2012年03月26日

イワシのかば焼きと壬生菜ご飯

・・・なんだかねぇ・・・ちょっと前歯に嫌ぁ〜な気配が漂っております。
ことごとく不安ですが、偶然明日は月イチの歯科健診日。今日いっぱいは大人しくしておりましょう。

本日のお弁当は、そんな不安な前歯にも優しいご飯もの。手開きにして骨を除いたイワシを、ご飯によく合う甘辛お醤油味のかば焼きに。 “イワシのかば焼きのっけご飯” にしてみましたよ。

ご飯には、壬生菜の塩麹漬け (うんとうんと最後の方) を細かく刻んで混ぜ込んでみました。
壬生菜と一緒に漬けた細切り昆布も、一緒に刻んで入れてしまいます。

全体的にグリーングリーンした・・・前向きに言えば春っぽいお弁当ですね、今日は。



  • イワシのかば焼きはとっても簡単。
    最近は、1週間で使い切る量のお魚をがっつりと購入して冷凍しておくことが多いのです。
    月曜日に下処理し、すぐ使える状態でぴったりラップして冷凍しておけば後々楽ちんですもの。この辺りは月曜日がゴミの日だしね。お魚処理後の生ゴミは早々にゴミステーションへ。

    そんなわけで、手開きにしたイワシの骨・腹骨を綺麗に除いて吸水シートに包んでおきます。
    しっかり水気を除き、使わない分はぴったりとラップで包んで冷凍庫へ。

    かば焼き用のイワシには、茶こしを通して両面に薄く薄く小麦粉をふります。フライパンに油をひいて温め、両面をかりりと焼いて合わせ調味料を鍋肌から加えてかば焼きに。
    イワシを片面焼いて裏返す時、ちょちょいとスペースを空けて縦2等分したシイタケも加えて。

    合わせ調味料は、お酒・お醤油・みりん・お砂糖・小口切りにした鷹の爪です。

    イワシの身を上にして調味料を注ぎ、とろりと煮詰まった辺りで裏返します。イワシの身が崩れないよう、そっと調味料をからませながら煮汁が殆どなくなるまで煮詰めて出来上がり。

    ・・・ちょっとね。
    NHKにアベちゃんが出演しているのに仰天見入ってて、やや煮詰め過ぎましたわ。
    でも、ぎりぎりセーフ。










春っぽいと言えば、やはり “春キャベツ” を避けて通ることは出来ません。
春キャベツと紫キャベツのサラダは、ラッキョウドレッシングで。

  • ・・・と申しても、そんな大層なものではないのですけどね。
    みじん切りにしたラッキョウの甘酢漬け・たっぷりのレモン汁・少量のマヨネーズがラッキョウドレッシングの材料。以上をただただ混ぜるだけ。

    刻んだ2色のキャベツに少量のお塩をふってしばらくおき、しんなりしたらキッチンペーパーに包んでしっかりと水気をしぼります。

    これをラッキョウドレッシングで和え、穂先を摘んだたっぷりのパセリを加えるだけ。
    パセリ大好きなので、これでもかって程たっぷりたっぷり・・・これが美味しいのよ。











・・・そぉなんです、この前歯の嫌ぁ〜な感じはキャベツのせいなのです。
朝食にも供した “2色キャベツのラッキョウドレッシングサラダ” ・・・ コヤツが盲点でございました。

ぱくっと食べたら、キャベツのかたい芯部分が前歯の隙間にジャストミートのストライク。何故縦に?
あぁ・・・なんか嫌。嫌ぁ〜な予感がする。
勝手な言い分ですが、いかにも憎たらしいので朝食の写真は消去しておきました。はい。

そしてダメ押しは、主人の一言、 『大丈夫だよ、何ともないよ、きっと大丈夫』
・・・彼がこぉ言って大丈夫だった試しがないのよね。逆予言と言う現象。

とりあえず今日は大人しくしていよう。でも、おやつのリンゴタルトはがっつり頂く。止められても頂く。
数日前に見た前歯が抜ける夢・・・そぉか、こぉきたか。

posted by しんさん at 16:19 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。