2011年09月14日

素敵な帯が仕立て上がりましたよぉ〜っ!

基本的に私の着物は、母親やら伯母やらのお古が多いのです。
母や伯母 はたまた祖母らが丁寧に扱っていたのが伝わるお古、大好きなのです。

さて。敬愛なるたみこさんにお誘い賜りました来月の御園座歌舞伎。
お恥ずかしながら和装で挑もうと意気込んでおります。

・・・・・・・・・で、帯買っちゃったもんね。

母親が若い頃に着ておりました、黒地に鮮やかな菊模様の着物。季節的にも良いんでない?
光によって色合いががらりと変わる生地で、袋帯を仕立ててもらいましたよ。

光の具合によって、グレーに見えたり 金に見えたり 柔らかな聴色(ゆるしいろ)に見えたり。
私のお粗末なデジカメには納まらない個性的な帯が出来上がりましたよ。

あらら?奥の方にちらりと見える愛らしい色合いの紬・・・

Oおくさまの元から我が家に、里子に出された愛らしい単の紬。
どうでしょう、おくさま。この帯ならばぴったんこなのではないでしょうか。

・・・と言うより、実際ぴったんこでありました。
帯を受け取り、帰って来るやいなや着てみましたもの。早速着てみましたもの。

それがまぁ良く似合っているのなんのって・・・スカイプの英会話レッスン、本日は和装なり。
主人、今ならまだ紬の単を着ても許されるわ。さ、どっか連れてって頂戴。遠慮なく。


ラベル:着物
posted by しんさん at 17:37 | Comment(0) | お気に入りのもの達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。