2011年11月22日

ホットケーキミックスで作る簡単カボチャ渦巻きパン

あらら?今日は “いい夫婦の日” なんですってよ、主人。

ふーん、あらそぉ・・・じゃ今夜は、早めに夕食済ませてお風呂も入っちゃってパジャマに着替えてワインでもちびちび飲みましょか。うだうだぐだぐだ語り合いましょうか。明日は祝日だしね。

さて、本日のお弁当。主食は・・・ちょっと見た目的にありゃりゃ感はありますが、はいこちら。

ホットケーキミックスで作る簡単カボチャパンです。
カボチャ生地でブルーベリージャムとホワイトチョコチップを巻いて、渦巻きパンにしてみましたよ。

ちょっとね、綺麗な渦巻きにならなかったのは残念無念ですが・・・まぁ良し良し。良しとしよう。

ホットケーキミックス生地なのでとっても簡単。なのにふんわりもっちりで意外と美味しいの。
ブルーベリージャムとホワイトチョコチップをぐるると巻いたカボチャ渦巻きパン。
“いい夫婦の日” のお弁当、本日の主食ですよ。










以下の分量で、簡単カボチャ渦巻きパン4個分ですよ。



【作り方と材料】

  1. カボチャは適当な大きさにカットします。串がすっと通る程にレンジ加熱してザルにひろげ、自然に水気をとばして皮をむきましょう。皮をむいた状態で110グラム強。
    これを大きめのボールに移してマッシャーでつぶし、コーヒー用クリームパウダー・ヨーグルト 各大さじ1を加えてよく混ぜ合わせます。

    更にホットケーキミックス 100グラムを加え、練らないようスパチュラで切るように混ぜ込みましょう。
    全体がそぼろ状になったらもう少し・・・生地がひとつにまとまるまで頑張って。
    生地をビニール袋に移して袋内の空気を抜き、冷蔵庫で30分間休ませましょう。

  2. 生地をビニール袋のまま5〜7ミリ厚さ程度の長方形にのばします。

    ビニール袋をハサミで切り開き、巻き終わり部分数センチを除いてブルーベリージャムをぬります。その上に製菓用のホワイトチョコチップを散らして手前から巻きましょう。
    形を整えて包丁で4等分し、クッキングシートを敷いた鉄板の上に並べます。

    190度に予熱したオーブンに素早く入れ、温度を180度にして15〜20分。

    ・・・あらやだ、美しくないわ。

    カボチャの水分量等でホットケーキミックスの量は加減して下さいね。
    ちなみに我が家のヨーグルトは、ほぼ水切りヨーグルト状態のカスピ海ヨーグルトです。










マッシュルームたっぷりのクリームソースを蓮根で挟んでみましたよ。
いつものように揚げないコロッケ風に仕上げるつもりでしたが、時間がなくてピカタに。
良いのです、これで主人が大満足なのですから。ホンと良い人、良い夫。



  1. 蓮根は厚さ5ミリ程度の輪切りにし、変色防止のため酢水に浸けておきます。
    端っこの細い部分はすりおろしてしまいましょう。
  2. 刻んだマッシュルームをバターで炒め、しんなりしたら小麦粉をふり入れます。粉っぽさがなくなるまで炒めて牛乳を注ぎ入れ、もったりするまでしばらく煮詰めましょう。
    蓮根のすりおろし・塩コショウを加えて火を止め、バットにひろげて冷ましておきます。

  3. 卵に少量のマヨネーズを加え、もったりするまでよく溶き混ぜます。
    蓮根の水気をよく拭き取って2を挟み、全体に小麦粉をふって卵にくぐらせ油を熱したフライパンに並べ入れましょう。
    両面こんがり焼き、最後に蓋をしてしばらく蒸し焼きにして出来上がり。











主人お気に入りの副菜、白いんげんのハチミツ煮 カルダモン風味。その名の通り、オレンジ風味のハチミツ (何じゃそりゃ) とホールのカルダモンで白いんげんを煮てみました。

時間はかかりますが、基本火にかけたら放ったらかし。手間ではないですよ。



  1. 乾燥白いんげん 100グラムを洗い、300CCのお水に一晩浸けて戻します。これをそのまま強火にかけ、煮立ったらやや火を弱めて3分程。ざっとザルにあけましょう。
  2. 新しいお水 600CCを煮立たせ、お塩 小さじ1/2・重層 ひとつまみを煮溶かします。ここに茹でこぼした1の白いんげんを加えて中央に穴をあけたキッチンペーパーで落とし蓋をし、ふつふつっとお鍋が笑う程度の火加減で約40分。

    途中お水が減って豆が顔を出してきたらお水を足してあげて下さいね。
    火を止め、そのまま冷ましてからザルにあけます。あ、茹で汁はスープに使いますよ。

  3. 更に新しいお水 600CCをお鍋に注ぎ、縦半分に切ったカルダモンを加えて煮立たせます。カルダモンは3〜4粒で充分。
    煮立ったらハチミツの半量 (総量はお好みで) を加え、茹で汁を切った豆を加えます。

    同じくお鍋が笑う程度の火加減+キッチンペーパーの落し蓋で30〜40分煮てからハチミツの残り半量を加え、更に10分そこそこ煮て火を止めます。
    そのまま冷まして出来上がり。冷蔵庫で冷やしても美味しいのです。

    ハチミツ (もしくはお砂糖) を数回に分けて加えるのがポイントですよ。










白いんげんの茹で汁を使って本日のスープ。
本日はブロッコリーの軸+春菊のポタージュです。


  • 里芋でとろみをつけてあります。
    白いんげんの茹で汁に塩味がついているので、塩味は新たに追加しません。仕上げは白コショウで味を調えて。





あら、なんだか愛らしいお弁当ね。
初々しくない?ねぇ主人。


副菜の白いんげんのハチミツ煮 カルダモン風味・・・これ、とても私好みであります。

ここで使った “オレンジ風味のハチミツ” は、オレンジの花のハチミツとかでなくてオレンジの香料が入ったハチミツであります。やや人工的なオレンジ感がキッチュでまた良し。

これは・・・あぁそうか、セブ島に旅行した時に買ったものだったわね。
そろそろセブ島で買った調味料等も残り少なくなってきました。あぁ思い出が薄れていくわ。

暖かい (いや、暑いか?) セブ島が懐かしい・・・
我が家の寝室、今日から電気毛布が出陣です。石油ストーブも出さないとね。

posted by しんさん at 13:50 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かぼちゃの黄色が美しいですね!
白いんげんもきれい。

そして私の目を捉えたもの、それは音楽を聴きながら寝っころがって棒編みをする彼女。
一見リラックスしたかのように見えてこれはかなりの忍耐とテクニックを要するわ、
見ているだけで腕がぷるぷるしてきそう。
でも気持ちよさそうだから後でやってみようかな、
などと想像を膨らませています。
そうなんです、阿呆なんです、私。

しんさんも料理本を読むのが好きなんですね。
いいですね、寒い季節にぴったりですよね。
高校生の頃、台所の石油ストーブの側で文庫本読んでいた自分を思い出しました。
Posted by 梅* at 2011年11月22日 21:56
おはようございます、梅*さん。

『そうなんです、阿呆なんです、私』・・・のくだりにぷっと吹き出してしまいました。
数日前、我が家ではこのような会話が繰り広げられたのです。

『近頃、梅*さんの更新頻度高いわよね。そうそう!そうよねっ!ってのが多いからいつもコメント書こうとするんだけど、ヘタにコメント書くと私が阿呆だってことがバレちゃうものね』←もちろん私の発言です。
これに対し王子の返答は・・・ただ一言。
『うん?もうバレてんじゃない?』

そうか、そうよね、と妙に納得した会話でありました。

冬は寒くて苦手なのですが、お家にいる幸せを味わうには持ってこいの季節ですよね。
ことこと弱火にかけたお鍋の横で文庫本を読む、お部屋も暖まるし美味しい食事にはありつけるし・・・ただし体はマルくなりますけどーー

今年は私も編み物なんぞに手を出そうと実家の物置部屋から編み棒セットを引っぱり出してきたところです。さて、何が出来上がりますやら。
そちらの寒さも並々ではないことでしょう。どうぞご自愛下さい。そして楽しいワクワクの冬をお過ごしください。
Posted by しんさん→梅*さんへ at 2011年11月25日 10:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。