2011年09月26日

じゃが芋生地のもっちり肉まん

“蒸しもの” が半端なく苦手であります。

蒸し上がって蒸し器の蓋を開けるその瞬間・・・お料理の醍醐味ともいえるその瞬間・・・
自慢じゃぁありませんが、十中八九撃沈です。

そんな屈辱に満ちた長年の経験にへこたれることなく、今朝は蒸しものに挑戦してみました。
ほら・・・秋の気配と共に懐かしくなるアレよ。冬、両手で包んではふはふっと・・・ほら、アレ。

肉まんでございますぅ〜。


今週は “自家製じゃが芋 消費ラストスパート週間” です・・・あ、今決めたことですけどね。
なので、もちろん肉まんの皮にはじゃが芋が練り込んであります。もっちりもちもち!

ぱかっと割ってみても、正真正銘の肉まんでありましょ?

昨日主人が作った 『トマトのファルシ』 ・・・ 悪びれもせず使いかけの合挽き肉が冷蔵庫に。
なのでこやつをフィリングに使わせていただきましたよ。えぇ、ありがたくね。

皮にもフィリングにもじゃが芋使用。もっちりもちもちのじゃが芋肉まん。
本日のお弁当、主食でございます。
意外と温めなくても美味しいのよ・・・もちろん蒸したては論外の美味しさですけどね。






強力粉でなく、薄力粉を使っております。
ゆっくりのんびり時間をかけて生地を発酵させるので、早起きした朝にどうぞ。


【作り方と材料】
  1. 薄力粉 150グラム・ベーキングパウダー 小さじ1/2を大きめのボールに入れ、乾いた泡立て器で丁寧に混ぜ合わせます。
    中央に窪みを作り、窪みの中にお砂糖 大さじ1/2・インスタントドライイースト 小さじ1/2を。この窪みから離して粉の縁の方にお塩 ひとつまみをおいてスタンバイ。
  2. じゃが芋をすりおろしますが、時間が経つと変色してしまうので使用する直前にすりおろしましょう。じゃが芋はうんと小ぶりなものふたつ。皮つきの状態で160グラム弱。すりおろした状態で120グラム弱でした。
    おろしじゃが芋をまずは少量1の窪みに加えて菜箸で混ぜ、イースト等となじませます。

    徐々に外側に向かって粉類となじませていき、少量ずつ様子を見ながらじゃが芋を加えていきます。全体がなんとなくそぼろ状になじんだところでラード 10グラムを加え、ボールの中で生地がひとつにまとまるまで手の平で捏ね混ぜていきましょう。

  3. 極少量の打ち粉をふった台の上に生地を移して捏ねます。
    但し、強力粉を使用しておりませんので一生懸命捏ねる必要はありません。生地が耳たぶ程のかたさになって滑らかになるまで・・・2〜3分捏ねればOKです。
    生地を薄く油をぬったボールに移し、乾燥防止の為きつく絞ったぬれ布きん・ラップをかぶせて60〜90分。生地が倍になるまで、ゆっくりゆっくり発酵させましょう。

  4. 生地を発酵させている間に、フィリングの準備をしましょう。

    じゃが芋は皮をむき、適当な大きさに切って串がすっと通る程に茹でて粉吹き芋にします。これをフォークでざっくりとつぶしておきましょう。
    胡麻油とみじん切りにした鷹の爪を極々弱火にかけます。
    油が温まったところでやや火を強めて合挽き肉を投入します。お肉の色が変わりかけたところで、みじん切り玉ねぎ→刻んだマイタケ→刻んだ奈良漬けの順に次々加えて炒めていきましょう。お砂糖・お醤油・みりん・お酒・オイスターソース・極少量のチリソースで味付けをし、水分がとぶまで炒りつけます。
    水分がほぼなくなったら火から下ろし、じゃが芋と和えて冷ましておきましょう。

  5. 生地が倍にふくらんだら空気抜きをし、軽く打ち粉をふった台の上に移しましょう。
    包丁で生地を4等分し、切り口を包み込むように丁寧に丸めます。丸めた生地にきつく絞ったぬれ布きん・ラップをかぶせ、更に15分程おきましょう。

  6. 生地をラップで挟み、縁の部分が薄くなるようめん棒で円形にのばします。上側のラップをそっとはがし、中央にフィリングをおきます。端からひだを寄せるようにして丁寧に包み込んでいき、最後は指先でしっかりとつまんで閉じましょう。

    肉まんの大きさに合わせてカットしたクッキングシートの上に乗せ、蒸気の上がった蒸し器に並べます。蒸気が落ちないよう蓋を布巾で包み、強めの中火で蒸すこと12分。

    ふっふっふっ・・・今日は上手くいったんじゃなくて?






肉まんに使ったフィリングが少量残りました。
そこで、こんな主菜を。

ピーマンの肉詰め・・・風。




ピーマンの内側に茶こしで小麦粉をふり、肉まんのフィリングを詰めて粉チーズを少々。

230度に予熱したオーブンで13〜15分焼けば出来上がり。ちょちょいのちょいです。






“えぇ〜、アタシちょっと苦手だわコレ” なんて意外と嫌われることの多い野菜、ツルムラサキ。

その独特な泥くささというか青くささというか・・・これらが故かしら。

でも我が家は好きなのです、栄養満点ツルムラサキ。

切り胡麻たっぷりのナムル風。
一束くらい楽々ぺろりですよ。
この料理方がいちばん好き。



  1. ツルムラサキ一束は、お塩を加えた熱湯でさっと軽く茹でて冷水にとります。熱がとれたら根元を揃えてすぐに引き上げ、巻きすに包んでしっかりと水気を絞りましょう。
    大さじ1程のだし醤油を回しかけ、再度しっかり絞ってから食べやすい長さに切り揃えます。
  2. 白胡麻を香ばしく乾煎りし、切り胡麻にします。
    胡麻油 大さじ1・だし醤油 小さじ2・お砂糖 少々を混ぜ合わせ、1をほぐし入れて和えます。切り胡麻を加えて和えれば出来上がり。色鮮やかに仕上がりましたよ。







いつものじゃが芋ポタージュに飽きたら、こんなじゃが芋スープはいかが?
とろぉ〜り優しい美味しさ、 “すりおろしじゃが芋のミルクスープ” ですよ。

今年初の自家製さつま芋を使ってあるもの。初物スープで寿命75日延長よ。


  1. 人参は軽くレンジ加熱してさいの目に。
    さつま芋もさいの目に切り、しばらくお水に浸けておきます。
    濃いめにとった鰹だし・お酒・みりんと共に中火にかけ、煮立ったら弱火に。
  2. さつま芋が充分やわらかくなったら、すりおろしたじゃが芋を加えて素早く混ぜ合わせます。じゃが芋はやや小ぶりなものを1個。 とろみがつくまで優しく混ぜ合わせながら煮ます。
    牛乳でお好みのとろみ加減になるようのばし、昆布茶で控えめに味付けをして出来上がり。






じゃが芋多用弁当です。
何処に入っているかはお楽しみ。


主食は肉まん・・・アリなのよ、我が家においてはね。
皮にもじゃが芋、フィリングにもじゃが芋。

主菜はピーマンの肉詰め。
フィリングは肉まんの具ですけどね。余っちゃったんだもの。

栄養豊富なツルムラサキ。
この食べ方がいちばん好き。もりもり食べて夏バテ解消を。

優しい優しいとろみスープは、すりおろしじゃが芋で。
ミルク風味の美味しいスープ、是非温めてどうぞ。

畑のさつま芋が初収穫を迎えましたよ。
試しにひと株だけ掘ってみたら、それはまぁ踊りたくなる程の上出来なお芋さんがごろごろ。

さぁ!初物のお芋さん食べて75日長生きするわよ、主人!
そうして、じゃが芋の消費も最後の追い込みよ!ラストスパートよ!もうちょっとでゴールよ!

主人がまた新たな食材をこっそり買い込んでおりませんように・・・
昨日主人が作ったトマトのファルシ。美味しかったわよ、上手に出来ていたわよ、でもね・・・
くり抜いた部分使って良いよ・・・って、アナタ。トマト全部使っちゃったの?

私の計画は全ておじゃんよ。計画練り直しよ。


posted by しんさん at 13:08 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイトルを読んで期待してやって参りましたが、
その期待がまったく裏切られぬどころか、
それ以上においしそうな画像に
せつないほど肉まんが恋しくなってしまいました。

いつぞやのcomfort foodの話ですが、
肉まんをリストに入れるのを忘れていましたわ。

お願いしんさん、私にも肉まん作って下さい。
Posted by 梅* at 2011年09月27日 22:57
そうです、その通りなのです。
肉まんこそがいつぞやの話題comfort foodの代表であり、日本人の青春の思い出の味なのでありましょう。

肉まんを切望される梅*さんに、思いっ切り浴びるように肉まんを食べさせてあげたい・・・それが叶わぬなら、せめて画像だけでも・・・肉まん道を極めてみせますわ。

高校の時没収された食べかけのかっぱえびせんと肉まん・・・先生もふりあげた拳の持ってき所が分からなかったのね、きっと。
あんなん取り上げてどうしたかったのかしら。
Posted by しんさん→梅*さんへ at 2011年09月28日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。