよね、多分コシアブラよね?もしかしたらたらの芽かしら・・・
母親は、これがコシアブラでもたらの芽でもどっちでも良いわ・・・って人なのです。それほど突き詰めない性分なのです。なので、M氏からこれを受け取った時も聞かなかったとか・・・もぉっ!

てんぷらにしようかしら、味噌和えにしようかしら、煮浸しも良いわねぇ・・・うーん。
でも、まずはこれから。

コシアブラの炊き込みご飯!

今年のコシアブラご飯は、ゴボウさんとピーナッツを一緒に炊き込んでみました。ゴボウの風味が混じったほんのり土っぽいご飯、コシアブラの鮮やかな萌黄色と独特の香り・・・うーん、春のご馳走!



  • 作り方は至って簡単。

    お米はいつも通りに洗ってザルにあけ、しばらく水切りをしてから炊飯器に。お酒を少量加え、炊飯器の内釜の目盛り通りにお水を注いでお塩を少々。もちろん昆布等を加えても。
    ささがきにしたゴボウさん・ピーナッツを上に散らし、炊飯スタート。綺麗に洗ってしっかりと水切りをしたコシアブラを、炊飯器のスイッチが切れる7〜8分前に加えて炊き上げます。

    今回は、お塩の代わりに塩麹を使ってみましたよ。










そして・・・やっぱり食べたいものね。コシアブラときたら食べたいものね、かき揚げ。

先日 “薄切りハム” の消費方法に困り、初めて見よう見まねで “ハムかつ” なるものを作ってみたのです。そしたらまぁ主人が喜ぶこと喜ぶこと!
こぉまで彼が喜んでくれるのであれば、たまには良いかなぁ揚げ物も。
アンチ揚げ物派の私でしたが、以後たまには揚げ物を食卓に取り入れることと致しました。

ただ、揚げると申しても “揚げ焼き” の状態まで。これが、揚げ物に対しての私の限界。

  • 具は、千切り人参・ふぐの一夜干し・細切りシイタケ・そして主役のコシアブラ。
    しっかりと表面の水気をふき取り、全体に小麦粉を薄くまぶしてから衣を全体にからめます。
    衣は、卵・冷水・小麦粉・極少量のお酢・そしてえのき氷を混ぜ合わせたもの。
    ちょっとズルして、目玉焼きリングを使って成形。
    小さく切ったクッキングシートにリングをのせ、衣にからめた具をふんわりとリングの中に。
    リングをそっと外し、熱した油の中にそっと滑り込ませたらすぐに韓国海苔を上にぺたり。

    クッキングシートごと油の中に入れてしまっても平気ですよ。返し時になると、するっとシートが具から離れますから。両面をからりと揚げ焼きにして出来上がり。





本日のお弁当は、“コシアブラを愛でる” がテーマ。


  • 主食はコシアブラの炊き込みご飯。
    色鮮やかなコシアブラ・ゴボウの風味・ピーナッツの食感が楽しい春の炊き込みご飯です。

    まだまだ下手っぴですが、騙し騙しのかき揚げはコシアブラ・ふぐの一夜干し・千切り人参・シイタケを具に。お弁当に天つゆはなかなか難しいので、韓国海苔を貼り付けてみました。

    先日のおからベーグルで使い残したおから。少しずつ残っていた野菜をみなぶち込んで炒りおからに。蕪の甘酢漬けの漬け汁を有効利用したので、やや甘めの仕上がり。主人好み。

    本日のスープは、ネギと押し麦の梅干し風味スープですよ。










そして、もちろん朝食もコシアブラご飯。

内容はお弁当とほとんど同じですが、やっぱり炊きたてのコシアブラご飯はご馳走中のご馳走。
山菜の中でもアクの少ないコシアブラは、お料理しやすくて本当に優等生。

ただ、春のものは食べすぎには充分注意しないとね。いつぞやのように、山菜を食べ過ぎたことによる発疹で皮膚科に泣きながら飛び込む羽目にもなりかねませんからね。何事も程々に。

posted by しんさん at 14:36 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。