2011年09月02日

カッテージチーズと炒め玉ねぎ入り もっちりじゃが芋パン

いかにも台風が接近していますよぉ・・・注意なさいませよぉ・・・といった空模様。
折角の週末に台風だなんて。ま、お家で飲むだけの週末にはさほど関係はないけれどね。

さて。大きな大きなお米袋にたっぷりもらったじゃが芋。ようやく底が見えてきましたよ。
根尾の伯母が育ててくれたこのじゃが芋、今年はひとつもダメにしていないわ。アタシ偉い。

そんなワケで、もうしばらく我が家のじゃが芋料理に付き合って下さいませね。
もちろん、本日金曜日のお弁当もじゃが芋が主食よ。はい、どぉぞ。

イースト不使用、発酵不要のお手軽パン。
ベーキングパウダーを使ったいわゆるクイックブレッドというやつです。もちろんじゃが芋入り。

生地の至る所に見られる粒々は、飴色とまではいきませんがじっくりと炒めた玉ねぎです。
カッテージチーズも一緒に練り込み、黒コショウをぴりりと効かせてみましたよ。

素朴なその外見・・・いいえ、味だって素朴そのもの。
もっちりしっとり、発酵不要のお手軽じゃが芋パン。ゆっくりじっくり噛んで食べるのよ、主人。










まずは炒め玉ねぎを作りましょう。
レンジで下ごしらえしてから炒めるので、10分ちょっとで完成ですよ。

  1. 玉ねぎは中くらいのサイズのものを1個。みじん切りにし、キッチンペーパーを敷いた耐熱性ボールに移してふんわりとラップをします。500Wのレンジで3.5分加熱したらいったんレンジ庫内から取り出し、様子を見て更に2分加熱しましょう。

  2. 厚手のお鍋に移し、オリーブオイル 大さじ1弱・お塩 小さじ1/3弱を加えて弱めの中火で混ぜながらお好みの色合いになるまでじっくり炒めます。

    10分程炒めたものがこちら。冷ましておきましょう。




じゃが芋のクイックブレッドに参りましょう。
以下の分量で、直径7センチ程度のじゃが芋パン4個分です。

  1. じゃが芋は中サイズ1個。皮つきのまま串がすっと通る程にレンジ加熱し、熱いうちに皮をむいて裏ごしします。裏ごしした状態でほぼ100グラム。強力粉 100グラム・ベーキングパウダー 小さじ1を合わせてふるい入れ、ゴムべらでさっくりと混ぜ込みます。

  2. 全体がさらりとそぼろ状になったらカッテージチーズ 50グラム・お塩 少々を加え、更にゴムべらで混ぜ込みます。再度そぼろ状になじんだら、炒め玉ねぎも加えましょう。
    炒め玉ねぎは後ほどトッピングにも使うので、少量残しておいて下さいね。

  3. ゴムべらでさっくりと混ぜ、様子を見ながら少しずつ大さじ1程の牛乳を加えます。生地がボールの中でひとつにまとまればOKです。
    生地を軽く捏ねて台の上に移し、丸くまとめて包丁で4等分して丸めましょう。

  4. 丸めた生地の中心にハサミで浅く十文字の切り込みを入れます。炒め玉ねぎとカッテージチーズをトッピングし、黒コショウをたっぷり挽いて200度に予熱したオーブンへ。

    オーブンの設定温度を180度にして焼くこと20〜25分。
    とんがり部分にこんがりと焼き色がつけば出来上がりですよ。焼きたては特に美味。











昨日、お茄子の田楽用に作った木の芽味噌
まだ残っておりましたので、本日の主菜材料に大抜擢。

たっぷりのゴーヤ・青紫蘇と一緒に豚肉で巻き、胡麻油でこんがり焼いてみましたよ。

ゴーヤ・豚肉・お味噌・・・間違いなく美味しい組み合わせ。
安い豚バラ肉で作ると、豚の脂となじんで尚よろしい。


  1. 豚バラ肉をひろげて数枚重ね、木の芽味噌をぬります。この上に青紫蘇を並べ、薄切りにしたゴーヤをのせて豚肉で巻きましょう。

  2. 油をひいたフライパンを温め、1を軽く握るようにして具とお肉をなじませてから巻き終わりを下にして並べます。巻き終わりが焼きかたまったら そっと転がしながら全体に焼き色をつけ、最後に少量のお酒をまわしかけて蓋をし、蒸し焼きにして仕上げます。











畑のシシトウもそろそろ終わり。なので、小さいのやら大きいのやら赤く完熟させてしまったものやら全て摘んで参りました。

これらを全てごちゃ混ぜにして細かく刻み、常備菜として重宝な佃煮に。

調味料は、キューちゃん漬けの漬け汁やら紹興酒漬けの漬け汁やら・・・
あぁ、貧乏性。



シシトウを刻んで胡麻油で軽く炒め、醤油ベースの漬け汁をひたひたに注ぐだけ。
水分がほとんどなくなるまで煮詰めれば出来上がり。 ご飯のお供にぴったりなのです。

この貧乏性なシシトウの佃煮。
カラーピーマンやシイタケのカサに詰め、ウズラ卵を割り入れてオーブンへ。

シイタケの軸部分、スープに使った面取り人参の切れっ端を刻んで佃煮に混ぜて詰めれば無駄もなし。200度に予熱したオーブンで10分そこそこ焼くだけで、はい出来上がり。










とてもシンプルな大豆と人参のスープ。

この類のスープが最も美味しく感じるのは私だけではないようです。 あれほど濃い味好きだった主人も、近頃はシンプルなスープに傾きつつある様子。

やわらかな人参が本当に美味しい。


ひと晩たっぷりのお水に浸けた大豆・厚めの輪切りにして軽くレンジ加熱し面取りした人参。
以上を一緒にしてお水を加えて中火にかけ、アクを除いて煮立ったら弱火に。中央に穴を開けたキッチンペーパーを落とし蓋にして20分程弱火で煮込み、コンソメキューブ 1/2欠とサフランを極少量を加えます。味をみながらナンプラーを少々たらして出来上がり。簡単でしょ?






お手軽なクイックブレッド。
意外と応用が効いて良いものね。

本日もじゃが芋・・・まだまだしばらくはじゃが芋。
文句のひとつも言わぬ主人は良い人です。
『今日のパン、美味しかったぁ!』 ・・・ホンと良い人。

豚肉にたっぷりの木の芽味噌をぬって。
ゴーヤをくるりと巻いてこんがり焼きます・・・美味しいに決まってる。

シーズン終わりがけのシシトウ。
全部まとめて佃煮に。
そしてファルシーのフィリングに。

本日のスープは大豆と人参。
シンプルなスープ、ホッとします。

近所に “ネコの店” と我々が勝手に名付けた小さな小さな喫茶店があります。
ちゃんとした名前があった筈ですが、我が家では完全に “ネコの店” で定着しております。

本日台風接近のため、主人が予定を変更して早く帰ってきましたよ。
軽く雨にぬれつつも、手には “ネコの店” のケーキを持ってね。

夫婦ってすごいなぁ・・・偶然私も、雨が激しくなる前にふと紅茶の葉っぱ買ってきたところよ。
ならば早速ティータイムと参りましょうか。のんびりチャイでも淹れましょうか。

どうぞ台風が大きな被害をもたらしませんように・・・今夜は早く寝てしまいましょう。


posted by しんさん at 15:14 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。