2011年12月23日

アボカドとスモークサーモンの鉄板ホットサンド

クリスマスを控えた3連休初日であります。
天気予報によると、ホワイトクリスマスと言うよりは大荒れ雪模様のクリスマスになるとか・・・
おぉ・・・考えただけで寒っっっ!!!

こんな寒い日は、まともにお化粧もせず裏起毛ぬくぬくズボン穿いてお家に引きこもりです。
え?お昼ご飯ですって、主人?外に食べに行くですって?

およしなさいな、そんな無謀なそんな無駄使い。妻がちゃちゃっと作ってあげるってば。
どこぞのお手軽カフェ程度のランチなら、あり合わせちょちょいのちょいで作ってあげるから。

はい、どーぞ。
アボカドとスモークサーモン・・・鉄板の組み合わせよね?お手軽ホットサンドですよ。

いつもはお弁当用に活躍する我が家のおんぼろホットサンドメーカー。
でも、たまには作りたてのホットサンドをふたりで楽しむのも良いものよね。

お出掛けしたくない日だってあるのよ、女性は特にね。
お化粧するのが面倒な日だってあるのよ、でも基礎化粧はぬかりなくってよ (←言い訳)

あり合わせでちゃちゃっと作る休日のお昼ご飯。
外食より安上がりでしょ?きっと体も喜んでいるハズ。
週末のワイン会に備え、体作りもきちんとしておかないとね。それが大人ってものよ、主人。






なんでもかんでも、お家にあるものを挟んでしまえば良いのです。
それで様になってしまうのが、ホットサンドの魅力だもの。もちろんパンは耳つきでね。


  • アボカドとサーモン以外に今回挟んだものは、その在庫量も著しい “白菜”

    白い部分と青い部分に分け、繊維を断ち切るように細切りに。
    これをしんなりするまでレンジ加熱してザルにひろげ、粗熱がとれたらキッチンペーパーに包んでぎゅっと水気をしぼりましょう。

    刻んだラッキョウの甘酢漬けとケッパーの酢漬け・お塩・黒コショウで和え、薄く発酵バターをぬった食パンにひろげておきます。
    ホットサンドメーカーで圧をかけた時に中身が飛び出ないよう、4辺にはゆとりを。



  • スモークサーモン・アボカドを順に重ねてパンで挟み、クッキングシートでキャラメル包みにしてホットサンドメーカーへ。
    重ねたパンがずれないよう菜箸等でぐぐっと押さえながら、ホットサンドメーカーの蓋をきっちり閉めましょう。こんがり焼き色がつくまでしばし待たれ。

    はい、主人。焼き上がりましたよぉ!

    あらあら、主人ってば・・・コーヒーを淹れてくれようとしていたの?でもね、もぉ出来あがっちゃったもの。コーヒーはまたおやつの時間にでもね。さぁさ、食べましょ食べましょ。







断じて侮ってはなりませんよ。
南向きの我が家のリビングは、お日さまの光がサンサンと入り込んでそれはそれは暖か。
でも今日はとにかく風が冷たい!外に出るなんてなりません。お家がいちばん。

本日は、白ワインでもビールでもなくサンペレグリノを。
良かったわ、主人。お気に召したようね、簡単ちょちょいのお昼ご飯。

で?この後ひと休みしたら、夕食の為の買い出しに出かけるって?
今夜は、週末のワイン会に向けてグジェールの最終チェックを行うですって?
。。。結局お出かけするのね。裏起毛ぬくぬくズボンも着替えないといけないのね、私。


posted by しんさん at 15:37 | Comment(0) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。