2012年02月11日

節分の炒り豆で作るおやつ2種

しばしば申し上げる台詞ですが、豆が好きです。大好きです。それは節分の炒り豆にも言えること。でもね、困ったことに主人はこの節分の炒り豆をあまり好んでは食べないのです。

なので本日は、今だ未開封のまま残っておりました節分の炒り豆を使って。
節分の炒り豆で作る簡単おやつ2種。これなら主人もポリポリつまんでくれることでしょう。

炒り豆と並んで “田作り” も好きなのです、私。
お正月明け、うんとお買い得になっておりました “田作り” を買い込みましたのでそれを使ってまず1種。
そして、なかなか消費し切れないコーヒー用のクリームパウダーを使ってもう1種。

節分の炒り豆を使ったヘルシーなおやつ2種。
またキッチンカウンターの隅っこに置いておきますからね、主人。ちまちまとつまんで下さいね。










まずはコーヒー用のクリームパウダーを使って。

  1. クリームパウダー 大さじ2・お砂糖とお水 各大さじ1を厚手のフライパンに合わせ入れ、やや強めの中火にかけましょう。フライパンをゆっくりとまわしながらお砂糖を煮溶かします。

  2. 全体がふつふつと泡だってとろりとしてきたら、節分用の炒り豆 50グラムを加えてすばやくからめ合わせます。菜箸で混ぜ合わせながら粗熱をとりましょう。
    冷めてパラパラになれば出来上がり。






もう1種は、 “田作り” を使って。

  1. 節分用の炒り豆 50グラム・田作り 20グラムをやや弱めの中火で乾煎りしましょう。
    大豆がほんのり色づき、田作りがさくっとなるまで5分程。田作りが香ばしくて良い香り!
  2. 1を別皿に取り出し、フライパンを乾いた布巾でさっと拭きましょう。
    ここに お砂糖 大さじ2・みりん お醤油 はちみつ 各大さじ1を合わせ入れ、弱めの中火でお砂糖を煮溶かしながら煮立たせます。
    ややとろみがついたところで1を加えてすばやくからめましょう。

    火からおろして白胡麻も加えて混ぜ合わせ、クッキングシートの上に移します。

    素早くひろげ、完全に冷めたら食べやすい大きさにパキパキ割って出来上がり。











好きだわ、この類のおやつ。主人の為と言いながら、ついつい自分でつまんでしまうのよね。

さて。
本日のディナーは、ホタテとアスパラのささっと炒めですって。
もちろん主人がキッチンを陣取っております。

私は、カウンター越しに主人を眺めつつブログ更新。
え?あらら、僕が作るのはお得意の “じゃが芋のピューレ” だけなの?あら、そうなの?

・・・そろそろ私の出番のようですわ。

posted by しんさん at 19:22 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。