2011年07月28日

じゃが芋ソフトクッキーのブルーベリージャムサンド (Blueberry jam Sand on potato soft cookies)

今週はじゃが芋消費強化週間であります。
先日作ったじゃが芋の塩クッキー (自称) が意外な美味しさだったので、その第2段。

本日はうんとソフトに仕上げてみました。もっちりやわらかなその食感は、クッキーと言うより “じゃが芋餅” か “じゃが芋ケーキ”ってところかしら。 ブルーベリージャムをたっぷりサンド。

もちろんブルーベリージャムも手作りですよ。先日作ったバルサミコ酢とブルーベリーのジャムが好評だったので (もちろん主人にですけどね)、多めに作ってみたのであります。

色白やわらかなじゃが芋クッキーで作るブルーベリージャムサンド。
どんな味?と聞かれても・・・・・・・・・・・・うぅ〜ん、美味しいわよ、面白い味だわよ、としか。

食材消費を根底とする我が家の食卓だもの、じゃが芋クッキーだってありだわよ。
毎日するお料理だもの。
楽しくて、体に良くて、無駄がなくて、主人が喜んでくれればそれで良いのよ、ねっ!主人!

あら、でもこれって意外と本当に美味しいのよ。












  • 今回は、生のブルーベリー 420グラム、お砂糖 150グラム、バルサミコ酢 90CC。
    前もって作っておきました。
  • 量が多いので前回よりやや時間はかかりましたが、それでも他の素材に比べればうんと早い仕上がり。煮始めてから火を止めるまで、30分程度だったかしら。

    我が家のジャムは保存という点に重きをおきません。早々に食べ切ってしまいますもの。
    なので、お砂糖は通常の作り方より控えめですよ。






【じゃが芋のソフトクッキー/10個分】

  • 薄力粉 50グラム・お砂糖 25グラム・スキムミルク 10グラム・ベーキングパウダー 小さじ1/2。以上を全て合わせてふるっておきます。
  • オーブンは180度に予熱しておきましょう。


  1. じゃが芋は皮つきの状態で170グラム。中〜やや大きめサイズ1個分ってところ。
    きれいに洗って皮つきのまま串がすっと通る程にレンジ加熱します。レンジ弱 (200W) で途中数回休みながら 6〜7分加熱し、少し蒸らせば良い感じに。
    熱いうちに皮をむいて裏ごしします。裏ごしした状態で140グラム弱になりました。
  2. 1に牛乳 大さじ2・オリーブオイル 大さじ1を加えてよく混ぜ合わせます。次いでふるっておいた粉類を加え、ゴムべらで切るようにして混ぜ込みましょう。

  3. 生地がボールの中でひとつにまとまったら台の上に移し、棒状にまとめます。
    これを包丁で10等分し、更にひと切れ分を2等分、更にそのひとつを3等分しましょう。
    ・・・要するに、下になる分と上になる分ってことです。説明能力皆無でお恥ずかしい。

  4. 下になる部分は生地をお団子に丸めて鉄板に並べ、指で平らにします。上になる部分は小さなお団子を3つ作り、円状に並べましょう。ふくらむので間は充分あけて。
    クッキングシートの下に敷いた型紙を目安に、同じくらいの大きさになるよう意識すると仕上がりが綺麗ですよ。型紙を忘れず取り除き、予熱したオーブンに。
    温度を170度にして15〜20分焼きましょう。

  5. 焼き上がったじゃが芋クッキーをそっと網の上に並べ、完全に冷まします。
    ブルーベリージャムを挟んで出来上がり。











実家の駐車場、ご多分に漏れず母親が緑のカーテンで暑さ対策をしております。
ただいまゴーヤが全盛期。

母親がくれた大きなゴーヤで、ピカタを作ってみましたよ。

溶き卵に粉チーズ・玉ねぎ・舞茸を加えて風味アップ。
溶き卵にゴーヤをくぐらせない簡略版のピカタ。
簡単でとっても美味しいの。




ゴーヤは中心部分の太いまっすぐな部分だけを使います。
端っこは明日、和えものにでも使いましょうか。
  1. ゴーヤの水気をしっかり拭いて種とワタを綺麗に除き、厚さ1〜1.5センチの輪切りにしてビニール袋に。少量の小麦粉を加えてふり混ぜ、全体に薄くまぶします。
    筒状のゴーヤのワタは、パレットナイフで簡単綺麗に取り除くことが出来ますよ。

  2. ボールに卵を溶きほぐし、みじん切りにした玉ねぎと舞茸・粉チーズ・塩コショウを加えてよく混ぜ合わせます。
  3. オリーブオイルをひいたフライパンを弱めの中火で温めます。
    余分な粉を払い落した1のゴーヤを並べ入れ、ゴーヤの中心部に2の卵をスプーンで流し入れて軽く焼いて裏返しましょう。卵の表面が焼きかたまったらすぐに裏返す感じ。

    卵が少々はみ出ていても、この段階でゴーヤになじませてしまえば大丈夫。
    残った卵を少しずつまわしかけてまた裏返す・・・を卵がなくなるまで繰り返せば出来上がり。フライ返しを使うより、トングを使った方が断然便利でうんと簡単ですよ。











新生姜とキュウリの即席漬け。

味がしみやすいよう、キュウリはすりこ木でたたいてから手で大胆に折って漬け込みます。




  1. 新生姜は千切りに。丈夫なビニール袋に移し、お醤油 大さじ2・お酢 大さじ1・お砂糖 小さじ1を加えて軽く揉みしばらくおきます。

  2. キュウリは両端を切り落としてすりこ木でたたいてひびを入れ、食べやすい大きさに手で折ります。 ビニール袋に移して少量のお塩をふり、軽く揉んでこちらもしばらくおきましょう。
  3. 2をキッチンペーパーで包んでしっかり水気をしぼり、重石つきの漬物容器に移します。
    1を漬け汁ごとここに加え、重石をして冷蔵庫で30分程。

    胡麻油を少量たらし、ひねり胡麻を散らして出来上がり。










野菜ジュースで煮込んだ文字通り野菜もりもりのスープ。

少し煮詰めた野菜ジュースに適度なとろみがついて、とっても美味しいのです。


  1. みじん切り玉ねぎをオリーブオイルでじっくり炒めます。

  2. さいの目に切った人参、ナスの順に1に加えて炒め、油が充分なじんだところで野菜ジュースとコンソメキューブ 1/2欠を加えます。野菜がやわらかくなるまで充分煮て塩コショウし、器に盛って黒コショウをたっぷり挽いて出来上がり。






在庫豊富な自家製じゃが芋。
しかし着実に減っています。


じゃが芋のソフトクッキー、不思議な食感。
お気に入りのブルーベリーとバルサミコ酢のジャムをサンド。

夏の体にはゴーヤ、これ鉄則。
本日はピカタにしてみました。卵とゴーヤ、これ鉄板。

新生姜とキュウリの即席漬け。
これに胡麻が加わるのですもの、そりゃ美味しいわよね。

野菜ジュースを使った野菜スープ。
野菜だらけのお弁当。

そぉ言えばいつ頃からかしら、 『焼き肉が食べたいわぁ』 ・・・なんて思わなくなったの。
別にヴェジタリアンなワケではないけれど、お肉・・・特に焼き肉と縁がないわねぇ最近。

え?これって加齢のせいかしら。そうなの?あらそう。まぁ良いけど。

今週は目覚まし時計放棄の状態が続いております。
目覚ましに頼らず自然に目が覚める時間を知ろうと思いましてね。
とりあえず明日もじゃが芋。明日のお弁当も主食はじゃが芋ってことで。起きられれば、ね。


posted by しんさん at 13:57 | Comment(0) | お弁当日記 じゃが芋を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。