2011年10月05日

じゃが芋・全粒粉・きな粉の “見た目だけクラッカー”

長らくお世話になりました、自家製+根尾の伯母特製のじゃが芋たち。

“自らが畑で育てたじゃが芋” と “根尾の伯母が育てたじゃが芋” の収穫期が重なり、それはそれは毎日毎日じゃが芋三昧の食生活を送って参りました。
でもそのお陰で、今シーズン無駄にしたじゃが芋はひとつもなし。見事全てお腹に納まりました。

本日でそのじゃが芋もラスト。こうなると感無量であります。
最後に残った小さなじゃが芋3個。本日のお弁当は、これを使って はい主食

じゃが芋らしい素朴な感じがなかなか良いでしょ?これは何かと問われますると・・・・・
えぇ・・・じゃが芋に全粒粉ときな粉を足した “じゃが芋クラッカー” のつもりだったのだけど・・・ざくざくの仕上がりを理想とするも、もっちり食感に仕上がりました。強いて言えばソフトケーキみたい。
もう少し薄くのばせば良かったのかしら。

最後のじゃが芋消費料理にしちゃやや残念な感じもしますが、まぁいいや。また来シーズン。

じゃが芋・全粒粉・きな粉で作るヘルシーな見た目だけクラッカー、ローズマリー風味。
人参ジャムをのせて召し上がれ。

とにかく、これで我が家のじゃが芋はなくなりましたよ。次からはさつま芋の嵐かしら・・・










以下の分量で、自称じゃが芋クラッカー 20枚分くらいかしら・・・
あくまでもっちりです。あくまで自称です。

【作り方と材料】

  1. じゃが芋は、皮がついた状態で約200グラム。小さなじゃが芋 3つ分です。
    皮つきのまま串がすっと通るまでレンジ加熱し、熱いうちに皮をむいて大きめのボールに移します。パイブレンダーを使ってざくざくつぶしましょう。
  2. 全粒粉 60グラム・きな粉 30グラム・ハチミツ 10グラム・刻んだフレッシュローズマリー 1枝分・ハーブ塩 適量も加え、パイブレンダーを使って更に混ぜ込んでいきます。

    ザクザク気長に混ぜ込んでいくと、徐々にボールの中で生地がひとつにまとまってきます。これをビニール袋に移して形をまとめ、30分程冷蔵庫へ。

  3. 休ませた生地をビニール袋に入れたままめん棒でのばします。これを3つに折りたたみ、90度向きを変えて再度のばす→3つに折りたたみまた向きを変えてのばす・・・の工程を3度繰り返し、最後はビニール袋の角を利用して薄く平らにのばしましょう。

    かなり薄めにのばした方が、クラッカーらしく仕上がるのかも・・・
    パイローラーで生地全体に穴をあけ、包丁でお好みの大きさにカットします。
    これをクッキングシートを敷いた鉄板の上に移し、190度に予熱したオーブンへ。

    オーブンの設定温度を180度にし、焼くこと20分。

    網の上にひろげて冷ませば出来上がり。






【人参ジャムをささっと作りましょう】

  1. 人参は小ぶりなものを1本。皮をむいて薄切りにし、重さを量っておきます。これをレンジ対応のボールに移し、ふんわりラップをしてやわらかくなるまでレンジ加熱しましょう。
  2. 人参の重さの40パーセント重量のお砂糖・レモン汁 大さじ1を加え、バーミックスでピューレ状にします。ホールのカルダモンを2粒 半分に切って加え、ラップなしで4〜6分様子を見ながらレンジ加熱します。水分がとんでジャム状になれば出来上がり。
    冷めたらカルダモンの莢は取り除いて下さいね。











主菜はハンバーグ・・・ではありません。
もぉ主人は騙されません。お肉なしのインチキハンバーグに騙されることはありません。

でも美味しいでしょ?

本日のインチキハンバーグは蓮根で。
もっちりした食感とたまにしゃくしゃくっとした食感が良いのです。

  1. 蓮根は皮をむいてすりおろします。無理に最後まですりおろさなくて大丈夫。残った分は細かく刻んで、具として加えてしまいますから。
  2. 1にみじん切り玉ねぎ・刻んだシイタケ・その他お好きな野菜を適当に加えます。本日はナタマメを刻んで加えてみました。新聞広告等でお馴染みのアレですよ。

    小麦粉と白味噌も加えてよく混ぜ合わせ、空気を抜きながらハンバーグ型にまとめます。胡麻油を温めたフライパンで両面こんがり焼き、刻んだトマト・ナタマメを加えます。ぴったりと蓋をし、野菜の水分で蒸し焼き状態にしてしっかりと火を通しましょう。

  3. お酒・みりん・だし醤油・ハチミツ・極少量の赤ワインビネガーを混ぜ合わせて鍋肌から注ぎ入れ、全体にからめながら少し煮詰めて出来上がり。











本日のスープは、カボチャのポタージュですよ。
皮つきのまま調理するので色はやや汚いのですが、まぁ良いわよね主人。美味しいものね。

ニンニク・薄切り玉ねぎを発酵バターで炒めた後、薄切りにしたカボチャを炒めてスープストックを注ぎます。この時ナツメグも少々。
カボチャが充分やわらかくなったら火からおろし、牛乳を少量加えてハンドミキサーでピューレ状に。再度弱火にかけ、牛乳でお好みの濃さにのばして塩コショウ。仕上げにシナモンを。





長らくお世話になりましたじゃが芋。
今日でおしまい、完食です。


大きな大きな米袋にいっぱいあったじゃが芋。
よくまぁひとつも腐らせることなく、発芽させてしまうこともなく食べ切りました。
楽しいじゃが芋ライフでありました。

なにより、文句のひとつも言わずに付き合ってくれた主人の寛大な心に感謝。
来シーズンは、かりりとしたクラッカーらしいクラッカーを作りますからね。乞うご期待。

さて。本日は色々と雑用に追われております。忙しい、忙しい。


posted by しんさん at 15:41 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。