2011年07月11日

じゃが芋ごろごろ、オーブン仕上げのスペイン風オムレツ

昨日の日曜の早朝、予定通りじゃが芋の収穫をして参りました。
玉ねぎやキュウリに並び、今年のじゃが芋は豊作ですよぉ!出来も上々!ぃやっほぉぉっ

さて。
拳骨の如く見事に大きく実ったじゃが芋の陰には、小さな小さなじゃが芋だってありまする。
丸っと皮ごと揚げて、甘辛お醤油だれにからめて食べる・・・にしても小さすぎやあるまいか。

そんな小さな小さなじゃが芋たち。
自ら汗水流して育てた野菜は、どんな劣等生でも可愛いものです。捨てられないものです。
今日のお弁当に使ってあげましょう。本日の主食です。

小さな小さなじゃが芋がごろごろっと皮つきのまま、丸ごとでたっぷり入っています。
オーブンで仕上げる失敗知らずのスペイン風オムレツ・・・とでも申しましょうか。

厚切りベーコン、玉ねぎ、シイタケ、そして山程のパセリ・・・
じゃが芋と相性の良い食材もどっさりです。
これだけじゃが芋がどっさりもりもりなんですもの。充分主食で通用するわよね、主人。

小さな小さなじゃが芋だって捨てません。だって、こんなに美味しい主食になるのですから。
オーブンで仕上げるお手軽簡単スペイン風オムレツ、黒コショウたっぷりで召し上がれ。










小さい小さいって・・・一体全体どれほど小さいの?ピンポン玉くらい?
いいえいいえ、これくらい小さいのであります。

・・・皮のむきようもございません。当然皮つきのままお料理しますよ。
綺麗に洗って皮つきのままレンジ加熱し、ザルにあけて表面の水気をとばしておきます。

今回は19.5センチ四方のスクエア型を使いました。
型に合わせてクッキングシートを敷いておきます。



  1. 発酵バター・みじん切りニンニクを極弱火にかけ、じっくりニンニクの香りを引き出します。ここに縦2〜4等分したシイタケを加えて軽くいためます。油がなじんだところでじゃが芋・みじん切り玉ねぎ・パセリを加え、さっと混ぜる程度に炒めて火を止めましょう。
    パセリはみじん切りにせずとも、ざっくり刻むくらいでOKですよ。

  2. 大きめのボールに卵 3個分を割り入れ、少量のマヨネーズ・塩コショウを加えてもったりするまでよく溶き混ぜます。ここに1を加え、ざっと混ぜ合わせて型に流し入れます。

  3. 200度に予熱したオーブンで20〜30分。表面に綺麗な焼き色がつくまで焼きます。

    たっぷりの黒コショウを挽き、完全に冷めてから型から出しましょう。
    お好みの大きさに切り分けてどうぞ。

    ベーコンはかたまりタイプのものを買い求め、大きめにカットするのがお勧め。
    ベーコンの塩気を考慮し、塩コショウはうんと控えて下さいね。










ナスはとっても美味しいのだけど・・・ありったけの油を吸収しちゃうって点は、万年ダイエッターの妻としてはちと問題あり。

ならば!
ノンオイルでさっぱり、こんなナス料理はいかが?主人。

少なくなってきたマリネ。瓶の中のマリネ液を有効利用。
伯母自慢のきゃらぶきを、ナスでくるりと巻いてみましたよ。
彩りに人参もね。

  • ナスは皮つきのまま縦に薄く切り、しばらくお水に浸けてアク抜きをします。

    軽く水気を切ってから、油をひかずに厚手のフライパンに並べ入れましょう。
    両面にこんがり綺麗な焼き色がついたらマリネ液を注ぎ入れ、ナスによくなじませます。しんなりしたら火を止めてそのまま冷まします。

    レンジ加熱した人参・きゃらぶきを芯にし、ナスでくるりと巻けば出来上がり。











栄養豊富な “ツルムラサキ”、今年も農協にお目見えしましたよ。

ちょっと泥くさいのが苦手・・・って方が多いのも納得出来ますが私は大好き!ツルムラサキで夏バテ知らず。

たっぷりのすり胡麻・ほんのりニンニクを効かせたキューちゃん漬け の漬け汁・韓国海苔。
これらをツルムラサキに合わせたら、美味しくて体にも嬉しい立派なひと品が出来ましたよ。



  1. ツルムラサキはお塩を加えた熱湯でさっと軽く茹でて冷水にとります。
    冷水に浸け過ぎないよう、熱がとれたらすぐに引き上げて軽く水をしぼります。

    キューちゃん漬けの漬け汁をまわしかけて軽くもみ込み、巻きすに包んで優しくしぼります。これを2回繰り返して水っぽさを除き、食べやすく切り揃えましょう。
  2. 香ばしく乾煎りした白胡麻をすり鉢に移し、食感が残る程度にすります。
    ここに1をほぐし入れ、もみ崩した韓国海苔を加えて和えます。

    味が薄いようなら、キューちゃん漬けの漬け汁を追加で少々かけて出来上がり。










・・・ちょっと、あまり大きな声で言いづらい組み合わせなのですが・・・私個人的には秘かに結構良いんでないかと思っております。

キュウリ・ヨーグルト・バナナのスープ。

嫌がらせじゃぁないの。主人、本心はどう?嫌い?好き?



我が家では、スィートスポットが現れたバナナは早々に冷凍保存してしまいます。

薄切りにしたキュウリ・ヨーグルト・冷凍バナナ・ハチミツ。
以上をバーミックスで滑らかに攪拌し、器に移してよくよく冷やすだけ。
言われなきゃ、これがキュウリなんて気付かないんじゃないかしら。

・・・大量に採れた巨大キュウリ。
早々に消費せねば!の使命感がこれを美味しく感じさせているだけなのかしら・・・。





小さな小さな自家製じゃが芋。
自家製ならではの小粒っぷり。


小粒過ぎて皮もむけないじゃが芋。
丸っとスペイン風オムレツに。オーブン使用で失敗なし。

近頃主人が凝っておりますマリネ。
スパイスがっつり効いたマリネ液。
2度使い回した後は、お料理に使って完全に消費。貧乏性。

大好きなツルムラサキ。今年も来ました、この季節。
韓国海苔と胡麻で和えものに。キューちゃん漬けの漬け汁だって無駄にしません。

想像出来ない!との罵声を浴びそうな組み合わせ。
キュウリ・ヨーグルト・バナナのスープ。ほんのりハチミツ風味。

さあ!しばらくはじゃが芋料理が続きますよ。
実は、私それほどじゃが芋って好きな方ではないのよねぇ・・・あれば食べるか、程度で。

でもまぁ・・・
段ボールにわんさと小分けされた自家製じゃが芋を見れば、食べぬワケには参りません。
それにやっぱり堀りたてのじゃが芋は美味しいもの。皮ごと塩茹でするだけで美味しいもの。

今日ほどの真珠粒サイズのじゃが芋は、これでもうおしまい。使い切ったわ。
明日からは普通サイズ・・・いや、その前に備中鍬でたたき割ったお芋たちから消費せねば。


posted by しんさん at 12:45 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。