2011年11月07日

主人、あなたは十分頑張りましたよ。

先日催されました Yシェフによるお料理教室。
お題は “フュメ・ド・ポワソン” と “舌平目のブレゼ ベルモット風味”
舌平目をアラまで余すとこなく使った素晴らしいメニュー構成です。

Yシェフのデモンストレーションをばっちり動画で撮影した主人。
実践用の舌平目もちゃっかりお家に持ち帰り、昨日やや緊張の面持ちでキッチンに立ちました。

さぁさぁ、主人。正念場よ。Yシェフ直々のお料理教室、その結果は!!

おぉっっっ!素晴らしいっ!!

主人、妻はあなたのことを誇りに思いますよ・・・・・・・・・・見た目はね。










遊びじゃぁありません。主人は真剣です。真剣そのものです。

食い入るようにシェフの映像を見つめ、何度も何度もおさらいします。イメージトレーニングです。妻に嫌な顔されたって気にしません。些細な事でもどんな些細な事でも分からない事は質問します。

はい、主人。
クスクスはこんな感じで良いかしら?舌平目のブレゼ、盛りはこんな感じでOK?

ここまで上々。副菜のフュメ・ド・ポワソンをふんだんに使った野菜スープの出来もばっちり。
主人、ご機嫌で仕上げのソースにかかります。

そしてその時・・・主人のほんの一瞬の気のゆるみが悪夢を・・・










素晴らしい出来栄えです、主人憧れの “舌平目のブレゼ ベルモット風味”
今まで何度も夢見て同じ回数だけ夢破れ、それを素材のせいにして勝ち取ったひと品です。
白いベルモット風味のソースが美しゅうございます。

でもね、

塩っっっっ辛いっっっっんだ、こーれーがー!!!




最後の最後の瞬間でした。
洗い物を担当しておりました私。視界端に、滝の如くソースに流れ注がるる塩・・・塩の滝。

そして動揺した主人。
本人は気付いておりませんでしょう・・・最後のレモン汁を忘れたことを。締めのレモン汁を。
まぁこうなった今、レモン汁なんて大きな問題ではないのだけれど。



しかし主人は言いました。
『だってさぁ、スプーン全部使っちゃって乾いてなかったもん。大匙しかなかったんだもん。』
・・・で?スプーンが悪い・・・と。少なくとも自分は悪くない・・・と。










限界まで頑張りました。でも、途中で舌が麻痺した感覚に襲われましてね。
これ以上は流石に危険!ということで棄権したのですよ、ベルモットソース。



・・・そして残ったベルモットソースとクスクスは、本日のお弁当に。
刻んだマッシュルームとラッキョウの酢漬け・マッシュしたポテトをたっぷり加え、コロッケに。

もちろん油で揚げずにオーブンで仕上げるオーブンコロッケですけどね。
味付けの追加は不要よ。昨日の塩ベルモットソースの残りで充分。

骨つきチキンのほろほろビネガー煮込み。
きゃらぶき入り厚焼き卵。
とろとろ里芋と大根の 薄塩味の アミエビスープ。

『どぅみぃ (わたしのこと)、今日のお弁当も美味しかったよぉー』


無邪気で無責任なあなたが好きよ、えぇ大好きですとも主人。


posted by しんさん at 13:46 | Comment(0) | ビストロ OTTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。