2011年08月27日

『swing』 のスパイスケース

以前より申し上げておりますように、近頃の主人はお料理に凝っております。
しかも妻が好きな和食には目もくれようとせず、己の好きなフランス料理オンリー。ちっ。

それまで左巻き(訂正!真逆の右巻き派でした)意見の著書がずらりと並んでいた本棚ゾーンが一新し、突如お料理本ゾーンへ。
どこぞで聞き覚えのある有名シェフプロデュースによるお料理本がずらり・・・
所々に付箋が貼ってあるのは、どぉゆぅおつもりかしら?主人。

さて、ここまでのお話からもお分かりいただけると存じます。主人実は、お買い物・・・特にクリックショッピングが大好き。何か気になるものがあると、すぐにクリッククリック。
お料理本と並行し、今彼の心を魅了しているもの・・・それはお塩・スパイス等々の調味料。

で、それらをキッチンに上手く収めるのは私の役目。

岐阜県のお隣、愛知県出身の陶磁器デザイナー 岡崎 達也氏。

リンゴの形をした真っ白なシュガーポット “pomme” でご存じの方も多いのではないかしら。
とてもシンプルで使いやすい上に、遊び心が至るところに組み込まれている作品を作る方。
彼デザインによるスパイスケース “swing” です。










“swing” の名前通りゆらゆら不安定な可愛らしい姿、そして色がまたなんとも素敵。
主人が買い集めた様々なお塩を入れるのにぴったり。

本来はスパイスケースなので、手の平にすっぽり収まる小さなサイズです。
それ故、お料理の下茹で等に使う日常使いのお塩を入れるには不向きですよ。

でも、一般家庭でどちゃっと大量に使うことはまずあり得ないフルール・ド・セル等を入れるのにはぴったり。テーブルにそのまま並べて、お塩の食べ比べなんて楽しいですよ。

岡崎 達也氏の作品、この機能的且つ意外な遊び心が好き。










我が家の小さなベランダに、昨日届いた “コブミカン” の苗が仲間入りしました。
トムヤムクン等のタイ料理に欠かせない独特な香りを放つあの葉っぱです。

近所の園芸店に入荷を依頼しておいたのだけれど、11月の予定が今だ何も連絡がない。
ならば!と、嬉しそぉ〜に主人がクリックショッピングしてくれたもの。

・・・・今年も 食欲の秋 が近づきつつあるようです。


posted by しんさん at 07:38 | Comment(0) | お気に入りのもの達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。