2011年12月30日

温まって下さいね、ホットアップルジンジャーで

青空こそ広がってはおりましたが、年の瀬の迫った本日寒かったこと寒かったこと!
ランチを済ませ、お買い物を済ませて帰宅しました主人と私。指先は氷のようです。

さぁ主人、まずはうがいと手洗いをしてちょうだいね。
そしてアラジンに点火しましょう。落ち着いたらお湯を沸かして温かな飲み物などいかがか?

妻自慢のホットアップルジンジャーで心も体もぽっかぽかですよ。

スパイスをきりっと効かせたアップルジンジャーで、冷えた体の芯までぽかぽかです。
ちょっと寒気が・・・って時でもこれを飲んで暖かくして寝れば、翌日はすっかり回復。

夏はジンジャーエール 冬はアップルジンジャー、生姜大好きな我が家の定番ドリンクです。
お好みのハーブやスパイスを使っていかが?本当に温まりますよ。










【材料と作り方】
  1. りんごは皮付きで煮込みますので、お塩をすりこむようにしてよく洗っておきます。
    縦4等分してヘタを除き、更にそれぞれ2等分して5〜7ミリ程のいちょう切りに。
    この状態で計量し、1/2重量のお砂糖を用意しておきます。
    今回りんご1個で約300グラムちょい。お砂糖は150グラム使用しました。
    生姜は皮付きのままきれいに洗い、お好み量をみじん切りにしておきます
  2. レモンバームは2枝程をきれいに洗い、お鍋に合わせて2〜3等分しておきます。
    カルダモン・シナモン・グローブ・黒コショウは全てお茶パックに入れ、瓶底等で砕きましょう。
    ・・・とまぁ今回こんな感じのハーブ・スパイス類ですが、お好みのものでOK。
  3. レモンバーム・スパイス類をお鍋の底に入れ、りんご・生姜をその上にかぶせるように加えます。お水を200CC程注ぎ、蓋をして中火に。
    煮立ったら火を弱め、5分ほどレモンバームを煮出して取り出しましょう。レモンバームについた刻み生姜は振り落としてあげて下さいね。アルミホイルで落し蓋をし、更にことこと10分ほど煮てスパイスの香りを引き出しましょう。

  4. りんごがしんなりしてきたらお茶パックごとスパイス類も取り出します。
    お砂糖を3回に分けて加えてゆっくり煮溶かし、ハチミツ 10グラムも加えてとろりとするまで煮詰めます。
    仕上げにグランマニエ 大さじ1を加え、軽くひと煮立ちさせれば出来上がり。

    冷めると幾分かために仕上がります。煮詰め具合はお好みで。











お好きな量を熱湯で割って飲めば、香りで心癒され風味で心満たされ・・・ほぉ、幸ぁ〜せ。

今年も残すところ明日1日のみとなりました。
ただ今カウンターの向こうでは、主人がジュージューと美味しい音を響かせております。
今日の夕食は何?え、トム・カー・ガイ?タイ料理ですか?

彼のお料理熱は今年も来年も継続しそうです。そろそろ飲みましょうか、主人。


posted by しんさん at 19:05 | Comment(0) | 保存食・調味料・常備菜等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。