2012年03月30日

“大慌てのお片付けガレット” と “ささやかなミニクレープ”

ここ数日間、折れた前歯の治療等々でバタバタしておりました。
精神的にも体力的にも疲れが出ているのでございましょう、まぁよく眠ること眠ること。寝太郎並み。

起床時間がいつもより遅い上に、ほらネイルサロンだほら英会話レッスンだのと予定を入れるものだから、もぉひっちゃかめっちゃかであります。しかも金曜日とこりゃ、冷蔵庫のお片付けもしたいのよ。

とりあえず今日は、あっちウロウロこっちウロウロせねばなりません。朝食はがっつり食べないとね。

はい、がっつり召し上がれ。
そうは認めたくない方も多々いらっしゃるとは存じますが、ガレットです。そう、ガレットなんです。

そば粉なんて我が家にはありませんでしたので、薄力粉・全粒粉・きな粉のミックスで。
要は、少しずつ余っていた粉類をぶち込んだってだけのお話。フィリングはもっと適当。
しかも何故ガレットが朝食だというのに、納豆がそっと添えられているのかしら。





  • 生地は、薄力粉 70g・きな粉 20g・全粒粉 10g・お塩ひとつまみ。合わせてふるいます。
    別ボールで卵 1個・牛乳 250CC・サラダ油 大さじ1をよく混ぜ合わせ、少量ずつ粉類に加えながら泡立て器でしっかりと混ぜ合わせましょう。
    ラップをして常温で30分〜1時間休ませてから両面色よく焼き上げます。

    きな粉の存在感が意外なほど際立っております。

  • フィリングは、あり合わせ野菜を白ワインビネガーを効かせた煮汁でことこと煮込んだもの。
    煮汁がほとんどなくなるまで煮詰めたら野菜を取り出し、最後にたっぷりのパセリを加えてパセリソースに。

    つけあわせは、イワシのアボカドロール。
    たっぷりマスタードをぬったイワシでアボカドを巻き、オリーブオイルでかりっと焼きます。


  • 焼き上がった生地にフィリングをのせ、この上に半熟玉子を。四方を折り込んでたっぷりの黒コショウ・パセリソースをかけて出来上がり・・・って・・・これって本当にガレットなのかしら。











たとえガレットの規定から外れていようが、まぁ良いんでない?
ほぉ〜ら主人、とろ〜り卵だよ。ちなみにスープは、アボカドとパセリの茎のポタージュ。
これに納豆は絶対に変だと思うのだけど・・・でも冷蔵庫はすっきりと片付きましたわ。











『今日はお弁当無理よ』 ・・・
・・・なんてのんびり朝の連ドラ見ていたのに、残った生地でささやかなミニクレープが出来ました。
生地を半分に切って、それぞれに 柿チャツネ・ピーナッツバターをぬって巻いただけ。

週の終り、且つ3月終わりのお弁当がこんなでごめんよ、主人。
それにしても、文字通りのあり合わせだこと。
冷凍庫がもうちょっと片付いたら、レシピありきの献立を考えてみよう・・・うん、考えてみたい。

posted by しんさん at 17:11 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。