2011年09月23日

酔っぱらいますよ、ベルモット風味のオレンジケーキ

先日、実家の母親がオレンジをふたつくれました。
“安売りしていたんだけどねぇ、こんなに食べられないしあげるわ” ・・・ あらそう、サンキュ。

オレンジを手に我が家に向かう途中。
頭の中では既に何を作ろうかイメージが出来上がっておりました。そう、お料理って直感よ。

先日主人が調達してきましたドライ・ベルモット、Noilly Prat (ノイリー・プラット)。
オレンジに合うんじゃぁないかしら。

ほぉ〜らね、にらんだ通りよ!! やっぱり、ぴったんこよ!!

ベルモット風味のオレンジケーキです。
お水を加えずベルモットとグラニュー糖だけで煮込んだオレンジがたっぷり!

焼き上がった生地にも、たっぷりとベルモット風味のシロップをしみ込ませてあります。

冷蔵庫でうんと冷やして、更にベルモット風味のソースをたっぷりかけて召し上がれ。
ソースのベルモットはアルコールをとばしておりません。直入れです。なので酔っ払います。

近頃のお気に入り、アルコールを使ったお菓子たち。
紹興酒生チョコでしょ、マッコリアイスクリームでしょ・・・あら、以前にも色々作っているのね。
そして本日のベルモット・オレンジケーキ。今日の秋風のような爽やかなケーキです。










ケーキ型は、直径15センチのエンゼル型を使用しております。



【先ずはベルモット風味のオレンジコンポートを作りましょう】

  1. オレンジは2個。上下を少し切り落とし縦に皮をむきます。この状態で260グラム程。
    皮をむく時はお鍋の上でね。果汁も無駄なく使ってあげましょう。
  2. 白い薄皮をできるだけ除きながら房ごとに切り離し、ベルモット 150CC・グラニュー糖 30グラムと共に強火にかけます。煮立ったら弱火に。

    お鍋の大きさに合わせて切ったクッキングシートの中央に穴をあけ、これを落とし蓋にして時々煮汁を回しかけながら10〜15分。そのまま完全に冷めるまでおきましょう。




【さぁ、ケーキに挑みましょう】


  • オレンジコンポートをザルにあけ、果実と煮汁に分けておきます。
  • オーブンは190度に予熱しましょう。
  • 薄力粉 130グラムとベーキングパウダー 小さじ1/2を合わせ、2度ふるっておきます。
  • エンゼル型に薄くバターをぬり、底部分に器量よしのコンポートを並べておきます。
    残ったコンポートは生地に混ぜ込みます。ざっくり刻んでおきましょう。
  • 発酵バターと卵を室温に戻しておきます。
    バターは、ケーキ用が110グラムでソース用が100グラム。
    卵はケーキ用とソース用、それぞれ1個ずつ使用します。



  1. 室温に戻したバター 110グラムをクリーム状に練り混ぜ、充分に空気を含ませます。次いでお砂糖 70グラムを加え、全体が白っぽくもったりとするまですり混ぜたところに 溶き卵 1個分を加えます。卵が分離しないよう、少量ずつ加えながら混ぜ合わせて下さいね。

  2. 卵とバターが滑らかになじんだところで、合わせておいた粉類・コンポートの煮汁 大さじ3を加えていきましょう。
    この時 先ずは粉類の1/3を加えてゴムべらでさっくり混ぜ込み、ここにコンポートの煮汁 大さじ1を加えて混ぜ込むといった手順で。粉類→煮汁を交互に加える・・・を3度繰り返し、最後に刻んだオレンジも加えて生地の完成です。

  3. 用意しておいた型に移し、表面を平らにならします。型の底を数回打ち付けてしっかりと空気抜きをし、190度に予熱したオーブンへ。

    設定温度を180度にして、焼くこと25〜30分。

    もうちょっと大きめの型にしても良かったかしらね。

    熱いうちに型から出して網の上にのせ、これをバッドの上に。熱いうちに、ハケでコンポートの煮汁をたっぷり優しくたたくようにしみ込ませます。特にケーキの側面を重要視してね。

    最後にバッドに落ちた煮汁を上から回しかけ、冷蔵庫に移してしっかり冷やしましょう。




【余力があればベルモットソースなどいかが?】
  1. 室温に戻した発酵バター 100グラムをクリーム状になるまで練り混ぜます。
    ここにお砂糖50グラムを加えてすり混ぜ、更に溶き卵 1個分を少量ずつ加えながら滑らかになるまで混ぜ合わせます。
  2. これを湯せんにかけ、そっと静かにヘラで混ぜます。
    全体がもったりとしてきたら湯せんから下ろしましょう。

    ベルモット 60CCを加え、滑らかに混ぜ合わせればベルモットソースの出来上がり。

    冷やすと幾分かために仕上がります。バターを湯せんにかけた時、写真のようにヘラの跡が残るまで煮詰めるとカスタードソースのような仕上がりになります。
    とろりとしたソースがお好みの方は、煮詰める際加減して下さいね。










こうして3連休初日の本日、ケーキ作りからスタートとなりました。
生地にもソースにもベルモットがいっぱい。大人限定、酒飲み限定のケーキです。

梅*さんもいかが?

さ、今日の夕食は主人から “鶏肉の赤ワインビネガー煮込み” をリクエストされております。
そろそろアルコールが切れてきた頃。
アルコールチャージしながらお料理でも始めましょうか。



posted by しんさん at 18:23 | Comment(2) | ほろ酔い お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大人限定、酒飲み限定ときて
ご指名をいただいて光栄です(笑)
ワタクシの好みを見抜いていらっしゃるしんさん、さすがだわ。
食べたーい!!

Posted by 梅* at 2011年09月24日 23:57
なんだか、我が家に梅*さん宅と同じ“Noilly Prat”が鎮座しているってのが嬉しくて作ってみました。
・・・変かしら、私ってば^^;

スパイスやハーブを多用した梅*さん料理、レストランにも負けぬであろう茶助さんデザート・・・はぁ〜、食べとぉございます。
Posted by しんさん→梅*さんへ at 2011年09月25日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。