2011年09月01日

コンビーフとアボカドのホットサンド

昨日開封したコンビーフ。
開封したらすぐ使い切らないと!と分かってはいても、そう理想通りには問屋が卸しません。

今朝、冷蔵庫の中を覗いたらラップに包まれた使いかけのコンビーフが・・・
一瞬、ん?なんだっけこれ。危ない危ない、危うくその存在を忘れるところだったわ。

早々に使わねば!というワケで、本日のお弁当にて消費完了。
ちょうど良い具合に熟したアボカド・みじん切り玉ねぎと合わせた本日の主食、はいこちら。

近頃、私の中で秘かに再ブームが到来しておりますホットサンド。

大好きな食パンの耳がかりかりになって、更に美味しくなるところがお気に入り。
欲張って具をがっつりもりもりに挟んでも、どうにかなっちゃうところも非常に私好み。

へぇ〜、コンビーフって意外と使えるヤツなんだ・・・と今さらながら見直しました。
今週のアボカドディは、コンビーフとの組み合わせ。

数々の物が進化を遂げる現代において、昔とほとんど変わらぬ姿形のコンビーフ。
実はスゴいヤツなのかも。










  1. 玉ねぎはたっぷりみじん切りに。
    ざっくりほぐしたコンビーフと合わせてガラムマサラをふり、混ぜ合わせておきます。

  2. 食パンを2枚セットにし、1枚の片面にだけ極々少量のマヨネーズをぬります。
    ここに縦半分に切った青紫蘇をたっぷり敷き詰め、少量のレモン汁をまぶしたアボカドを並べて少量のフルール・ド・セルを散らしましょう。更にこの上に、1をたっぷりひろげます。

  3. パンで挟み、大きめにカットしたクッキングシートでキャラメル包みに。
    後はホットサンドメーカーに並べ入れ、しっかりと蓋をして待つこと数分・・・

    なにぶん20年以上の古さの上に安物のホットサンドメーカーです。
    丸洗いOK等の気配り機能は一切なし・焦げやすい等々・・・使った後のお手入れが大変だったのですが、先日の “ポム・マキシム” でぴんっと思いつきましたよ。

    そぉよ、クッキングシートを使えば良いのよ。これなら少々フィリングがはみ出したって平気!後片付けだって楽ちん!これでまた、じゃんじゃんぶっ壊れるまで酷使出来るわ!

    お好みの大きさにカットして、さぁ召し上がれ。










冷凍庫の奥にいつまでも保存されっ放し・・・可愛そうな木の芽を、いくら何でもそろそろ使ってあげましょう。

木の芽味噌をたっぷりとあしらったナス田楽。
おまけのシイタケver.も。

ナスは予めレンジ加熱したものをくるくるっと巻いて。
オーブンでお手軽に。




  1. ナスは皮つきのまま1センチ厚さの縦切りにします。お魚をおろす要領で切れば意外と簡単。しばらくお水に浸けてアク抜きをし、ラップをしてしんなりするまでレンジ加熱します。ザルに重ならないようにひろげ、色良く冷ましておきましょう。

  2. ビニール袋に入れて冷凍保存してあった木の芽。凍った状態のままビニール袋の上から揉んで細かく崩し、合わせ味噌とお砂糖を加えます。
    みりんを少量ずつ加えながら練り混ぜ、扱いやすいかたさに仕上げましょう。
  3. シイタケの軸部分を刻んで木の芽味噌に混ぜ込みます。
    1のナスをくるくるっと巻いて爪楊枝で留め、上に木の芽味噌をたっぷりあしらいます。シイタケのカサ部分にもたっぷりと。

    アルミホイルとクッキングシートを敷いた鉄板の上に並べ、200度に予熱したオーブンで10〜15分。こんがり焼けば出来上がり。ナスの爪楊枝を除いてお弁当箱へ。










まだありました!早々に使い切らねばならぬ食材が!!

とてもお恥ずかしい話ですが、バンコクに行った際買い込んだビン詰めの “チリペースト” が今だ残っておりました。

バンコク行ったのって一体全体いつの話・・・本当恥だわ。

でもまぁこれと言って問題なさそうだし、人参とじゃが芋のピリ辛サラダと参りましょう。



  1. 人参は千切りにし、少量のお塩をふってしんなりするまでしばらくおきます。
    じゃが芋も千切りにし、お水が濁らなくなるまで数回お水を取りかえながらでんぷんを洗い流します。これをお塩を加えた熱湯でほんの数秒さっと茹でて冷水にとり、冷めたらすぐザルにあけます。
  2. チリペースト・それと同量のお酢・ハチミツを混ぜ合わせ、しっかりと水を切った人参とじゃが芋を加えて和えれば出来上がり。冷やして食べても美味しいのよ。











本日のスープは、大豆とトマトで。

市販の水煮大豆は便利だけど、やはり美味しさで比べれば乾燥大豆に勝るものではありません。
大豆の茹で汁ってそれだけで美味しい気がするのも魅力的。
是非、乾燥大豆で。


  1. 大豆は前日にさっと洗ってたっぷりのお水に浸けておきます。朝お水を足して中火にかけ、アクを除いて煮立ったら弱火に。大豆がやわらかくなるまで20分程ことこと茹でます。
  2. 1にコンソメキューブ 1/2個・ざく切りトマトを加え、トマトの形がなくなるまで軽く崩しながら煮ます。途中お水が少なくなってきたらお水を足してあげてくださいね。
    ナンプラーを少量加え、小口切りにした塩茹でオクラを加えてひと煮立ちで出来上がり。






クッキングシート+ホットサンドメーカー
これでお手入れ楽ちん・・・灯台もと暗しだったわ


コンビーフとアボカドのホットサンド。
コンビーフの塩気があるのでお塩はうんと控え目に。
主人もお気に入りの様子。

冷凍してあった木の芽を一気に消費。
オーブンで作るお手軽田楽。くるりナスとシイタケで。

チリペーストも早々に使わなきゃ!
人参とじゃが芋のピリ辛サラダ。美味しいのよ。

本日のスープは大豆とトマトのスープ。

さぁ・・・これで20年以上も昔の古い古い安物のホットサンドメーカーが、またしばしば使われることになるであろうことは確実。だって、本当に以前はお手入れが面倒だったんだもの。
お手入れが面倒だと、どうしても使わなくなっちゃうのよね。

使わないから捨てるとか処分するってのは、私の性格に適すところではありません。
使わないものを買い込んだ、若しくは貰ってのこのこお家に連れてきた時点でアウトですの。
自分はなんて愚かな買い物をしたのだろう・・・なんて物欲の深いヤツなんだろう・・・と。

良かった良かった、これでホットサンドメーカーが安心して使えるわ。
はーやーく壊れろ、そしたらまた何か新しいモノを主人にねだるんだ・・・うん。



posted by しんさん at 14:46 | Comment(0) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。