2012年03月13日

胡桃ご飯と小アマゴの燻製

賛否両論あるようですが、私は食感の違うもの同士の組み合わせって好きなんです。
もっちりしたご飯にほっこりとした栗とかね。良くしたもので、その好みは主人も然り。

なので今朝のご飯、主人はちょっと意外ながらもお気に召した様子。

胡桃ご飯です。
軽く塩味をつけた胡桃を普通に炊き込むだけなのですが、コクのあるもっちりご飯に仕上がります。
胡桃ご飯初の主人、少々戸惑いながらもお気に入りメニューに仲間入り。





地味ぃ〜に美味しいクルミご飯。作り方は至ってシンプル。
  • お米はいつも通りに洗っていつも通りの水加減でスタンバイしておきましょう。

    クルミにお塩を適量ふり、熱湯を注いで5〜10分間ふやかします。ふやけた薄皮をむいて・・・・・・と?あれ?薄皮がむけません・・・・・・まぁいいや、皮つきのままでも。
    表面の水気をさっと拭き取り、表面がうっすら色づく程度に軽く乾煎りして粗く刻みましょう。
    これを用意しておいたお米の上に散らし、いつも通りに炊飯スタート。

    炊飯器のスイッチが切れたら、ざっくりと全体を返して出来上がり。
    お弁当用には、色よく茹でて醤油洗いをしたホウレン草を刻んで混ぜ込んでみましたよ。











そして本日のお弁当。
朝食用の胡桃ご飯を、お弁当用にほんのちょっとアレンジした “ホウレン草入りクルミご飯”
その脇には、ささ身のパクチー蒸しを添えてみました。

レンジ仕様なのでとっても簡単。同時にもりもりの添え野菜も仕上がるので、更に楽ちんなのです。

  1. ささ身は観音開きにして全体の厚さを均一にし、表面を軽くフォークでつついてからお砂糖→お塩の順に両面にすり込んでおきます。
    お砂糖とお塩の量は・・・んーと、ささ身1本につき それぞれ小さじ1/2ってところかしら。
    今回は、ハーブミックスソルトを使用。
  2. 耐熱性ボールにたっぷりと千切り人参を敷き入れ、その上に1のささ身を重ならないように並べます。その上に薄切りにしたシイタケを散らし、ふんわりラップをして電子レンジへ。

    1分加熱してはそのまま2〜3分放置・・・を数回繰り返し、予熱で中まで火を通す感じで。
    最後の加熱をしたら、熱いうちにざっくり刻んだパクチーを加えてざっくり混ぜます。

    そのまま蒸らし、粗熱がとれたらささ身を削ぎ切りにて野菜をたっぷりと添えてお弁当箱へ。





その他、副菜には芽キャベツとカリフラワーのネギドレッシング和え。
  • 香ばしく乾煎りした白ゴマを粗めに摺り、たっぷりのみじん切りネギ・冷凍レモンのすりおろし・ささ身を蒸した時の蒸し汁を加えてドレッシングを作っておきましょう。
    芽キャベツはお尻部分に十文字の切れ目を入れ、カリフラワーは小房に切り分けます。強めにお塩を加えた熱湯でさっと茹でてザルにあけ、しっかり水を切ってドレッシングで和えます。
    仕上げに黒コショウをたっぷり挽いて出来上がり。しばらくおいて味をなじませるとなお宜し。

  • 本日のスープは、黒インゲン豆と黒ゴマのポタージュ。真っ黒です。
    甘味を引き出すようじっくり炒めた白ネギに、一晩お水に浸けてからやわらかく茹でた黒インゲンを茹で汁ごと加えます。味付けは極少量のウェイパーで充分。











そしてお弁当も完成したところで、さぁ落ち着いてNHK朝の連ドラを見つつ朝食を・・・となるのです。
今朝は、昨晩仕込んでおいたコレ!コレですよ、これ。

真ん中にちんちんっと2匹並んだ小さなアマゴ、初めての燻製にチャレンジしてみたのです。

以前よりなんとなく気にはなっていた燻製なのですが、なかなか取りかかることが出来ず昨晩まで。
え?昨晩???

そぉなの。昨晩、夕食も終わってほろ酔い加減の折。ふと燻製セットを引きずり出してみたの。
まぁ、そうは言っても干物にしようと準備をしてあったアマゴがあったから出来たことなんですけどね。

  • 15パーセント程度の塩水・白ワインビネガー・ローリエ・鷹の爪・クローブ・ブラックペッパーを合わせてひと煮立ちさせ、冷ましておきます。
    ここにフェンネルを加え、綺麗にお掃除した小アマゴを漬け込むこと丸っと一日。
    真水に半日程浸けて塩抜きしてから、ぴちっとシートに挟んでしっかり水気を除きます。
    更にザルにひろげ、風通しのよい場所に置くこと半日。要は干物を作っておくってことです。

  • 日中、マンションのベランダからもくもくと白煙が出ていてはご近所さんが驚かれるもの。
    じゃ、夜にこっそりと燻製しましょう。主人も一緒だから、万が一の時は心強いしね。
    そう配慮したつもりが・・・燻製セットを組み立て、チップとザラメをセットして。はい!点火!
    しばらくすると、おぉ出てきた出てきた・・・煙がもくもく出てきましたよー。良い感じですよ。

    ちょっ・・・ちょっとちょっと。想像以上の煙に、主人と私大慌て。
    真冬並みの寒さだった昨晩、交代でベランダに立って団扇でパタパタ・・・あー、びっくりした。

    そして数十分後。
    煙も落ち着き、消火確認も完了。この寒さですもの、一晩放っておいても問題ないわよね。

    そして翌朝。朝日の中、ベランダに佇む燻製セット。ドキドキしながら中を除くと・・・

    やたっ!燻製になってるわよ。
    小アマゴの燻製よ、ちゃんと燻製になっているわ!

じゃじゃーん。

ご近所さんから苦情が出ることもなく、ひっそりこっそりと初の燻製は完了したのでありました。
はい、了解しております。今度からは、然るべき場所で然るべき時間に行います。

・・・それにしても。
我が家のお椀は、まだ発見されておりません。本当にまぁ一体全体どこに潜んでいるのかしら。
朝食のお味噌汁を飲む時、なーんだか落ち着かないのよね。

posted by しんさん at 18:40 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。