2011年10月02日

山村シェフの3分間クッキング教室

本日は、アイスクリームを作成中の家内に代わっての代筆バージョンでお届けです。
(・・・むぅ〜、いつの間に!)

自宅でワインを飲む時に、それに合ったものが作れたらいいな、
と気楽な気分で初めてみた料理でしたが、実はこれが大苦戦の連続でした。

まずは基礎から、と小学校の家庭科で作った料理「ムニエル」
を作ろうと本を手に取ったのですが、全く思い通りには行きません。
何度作っても上手くいかず、おまけに食後感は史上最悪。
ひどい胸やけで一晩中眠れないくらいでした。

そんな訳で、もうムニエルは止めようかな、と思っていた所、
ひょんな事からシェフによる素晴らしい御教示を賜りました!!

(・・・主人、長いってば。
前置きが長すぎるってば。せっかくのシェフのお料理、ご登場が遅くなったじゃない)



かくかくしかじかでして・・・、とこれまでの成り行きを山村シェフにお伝えすると、
「じゃ、教えてあげるよ。」 と、実にさらり。

「ええーっ!!いいんですか?!」
とびっくりしている僕らを尻目に、さささっと調理開始。
別に用意をしてた訳でもなく、急いで調理をしている感じも見られないのに
全ての仕草が実にスピーディ。

丁寧にアロゼしていきます。バターの香りが立ち、ムース状になっているのがわかります。

ソースは、魚とは別のフライパンで。溶かしたバターにニンニクスライスを数片。

その後細かくカットしたトマトを入れ、フォン・ド・ヴォーも投入し、塩、胡椒で味をととのえ
て行きます。そして最後はレモン汁を入れ、一気に仕上げていきます。

皿の上の魚にソースをかけ、最後は魚をアロゼしたフライパンに残ったムースを上にのせて出来上がりです。










実に丁寧に説明して下さり、時には撮影のために手を止めたりしながらも、さささっと完成。
本当にさささっと完成。
で、出来上がったのがこちら。

本当のムニエル。これが本当のムニエルです。
僕が作りたくて作りたくて仕方がなかったムニエル。憧れたムニエルがこれです。


豊潤なバターの香り。
レモン汁だけでなくトマトも入っているので、酸味も複雑で、甘みもあり、奥行きがあって本当に美味しい!!そして、しっかりとバターを使っているのに全然重くない。

皿のソースも全てパンで拭い、食べちゃったけれど全然重くありません。
思わず「おかわり!!」と言いたくなるくらい(笑)。


ちなみにこのレシピは、アラン・シャペルのものだそうです。
僕が最初に買った料理本は、上柿元勝さんの本。
僕がムニエルを作る時に読んでた本は、アラン・デュカスの本。
ちなみにそのお二人が一緒に働いていた店が、ミヨネーの「アラン・シャペル」。

その事をご存じだったのか、アラン・シャペルのレシピで作って下さったシェフの粋な計らいに感謝です。ありがとうございました。










さてさて、そんな訳でせっかく教えて頂いたムニエル。
帰ったらすぐに作ってみましょう、ということで早速トライ。
今晩は家内がカレイでムニエルを。明日は僕がサバでムニエルを。

はぁ〜っ?何をいけしゃあしゃあと・・・
シェフからご伝授いただいたムニエル、『私が作る!』 『僕が作る!』で小競り合いしたのは夢だったのかしら? 『じゃまず君が作ってみたまへ。そして失敗したまえ』 って言ったの誰?

まずは私のムニエル、カレイver.

何かを掴んだわ、私。
悲しいかな、一般家庭故フォンがありませんので (当然よね) お醤油で代用。
でも、格段に今までのムニエルとはひと味違う出来。

・・・で?
あれ?主人・・・・記事更新途中で放ってどこ行ったの??
はぁ・・・今日は僕のサバver. です、と。え?ちょっと手伝え?はぁ?

・・・畑行ってクタクタ・・・あなたが食べたいと言ったアイスクリームを作ってクタクタ・・・
そして今から彼のお手伝い。何だか間違っている気がするのだけれど・・・

posted by しんさん at 18:42 | Comment(0) | お弁当以外のお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。