2011年09月19日

ムニエル@Round 2。。。(主人の日記)

本日は、家内に代わって代筆です。。。(写真を撮ったのと編集は妻ですよ、妻より)

3連休の中日の昨日、先日失敗したムニエルのリターンマッチを行いました。
近所のスーパーには舌平目はないだろうから平目で、と思っていたのですが、平目もなかったので鯛で。鯛の切り身でチャレンジです。。。(私は鱒か鯵が良かったのに)

鯛のムニエル グルノーブル風 じゃがいものサラダ。
ネタ元はいつもの通り『アラン・デュカスのひと皿フレンチ 魚』です。

で、出来上がりがこちら。

我ながら、上手に出来ました。
。。。(うんうん、本当に成長したわ。最初はどぉなることかと思ったものだもの)
調理技術が未熟な分、時間を掛けて出来るだけ丁寧に作ってみました。

じゃが芋を茹でる際は、にんにく、タイム、ローリエと塩を一つまみ。
。。。(うんうん、このアイデアはお見事。私なら絶対やらない。勿体ないって思っちゃうもの)

バターソースに入れるケーパも丁寧にすり潰しておきます。。。(段取りも要領も格段に良くなったわ。後片付けと並行して料理の進行・・・妻の英才教育の賜物ね。偉いわよ、主人)

。。。(安ワイン片手にハードロックを大音響で流しながらのお料理。主人の表情は真剣そのもの。私はカウンター越しにちびちび白ワインを飲みながらリラックス。56Tシャツが素敵よ、主人)

ipod touchは必需品。
大抵はハードロックでスタートし、調理時間が2時間を超えた辺りからジャズへ。昨日は、LoudnessのCreazy Doctorでスタートし、小曽根真のWe are all alone でフィニッシュでした。

ココット皿には下準備をした野菜や計量後の調味料などを入れて、どんどん並べていきます。
調理開始時までに、大小のココット皿が7〜8個くらい並びます。

真ん中にはワイングラス。これはダイソーで昔買った100円のグラス(笑)。
中身はオーストリアのグリューナー・フェルトリーナ―。すっきりとした酸味や苦味があり、お気に入り。ここ数年の我が家のデイリーワインの主役です。










さてさて、こんな具合で進めながら、いよいよ調理も佳境に入ります。
前回失敗した、バターのかけ回し。

今回バッチリでした。ほんのり焦がしたバターをフライパンの中で丁寧にかけ回していきます。
ご近所の『ビストロ・デ・コラソン』さんの高橋シェフに、ちょっぴりコツを教えていただきました。お陰で今回はバッチリです。ありがとうございました。

今回は二度目という事もあり、前回よりも手際よく進めることが出来ました。
味も美味しかったし、見た目も素人料理としては充分に満足なのですが、欲を言えば、魚とソースとの一体感が欲しかったです。

この料理は、ムニエルを作った後で、フライパンに残ったバターにレモンとすり潰したケーパを入れ、それを煮詰めてソースを作っていきます。僕のイメージでは、丁寧にかけ回したバターに魚の旨味が出て、それでソースを作ってムニエルとの一体感を出そうと思っていたのですが、何と言うか、魚とソースの調和が取れていません。

そういう訳で、100%満足ではありませんが、作ってる時間は本当に楽しかった!!
あと、家内が喜んで食べてくれたので、それが一番嬉しかったです。










そうそう、休日中にはこんなのも作りましたよ。

タイのレッドカレー。
作り慣れていることもあり、ささっと完了。味も見た目もバッチリ本場のレッドカレー。

ただ、フランス料理みたいに作るのに何時間も掛からないので、作っている間のワクワク感には乏しく、娯楽としての料理にはちょっと向きませんでした。。。(な、生意気な!)



ついでにこんなのも作ってみました。

鶏肉のビネガー煮込みバターライス添え、ちょっぴり南仏風。

豊橋のフランス料理店『オー・クリウール・ドゥ・ヴァン』さんの賄い料理がとても美味しそうだったので、無許可で勝手にパクってみました(笑)
。。。(開封した赤ワインビネガー、きっちり最後まで使い切ってよね、主人)

本当は野菜をこんなに入れないし、ソースはシノアで漉すんだそうですが、今回は賄いバージョンで。南仏ハーブミックスを入れて少しアレンジしてみました。

赤ワインビネガーをたっぷり入れて煮込み始めると、キッチン中が何とも言えない良い香りにつつまれます。調理していても楽しく、もちろんワインとの相性もバッチリ。美味しかったです。










そうそう、テーブルに久しぶりにランプが登場。春日井市にある江戸川屋ランプ店で以前購入したランプです。ワイングラスの輝きに温かみが加わります。
。。。(えぇ、こまめに秘かに妻が手入れしておりますからね)

最後におまけ。

連休中ずっとキッチンを独占していた僕に対する家内のささやかな抵抗。
オムレツを作って、ケチャップで『にゃ〜』と意味不明の言葉が。

。。。(何言ってるのよ、主人!喜んで半分以上食べていたじゃないの!
あのムニエルに白米って組み合わせに無理があったのよ!)

。。。今週末も3連休ね。。。え!またあなたが作るの?ずっと?
。。。実家に帰ろうかしら、アタクシ。
。。。まったくぅ、キッチンだけに止まらず人の日記勝手に占領してぇ!


posted by しんさん at 18:23 | Comment(2) | ビストロ OTTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しんさんこんにちは^^

「おお、さらっと大福なんてこしらえちゃうところが、さすがしんさん」
とか
「うわっ、この焼おにぎりはずるいーっ!」
とか
「この生チョコ、プロみたいな出来。」
と心ひかれるお料理ばかりだったのですが、
今日はこの記事に負けました。

PCを前に一人で大爆笑です。
王子さんの少年のような屈託のない日記もさることながら、
しんさんのコメントがおかしくって(笑)!!

本当にご夫婦仲睦まじいですね。
いろんな意味でごちそうさまでした^^
Posted by 梅* at 2011年09月22日 00:44
おはようございます、梅*さん^^

暑さ寒さも彼岸まで・・・の言葉通り、あの夏の感じは台風と共に去ってしまったようであります。
空気ががらりと変わって、すっかり秋の気配ですよ。

王子のお料理熱にも困ったものです。いつものようにすぐ飽きるかと思いきや、更にグレードアップしている模様。
タチが悪いことに、顔なじみのワイン屋さんが業務用のフランス料理食材屋さんも兼ねているのです。
ワインを買いにいったついでに、新たな料理熱に侵されて帰ってくることもしばしば。
食欲の秋全開ばりばり(!)です。

ふふふ・・・梅*さん。
何でしたらおかわりはいかが?大盛り注文も承りますことよ。
Posted by しんさん→梅*さんへ at 2011年09月24日 05:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。