2011年08月10日

切って並べるだけ、じゃが芋とアボカドのピザもどき

綿100パーセントのシャツに綿100パーセントのコットンパンツ。近頃、日中はもっぱらこのスタイルであります。この姿で家中掃除をするという安上がりなエクササイズ、これは効きます。

明日から夏休みの主人、君も一緒にどう?日中のこの暑さ、利用しない手はなくってよ。
・・・報酬支払うって言ってもやらないだろぉな、この方は。

さて、そんなワケでしばらくお弁当もお休みです。
写真は昨日UP出来なかった昨日のお弁当。相変わらずじゃが芋消費に勤しんでおります。

スライスしたじゃが芋の上にアボカドを並べて、マヨネーズを回しかけてオーブンで焼くだけ。
油をほとんど使っていないので (マヨネーズは大目に見てね)、かなりヘルシーなのでは。

じゃが芋・アボカド・マヨネーズ。
この組み合わせだもの、余計な手は加えなくても美味しいに決まっておりますわ。ねぇ主人。
明日から夏休みだからって、お昼まで寝ているのは許さなくってよ。










  • はい、簡単です。
  • 綺麗に洗ったじゃが芋の水気をしっかり拭き取り、皮つきのままスライサーで薄切りにしてビニール袋に移します。ここに小さじ1程度のオリーブオイルを回しかけ、じゃが芋が壊れないようそっと全体にもみ込みましょう。
  • これをアルミ製パイ皿の上にぐるりと並べ、スプーンでお醤油をちろりと回しかけます。

    ・・・あ、これ?
    じゃが芋中心辺りの状態が悪かったので、くり抜いてあるんです。気にしないで。
  • この上にアボカドをたっぷりと並べ、マヨネーズを細く絞り出して粉チーズを少々。

    200度に予熱したオーブンで20分程焼けば出来上がり。

    型から取り出すときは、じゃが芋とパイ皿の間にスパチュラを差し込んでそっとはがせば意外と簡単。まな板の上に滑らせるように移し、包丁でカットして召し上がれ。










・・・もぉねぇ。
ネタがなくていつも似たような主菜ではありますが、定番の肉なしハンバーグ風。

今回は、高野豆腐とモロヘイヤver.ですよ。

味付けは塩昆布と守口漬けで、極めて和風。
ちとモリゾーっぽい姿ではありますが、まぁ体に良いと思えば食べられるでしょ?


  1. モロヘイヤは根元のかたい部分を除き、お塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとります。すぐに引き上げて軽くしぼり、バーミックスでざっくり攪拌します。
    戻した高野豆腐をちぎり入れ、更に攪拌しましょう。
  2. 塩昆布・守口漬け・シイタケを刻んで1に加え、片栗粉をつなぎとして少量加えます。よく混ぜて成型し、オリーブオイルを熱したフライパンで両面焼けば出来上がり。











先日作りましたアナゴの醤油煮
結局は根尾の伯母に手渡せぬまま、我が家で美味しく完食することとなりました。

まだまだ在庫豊富な自家製キュウリ。次々収穫出来るので、干しキュウリにしてみました。

キュウリ特有の青臭さが減って、でも歯応えはそのまま。なんてったって水分が出ないので、炒めものや酢の物に良し。



  • キュウリは皮つきのまま1センチ程度の厚さの斜め切りに。ザルに重ならないようにひろげ、天日に一日干しておきます。あまり薄く切ると、乾燥した時にみずぼらしい姿になってしまいます。すぐ食べることを前提に、この程度の厚さがお勧め。

  • 干しキュウリを細切りにし、粉末状の寿司酢をもみ込みます。
    細切りにしたアナゴと煮汁ごと和えれば出来上がり。

    干しキュウリとは言っても、まだまだ水分が残った半干しの状態。
    保存用ではありませんので、早々に食べ切るようにして下さいね。










スープはシンプルな焼き野菜スープです。

ゼラチンを加えてあるので、冷蔵庫でうんと冷やしてふるふるの状態で召し上がれ。




これが根尾の伯母自慢の真っ黒なシシトウ。

さっとレンジ加熱した人参とともにフライパンでじっくり焼いてから、濃いめにとった鰹だし・極少量のウェイパー・千切りシイタケを煮立てたスープに加えます。

軽く煮て火を止め、別容器にスープを少量とりわけて粉末ゼラチンを溶かします。これを戻し入れて器に盛り、冷めたら冷蔵庫へ。うんと冷やしてふるふるに固まれば出来上がり。





主人、束の間の夏休みね。
だらだら参ろう。お家で過ごそう。


じゃが芋を並べただけの簡単マヨピザ風。
まだまだじゃが芋の在庫は豊富。
主人、気に入ったのならば毎日でも作ってあげてよくってよ。

モロヘイヤと高野豆腐の肉なしヘルシーハンバーグもどき。
いや、全然これっぽっちも擬 (もど) かれておりませんけど・・・

煮穴子もこれで完食。お義母さん、ごちそうさまでした。
干しキュウリと合わせて、うざく風に。

じっくりこんがり焼き色をつけた野菜。
シンプルなスープに入れると、その美味しさが引き立つのです。

明日からは主人も夏休みに入ります。頻繁にカレーを作るのだと張り切っておりますよ。
・・・1週間かぁ・・・長いような短いような・・・嬉しいような前途多難なような・・・

主人の夏休み中をわざわざ選んで、ネイルサロンの予約を入れたのはどぉゆう訳かしら。
誕生日プレゼントが安っぽいプリン1個だったの、まだまだ響いているみたいよ。


posted by しんさん at 15:13 | Comment(0) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。