2011年10月14日

アボカドとさつま芋のサンドイッチ・・・セブ島風

今週に入って2回目のホットサンドです。
クッキングシートに包んでからホットサンドメーカーに入れるって方法は、後片付けが本当に楽ちん。おまけに主人もホットサンドがお気に入りとあらば、週2回の登場だって納得よね。

本日は、アボカド&さつま芋の組み合わせ。ほんのりセブ島風。

え?これの何処がセブ島風か・・・ですって?

旅先では、地元っ子も利用するショッピングモールに必ず出掛けます。
そこで現地調味料をどっさり買い込んでくるわけなのですが、本日はそのセブ島調味料をふんだんに使ってみました。セブ島料理に欠かせないお酢でしょ?ココナッツクリームでしょ?

セブ島のお酢は、大抵酸味が穏やか。アボカドとさつま芋のサラダにほんのり酸味を効かせてみました。仕上げの濃厚ココナッツクリームが上手に全体をまとめてくれましたよ。意外な美味しさです。

食パンの耳のかりかり感がたまらない、我が家の定番耳つきホットサンド。
本日はアボカド&さつま芋のセブ島風サラダをフィリングに。
主食以外にも、今日のお弁当はセブ島で買い込んだ食材がたっぷりですよ。










  1. さつま芋は適当な輪切りにし、厚めに皮をむいてしばらくお水につけておきます。軽く水を切り、レンジ弱でゆっくりゆっくり加熱しましょう。
    串がすっと通る程になったらザルにひろげて自然に水分をとばし、ボールに移してフォークでざっくりとつぶします。セブ島ビネガーをふりかけて混ぜ合わせ、アボカド・ココナッツクリーム・お塩・白コショウを加えて混ぜ合わせます。

    隠し味にカイエンペッパーパウダーを極少量加え、味を引き締めましょう。
    お好みにもよりますが、セブ島ビネガーはかなりの量加えても平気です。少しふりかけてしばらくなじませ、様子を見てお好みでビネガーを追加してから他の材料を加えます。
  2. 極々薄くマヨネーズをぬった食パンに1をたっぷりひろげて挟みます。ホットサンドメーカーで圧をかけるので、パンの4辺には多めに余裕を持たせて下さいね。

    大きめにカットしたクッキングシートできっちりとキャラメル包みにし、ひとつずつホットサンドメーカーに押し込みましょう。押し込む時は火傷しないよう箸を使って下さいね。
    ひとつめの形が落ち着いたらもうひとつを。

    こんがり焼き色がついたら取り出し、網の上で冷まします。
    食べやすい大きさにカットして、ささ召し上がれ。











えぇ〜っと・・・これはセブ島調味料とはまったく関係ありません。
貧乏性ゆえ、いつも厚めにむいたさつま芋の皮が捨てられないのです。

なので、さつま芋の皮・野菜室に残っていた野菜たちを使ってのひと品。

  • 軽くレンジ加熱した人参・しばらくお水に浸けてアク抜きをしたさつま芋の皮・ゴーヤ・舞茸・アミの塩辛・小麦粉。以上をよく混ぜ合わせ、とろけるチーズを足した溶き卵を投入します。よく混ぜ、胡麻油で両面こんがりと焼きましょう。

    仕上げに黒コショウをたっぷり挽いて出来上がり。今年最後のゴーヤ、無事完食です。










セブ島のスーパーマーケットで見つけた “moung bean”
“mung bean” とか “緑豆” とか・・・緑豆もやしの原料と言ったらピンとくるかしら。

小豆のような風味があり、実際 ココナッツミルク等と合わせて冷たい甘いデザート風にお料理されることが多い小さな可愛いお豆です。

今回は、人参やさつま芋 (これまた主食で残った皮部分ですけどね) 玉ねぎ等と合わせ、ほんのりココナッツミルク風味のサラダにしてみましたよ。今までに体験したことのない味。

  • moung beanは全体が充分かぶる量のお水に2時間ほど浸けておきます。
    人参・さつま芋の皮 ヾ(・・ )ォィォィ ・ざく切りトマト・少量のガラムマサラを加えて弱めの中火にかけ、煮立ったら弱火に。
    moung beanが充分やわらかくなるまで蓋をしてことこと煮ましょう。
    後は蓋をとって水分をとばすようにしばらく混ぜながら火を入れ、塩コショウで味を調えます。ココナッツクリーム・みじん切り玉ねぎを加えてひと混ぜすれば出来上がり。











セブ島でJadeがご馳走してくれた sinigang (シニガン) スープ。
ちょっと酸味があるスープで、セブではとてもポピュラーなスープなんだとか。

今回、そのsinigangに初チャレンジ。

・・・しまった!欲張り過ぎたかしら。
具が多すぎて、スープというより煮物になってしまったわ。でも美味しいわ。

タイでもよく見かけた “タマリンド” というマメ科の植物がその酸味の素。
セブ島で泊まったクリムゾンホテルのお庭でも、至る所にタマリンドの木を見かけたっけね。

レトルトパックされたsinigangの素もあるのだけれど、Jadeのお勧めはキューブタイプのもの。
『これなら好きな量が好きなだけ作れるでしょ?』 とJade。流石の気配り。

  • トマト・大根・玉ねぎ・お水・sinigangキューブ 1/2欠を中火にかけ、煮立ったら火を弱めてしばらく煮立てます。背ワタをとった海老・おくら・シシトウ・マイタケ等を加えて軽く煮立て、ナンプラーを少量加えて味を調えます。

    火を止め、刻んだ三つ葉をたっぷり加えて蓋をしましょう。しばらく蒸らして出来上がり。

Jadeが送ってくれたレシピでは、あれはおそらく空芯菜であったかと・・・でも、何を入れても美味しいのがsinigangの良いところ。海老でなく、豚肉・鶏肉・お魚でも美味しいのですって。





セブ島調味料がたっぷり。
自称セブ島風お弁当。。。

外国の調味料って面白い。
ちょっと使うだけで、今まで慣れ親しんだ味とはがらりと違うお料理が楽しめます。

sinigangとトムヤムクンって似た味ですが、香草を多用するタイ料理と違ってセブ島料理は意外と万人受けする味なのではないかしら。香草苦手な人って、意外と多いものね。

まだまだありますセブ島ビネガーやその他食材。週末はセブ島料理かしら。


posted by しんさん at 14:00 | Comment(0) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。