2011年07月14日

じゃが芋はりはり生春巻き

私、 『巻く』 って行為が好きなんです。うん、きっとそう。うん、絶対にそう。大好きなんだわ。

世間の流行がどっちに向こうが、私は “巻き髪” を止めないでしょう。
今まで何十年もそうであったように。そしてこの先も年相応の巻き髪を維持することでしょう。

この 『巻き』 へのこだわりは、食卓にも影響するようです。
献立のネタが切れれば、とりあえず 『巻く』。
食材がないわ、どうしましょう・・・って時も、とりあえず手当たり次第なんでも 『巻く』。

本日のお弁当、そんなワケでこうなりました。主食です。

『生春巻き』 なんて小洒落たものではありません。でも、一応 『生春巻き』 ってことで。

日中は暑いのでひたすら引きこもっております。その結果、当然食材調達がおろそかに。
まぁ・・・とりあえずしばらくは、在庫豊富なじゃが芋で何とかなるのではなかろうか・・・と。

千切りにしたじゃが芋のでんぷんをしっかり落とし、所謂 “はりはり” に。ベーコン・ズッキーニ・パセリ・おくら・・・とにかくお家にあるものを、とにかくライスペーパーで巻いてみましたよ。

困った時は 『巻く』 、悩んだ時は 『巻く』 、本日の我が家のお弁当。
意外と主人は、こんなでも喜んで食べてくれたんじゃぁないかしら・・・










  1. じゃが芋はうんと細くて薄い千切りにし、たっぷりのお水を張ったボールに放します。お水が濁らなくなるまで数回お水をかえながらそっと洗い、でんぷんを落としましょう。
    ザルにひろげ、しっかりと水気を切っておきます。
  2. 厚切りベーコン・みじん切りニンニク・極少量の胡麻油を極々弱火にかけます。
    ベーコンの脂がじんわりでてきたらベーコンとニンニクを端に寄せ、フライパンを傾けて脂が溜まったところで縞に皮をむいて細長く切ったズッキーニをこんがりと焼きましょう。

  3. ズッキーニを別皿にとり、じゃが芋を軽く炒めます。じゃが芋の縁の方が透き通った感じになったら極少量のお醤油を回しかけて味付けをし、冷ましておきましょう。

  4. さっとぬるま湯にくぐらせたライスペーパーをぬれ布きんの上にのせて戻し、じゃが芋やらベーコンやらズッキーニやら生姜の梅酢漬けやらオクラやら・・・
    とにかく、何でも好きなもの・あるものをのせて巻いてラップでぴったりと包みます。

    開き口が分かりやすいよう、ラップの巻き終わり部分は数回折ってあげて下さいね。ラップごと切り分け、ラップのままお弁当箱へ。これならお互いにくっつきません。











食材が乏しい時、私のもうひとつの回避策。

ザ・福袋。

開いた油揚げに具沢山の溶き卵を流し入れ、ことこと煮るだけ。 油揚げと卵ひとつあれば、具なんてなんでもOKですもの。

本日は型抜き人参の切れ端やらきゃらぶきやらシイタケやら、ホンと適当。


  1. 油揚げは1辺を切り落とし、菜箸を転がして袋状に開きます。熱湯でさっと茹でて油抜きをし、ざるにひろげて冷ましておきましょう。
    シシトウ・型抜き人参・シイタケを煮汁と一緒に中火にかけておきます。
  2. 卵を溶きほぐし、お好きな具を細かく刻んで加えます。これを1の油揚げの中にスプーンでそっと流し入れ、卵液がもれないようしっかりと爪楊枝でとめましょう。

    立てるようにして煮立った1の煮汁に加え、再度煮立ったら弱火にします。中央に穴をあけたキッチンペーパーで落とし蓋をし、弱火で充分煮汁を煮含ませて出来上がり。

    そのまま冷まし、ザルにひとつひとつひろげて煮汁を切ってからお弁当箱へ。










簡単なのに意外と美味しかったわ、このカボチャのサラダ。

たっぷりのパセリ・隠し味程度の少量のカレー粉がとても良い味を出しています。

カボチャは冷凍カボチャ。
冷凍とは言い、根尾の伯母自慢のカボチャだもの。
皮だって食べちゃいますよ。



  1. 冷凍カボチャは凍った状態のまま耐熱ボールに入れ、ラップをしないで串がすっと通るくらいにレンジ加熱します。これをザルにあけ、水分をとばしておきましょう。
  2. 1の粗熱がとれたら皮ごと2センチ角程度に切り、ボールに移して刻んだ人参 (レンジ加熱済み) ・みじん切り玉ねぎ・たっぷりのざく切りパセリを加えます。
    マヨネーズ・ナツメグ・レモン汁・極少量のカレー粉・塩コショウで味付けを。











薄切りキュウリがどっさりのった緑のスープ。

ゼラチンでとろりととろみをつけた冷たいスープです。緑色の正体は、キュウリはなくゴーヤ。

生のゴーヤをリンゴジュース・冷凍バナナ・ヨーグルトとミキシングしただけ。

それほど構えなくても大丈夫な味ですよ。はい。



  1. キュウリは薄切りにし、少量のお塩をふってしばらくおきます。しんなりしたらキッチンペーパーに包み、しっかり水気をしぼっておきましょう。
  2. 種とワタを除いてスライスしたゴーヤ・100パーセントのリンゴジュース・冷凍バナナ・ヨーグルトをバーミックスで攪拌します。

    大さじ1程度のお水に小さじ 1/2程度の粉ゼラチンをふり入れ、10秒弱レンジ加熱して完全にゼラチンを溶かしてゴーヤジュースに加えます。
    よく混ぜて器に移し、冷蔵庫へ。ふるふるっと固まったらキュウリをトッピングし、オリーブオイルとレモン汁をたらして出来上がり。





久しぶりのお弁当箱。
今年初めてのゴーヤ。


お刺身のツマの如く千切りにしたじゃが芋。
ベーコンの旨味をぎゅっとまとい、生春巻きになりました。

油揚げの福袋は、うんと具沢山。
福袋・・・このネーミングが好き。

冷凍カボチャで作る簡単サラダ。
パセリの苦味が全体を引き締めてくれています。

生のゴーヤで作る本日のスープ。
キュウリをどっさりトッピング。
スープって言うよりジュースかしら、これ。

・・・ヤバいなぁ、マズいなぁ。
じゃが芋と玉ねぎ以外の食材が、ずんずんなくなっていきますよ。

買いもの行きたし、お外は暑し。
それにしても何ですか “高温注意報” って・・・とうとう、そんな注意報までが出来たのね。

“お弁当美味しかったコール” に出なかった私を案じ、主人からの数回の不在着信。

『どぅみぃ (私のこと) 電話に出ないからさぁ、暑さで死んでるかと思ったんだよ。
部屋の中で死んでいるんだと思ったんだよ。』

・・・・この間、ダイレクトテレビショッピングで申し込んだ 『H2Oウルトラスチーマー スペシャルプレミアムセット』 が届いたの。今日の午前中に届いたの。後は言わなくても分かるでしょ?

汚れがぐんぐん落ちるのよ。
楽しくて楽しくて、畑仕事の時と同じ完全武装でベランダに這いつくばっていたのよ。
ごめんね、主人。妻は死んでいないわよ、ぴんぴんしているわよ。


posted by しんさん at 17:44 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。