2012年03月14日

燻製ご飯 〜 小アマゴの燻製を炊き込みご飯に

一昨夜、初めてチャレンジしたベランダ燻製
根尾の伯母にもらった小アマゴは、見事にしっかりと燻されて香り高い高い燻製となりました。

そして今朝、その小アマゴの燻製を使ってかような炊き込みご飯を炊いてみましたよ。

この地味な姿を侮るなかれ。これ、手前味噌ですが 美ー味ーしーぃー! のです。

昨日の “胡桃ご飯” に負けず劣らず地味ぃーなご飯。
自家製小アマゴの燻製をご飯に炊き込んでみました。アマゴは頭も骨も全部食べられます。
今後また何かを燻したら、必ずいちどは燻製ご飯に・・・主人と今朝、かたく約束したのでありました。



  • 作り方はその名の通り。ただ単にアマゴの燻製を炊き込むだけ。
    いつも通りにお米を洗って炊飯器に移し、お米 1合に対して大さじ1程度のお酒を加えます。目盛り通りのお水を注いでアマゴの燻製を並べ入れ、いつも通りにスイッチオン。

    スイッチが切れたらアマゴを取り出し、ご飯の上下を大きく返します。

    ・・・人参が入っておりますけど気にしないで下さい。
    今朝はちょいお寝坊気味だったので、これでお弁当箱の隙間埋めになるかしら・・・ってね。

    ざっくりとほぐしたアマゴを混ぜ込めば、はい!出来上がり。

    もぉね、本当に美味しいの。燻製の香りとアマゴの塩気がご飯に移ってね。
    近頃太り気味だってのに、ついつい朝から食べ過ぎちゃったわ。











そしてお弁当ver. は、一口サイズのおにぎりさんに。
グロな印象と紙一重って感じもいたしますが、気にしない気にしない。




時間がなかった今朝は、ちゃっちゃかちゃーと出来るおかずのオンパレード。
ちゃっちゃかちゃーだけど体には優しいものばかり・・・のハズ。



  • まず主菜。
    『主』 と呼ばれるる程のおかずでもありませんが、もりもり野菜とささ身のコンソメ蒸しです。
    “温野菜サラダ盛り合わせ” とでも尤もらしく言っておこうかしら。
    芽キャベツとカリフラワーがとろける程にやわらか。

    いつもお水で蒸すところを、コンソメキューブ・ローズマリーを加えて蒸しあげるってだけ。

    蒸し皿の上には、人参・ネギ・カリフラワー・芽キャベツ・シイタケ等々お好きなものを。
    全体にお塩をふっておきます。

    ささ身は筋を除き、観音開きにして厚さを均一にしましょう。表面全体をフォークで軽くつついてから、お砂糖→お塩の順にすり込んで野菜の上にひろげます。

    後はぴったりと蓋をして蒸しあげるだけ。人参がやわらかくなっていればOK。
    野菜が主役のおかずです。ささ身は、ほぐして今朝のお味噌汁の具のひとつになりました。





野菜をやわらかく蒸し上げた後、お鍋に残ったローズマリー風味のスープ。捨てませんよ。
昨日の “芽キャベツ・カリフラワーのネギドレッシング和え” と合わせ、クリームスープにリサイクル。
  • 材料を皆お鍋にぶち込んだら火にかけ、煮立つ間に発酵バターと薄力粉を1:1で混ぜ合わせてブール・マニエを作りましょう。ここに熱いスープを少量ずつ加えてなめらかに溶き混ぜておきます。スープのお鍋に戻し入れ、とろみがつくまで軽く煮て出来上がり。






副菜は、ほうれん草と切れっ端人参の胡桃和えですよ。
  • 胡桃は軽く乾煎りしてから刻み、すり鉢に移してしっとりするまで丁寧に摺ります。
    ここに白味噌・熱いだし汁でふやかした酒粕を加えて摺り混ぜ、醤油洗いをしてざく切りにしたホウレン草・さっと茹でた人参の切れっ端を加えて和えれば出来上がり。






ご飯の上にででんっと構えたアマゴ・・・
ちょっとグロいけれど、流石に燻製だけあって炊きたてだけでなく冷めても美味しいのよ。
燻製ご飯、実はお弁当にぴったりのメニューじゃぁないかしら。











朝食の炊きたて温か燻製ご飯も、もちろん美味でございます。あぁ、燻製の香りがふわーっと・・・
ね、主人。お料理に凝るのも良いけれど、燻製に凝るってのも良いんでない?アリなんでない?

未だ行方不明のお椀・・・そろそろ捜査も打ち切って、新しいお椀を調達に参りましょうかね。
そしてその後すぐに見つかるってのがオチなのよね、きっと。

posted by しんさん at 14:14 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴方様の料理の凄腕ならそろそろ小料理屋さんが開店できますよ。その際はお知らせ下さい。駆けつけます。先だって教えていただいた山県の味仙人さんはHPで見ました。お店の名前は存じ上げておりましたが。おもしろそうな所ですね。大好きかもしれません。絶対おいしいぞというオーラ全開という所でしょうか。ところで都ホテルさんのアフタヌーンティを召し上がったことありますか。私は勿論ありません。全然そういうことが似合わないので。でも、私は来年の両親の法要に利用してはどうかと・・・また美味しいお店があったら教えてください。
Posted by ぷりん431 at 2012年03月15日 08:00
こんにちは、ぷりん431さん^^

あら、なんて嬉しいお言葉を!!
小料理屋をやる腕も度胸も残念ながら持ち合わせておりませんが、そんな風に言って下さると小狭い我が家にご招待したくなってしまいます。

味仙人さんは、もともと関西方面のお店にいらっしゃったご主人が岐阜に戻って始めたお店らしいのです。関在住の鍛冶屋さんに聞いて、我々も好奇心だけで行ったのが最初です。
ここが気になるとは・・・ぷりん431さん、幅がお広くていらっしゃる^^

アフタヌーンティーなんてお洒落女子が訪れるようなところ、私もまったく無縁です。とほほ。

ご両親のご法要・・・そういえば、最初にコメントを頂いた頃にも、フランス料理がお好きだったお母様のご法要に使うお店を一生懸命に探していらっしゃいましたね。お優しいぷりん431さんにほろりときたのを憶えております。

Posted by しんさん→ぷりん431さんへ at 2012年03月20日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。