2011年06月25日

レモンピラフと白いカルダモンカレー

近頃の主人は、愛妻を差し置きスパイスに首ったけのようであります。
口を開けばスパイスの話。
チャイの作り方がどぉやらやら、スパイスを効かせた野菜カレー作りたいやら・・・ちとウザっ。

でも、私だって元々がスパイス好き。なのでこんなカレーを作ってみましたよ。

料理をする私をカウンター越しに眺めるのが好きな主人。
“レモンをピラフに使うのよ” と言ったら、かなり驚いた様子。そしてその仕上がりにもね。
ローズマリーとレモンのピラフ・チキンコルマ風のカルダモンカレーを合わせてみましたよ。

どぉ主人、レモンピラフって美味しいでしょ?
どぉ主人、カルダモンカレー美味しいでしょ?しかも油不使用だから、とってもヘルシーよ。

カレールーを使ったカレーはもう卒業。これからは、スパイスの効能をうんと堪能出来るカレーを目指しましょう。大人カレーを目指しましょう。
美味しいカレーで楽しく痩せる・・・そんな夢見るカレー王子にひと言。

ラクして痩せるなんて無理だかんねっ!!











【ローズマリー香るレモンピラフの作り方】
  • お米 1合は洗ってザルにあけ、しっかりお水を切っておきましょう。
  • レモンは1/2個使います。予め、丸っと皮ごと多めの塩で揉み洗いしておきます。
  • 玉ねぎ 1/4個分をみじん切りに。

  • 水切りをしたお米を炊飯器に移し、1合分のお水を注ぎます。
    この上にみじん切り玉ねぎを散らし、くし型に切ったレモンを並べ入れましょう。
    発酵バター少々・ローズマリー1枝・お塩 ひとつまみを加えて普通に炊飯します。炊き上がったらローズマリーとレモンを取り除き、ざっくり全体を返すように混ぜましょう。

    レモンはご飯と一緒に盛りつけます。





【カルダモンカレーを作りましょう】
  1. 先ずは “塩鶏” を作ります。

    鶏胸肉 (1枚) の両面をフォークでつついてから、全体の厚みが均一になるよう観音開きにします。砂糖 小さじ1/2をよくもみ込み、更に塩 小さじ1/2をもみ込みます。

    皮目を下にして厚手のお鍋にひろげ、お酒 大さじ2を回しかけます。アルミホイルで鶏肉を覆うように蓋をし、中火にかけましょう。

    全体がふつふつっとして鶏肉の周囲が白くなり、アルミホイルの縁から勢いよく泡立ち始めたら鶏肉を裏返します。
    同じようにアルミホイルで蓋をして火を止め、このまま5分間蒸らしましょう。

    5分経ってまだ火が通っていないようなら、もういちど中火にかけるところから繰り返して下さいね。OKなら鶏肉を別ボールに取り出しておきましょう。

  2. 玉ねぎ 3/4はざく切りにします。ニンニクとショウガ 各1欠は、包丁の腹でつぶしましょう。以上をボールに入れてお砂糖 小さじ1を加え、バーミックスでピューレ状に。
    これを塩鶏の茹で汁が残ったお鍋に移し、カルダモン 2粒 (ハサミで縦に切れ目を) ・ ローリエ 1枚 (ハサミで2〜3等分) を加えて弱めの中火にかけます。
    焦がさないよう絶えず混ぜながら、スパイスの香りを移しつつ水分をとばしましょう。

    カルダモンの莢とローリエは後ほど取り出します。あまり細かくしない方が・・・
  3. 玉ねぎピューレの水分がとんでぽってりしてきたら、ヨーグルト 150グラム・カシューナッツ 30グラムを加えましょう。

    更にガラムマサラ 小さじ1/2も加えてよく混ぜ合わせ、火から下ろしてカルダモンの莢とローリエを取り出してバーミックスで滑らかなピューレ状にします。

  4. 3を再び弱火にかけ、予めレンジ加熱しておいたカボチャとズッキーニを加えます。ひと口大に切った塩鶏も加え、軽くひと煮立ちさせましょう。仕上げに白コショウを。

    ・・・ちょっとカボチャが崩れちゃったわね、残念。










こうして出来上がりました、チキンコルマ風のカルダモンカレー。
さっぱりしていて且つスパイスの香りも充分堪能できます。レモンピラフとの相性もばっちり。

もはや我が家のハウスワインとなりました 『Benjamin Silver(ベンジャミン シルバー)』 の ピノ・ノワール。主人が嬉しそぉ〜に、JULIA'S VINEYARDの2005年を抜栓しましたよ。

うん、良いんでないですか?ピノを飲みながらカレー、大人の食卓って感じで。
我が家のスパイス料理は、まだまだ始まったばかり。
さて、凝り性で飽き性の主人がどこまで追及出来るか・・・どうぞ見守っていて下さいね。


posted by しんさん at 09:04 | Comment(0) | お弁当以外のお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。