2011年10月18日

アボカドとゴボウのライ麦パンサンド

寒くなったり急に夏日になったり変なお天気が続いておりますが、今日は正に秋晴れ。
清んだ気持ちの良い青空がひろがっております。

本日、名古屋御園座にて催されております吉例顔見世に出掛けます。
夜の部なのですが、朝からそわそわしておりますのでお弁当はちゃちゃっと手軽にこんなん。

冷凍してあったライ麦パン、ちょうど熟したアボカド。
これにピリッと辛いゴボウのサラダを組み合わせ、サンドイッチにしてみましたよ。

丸ごと冷凍してあったライ麦パンを自然解凍し、がしがしと自らナイフで切ったのでやや厚め。
でもこれくらいの厚みがあったほうが、ライ麦パンの風味が楽しめて美味しいと思うのです。

アボカドの一部は、つぶして少量のマヨネーズと共にゴボウサラダのドレッシングに。
これが意外と大成功。マヨネーズを減らしても物足りなさは感じないでしょ、主人?

ボリュームがっつりアボカドとゴボウサラダのライ麦パンサンド、本日の我が家のお弁当。
ささっと食べて、お出かけの準備をしないとね・・・いや、まだ早いか?










  1. 白胡麻は香ばしく乾煎りし、すり鉢に移して食感が残る程度に軽くすります。
    発酵バターを室温に戻しておきましょう。
  2. ゴボウと人参はマッチ棒程の太さに切り揃えます。我が家ではゴボウの皮はむきません。お野菜ブラシで丁寧に泥を落とすだけ。お水に浸けてアク抜きもしません。
    これを胡麻油で炒め、油がなじんだところで人参も加えてしっかりと炒め合わせます。お酒・だし醤油・みりんを加え、水分がなくなるまで炒りつけましょう。

  3. アボカドの皮と種を除きます。
    フィリング用は薄切りにし、変色防止のため少量のレモン汁をまぶしておきます。
    ゴボウサラダ用は 1 のすり鉢に移して軽くつぶします。ここに少量のマヨネーズ・白ワインビネガーを加えて混ぜ、ゴボウサラダのドレッシングに。

  4. カットしたライ麦パンを軽くトーストし、片面に発酵バターを薄くぬります。
    ゴボウが熱いうちにドレッシングで和えてカイエンペッパーをふり、冷めたらスライスしたアボカドと共にパンに挟みましょう。

    パンをひとつひとつラップで挟んで重石をし、しばらくおきます。
    パンと具がなじんで落ち着いたらラップごとカットし、ラップを外してお弁当箱へ。











昨日水煮にした大豆が少し残っておりました。
さっと茹でたホウレン草と合わせ、我が家の定番 肉なしハンバーグに。

  • 大豆の水煮は、少量の茹で汁と共にバーミックスで攪拌します。
    ここにさっと茹でたホウレン草を刻んで加えます。同時に、さっとレンジ加熱した刻み人参・刻んだマイタケ・バジルソース・小麦粉を加えてよく混ぜます。
    小判型に整え、オリーブオイルを熱したフライパンで両面こんがり焼けば出来上がり。











今シーズン初の白菜。まずはシンプルに、生姜+塩昆布で和えて頂きましょう。

  • 青い部分と白い部分に分けた白菜を、お塩と加えた熱湯でさっと茹でます。
    これをザルにあけ、冷めたらざく切りに。キッチンペーパーで包んでぎゅっと絞ります。
  • ボールに塩昆布を入れ、キッチンハサミを立てるようにして使いながら塩昆布を刻みます。おろし生姜をたっぷり加え、白菜をほぐし入れて和えれば出来上がり。簡単で美味しいの。











本日のスープは、さつま芋とアボカドの濃厚ポタージュですよ。
主食でほんの少し残ったアボカドと発酵バターを有効利用。

  • ニンニクと玉ねぎをバターで炒め、アク抜きをしたさつま芋を投入。さっと炒めてバターがなじんだら、ひたひたのお水とコンソメキューブを加えてしばらく煮ます。さつま芋が充分やわらかくなったらアボカド+白味噌を加えて火をとめましょう。
  • いったん火からおろし、牛乳を少量加えてバーミックスでピュレ状に。再度弱火にかけ、お好みの濃さになるよう牛乳でのばして塩コショウで出来上がり。





あらら、もぉこんな時間。
そろそろお出掛けの支度をしなきゃ。


・・・というワケで、急げ急げ!
今回の演目ってなんだっけ?予習も何もしていないぞ。洗濯物も入れておかないとね。

後はよろしく、主人。
では行って参ります。


posted by しんさん at 14:15 | Comment(0) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。