2011年06月23日

お好み焼き粉のアボカドブレッド

我が家のフードストッカーの奥の奥・・・
使われる当てもなさそうな、使いかけのお好み焼き粉がひと袋。いや、チヂミ粉か?これは。

袋の文字がハングル文字であることから、どなたかからの韓国土産かとは思うのですが。
いかんせん、主人とお好み焼き (チヂミも含め) パーティーなんて・・・うん、あり得ないわ。

じゃ、このお好み焼き粉をどうしましょうか。はい、こうひましょ!

以前作ったことあるものね、お好み焼き粉パン。
今回はキュートなカップに詰めてみましたよ。アボカドたっぷりのせてアボカドブレッドですよ。

まぁそれがどうしたことでしょう。
このパンの美味しいことと言ったら!もっちり、それでいてふっくら・・・良い感じだわ。

電子レンジ発酵の “電子レンジパン” なので、発酵時間もうんと短縮。そして簡単。
お好み焼き粉の消費には、簡単美味しいお好み焼き粉パンを!・・・・・・・って、そんなん嫌?










【お好み焼き粉パンの作り方/底径約6センチの紙製マフィンカップ4個分です】


  • お好み焼き粉 100グラムを量っておきましょう。


【まずは1次発酵まで】
  1. 直径15センチの耐熱性ボールを使っております。

    ボールに発酵バター 10グラム・牛乳 65グラムを入れ、500Wのレンジでラップをしないで30秒加熱し人肌に温めます。泡立て器で混ぜ、バターを完全に溶かしましょう。
  2. 1が人肌程度になっていることを確認し、インスタントドライイースト 小さじ1→お砂糖 大さじ1→お塩 ほんのひとつまみを順に加えます。
    それぞれを加えたら、その都度泡立て器でしっかりと混ぜ合わせましょう。

  3. 2にお好み焼き粉の1/3量を加え、泡立て器で滑らかになる迄しっかり混ぜ合わせます。次いで残りのお好み焼き粉を一気に加え、ここからは菜箸に持ち替えましょう。

    菜箸をひろげて持って、粉っぽさがなくなるまでざくざく切るように混ぜます。

    ↓写真左のようになればOK。
    ゴムべらでひとまとめにし、ふんわりとラップをしてレンジ弱 (200W) で30秒レンジ加熱しましょう。これが1次発酵です。見た目に変化ありませんが大丈夫ですよ。

  4. 生地を打ち粉の上に移し、裏返して粉を両面にまぶします。包丁にも粉をふって生地を4等分し、断面を包み込むように丸めましょう。
    きつく絞ったぬれ布きん・ラップを被せて15〜20分。生地が倍になるまで待ちます。




【一気に成形〜仕上げまでいってしまいましょう】
  1. 倍にふくらんだ生地を手の平でぎゅっと押さえてガス抜きをします。
    これをカップの底の大きさに合わせて丸めなおし、カップに入れて電子レンジのターンテーブルの上に中央をあけてドーナツ状に並べます。上にきつく絞ったぬれ布きん・ラップを被せ、同じくレンジ弱 (200W) で30秒加熱しましょう。

    これを鉄板に移し、ぬれ布きん・ラップを被せて10分。2倍になるまで待ちます。

    発酵を待つ間にアボカドの準備を。
    まずはサイコロ状に切ったアボカドにレモン汁を少量ふりかけて変色防止をしましょう。
    ここにだし醤油と少量のマヨネーズを加えて和えます・・・これだけでも美味しそう!
    同時に、オーブンを190度に予熱しておきましょう。

  2. 仕上げ発酵完了したパン生地の中央に、アボカドを詰める為の窪みを作ります。
    すりこ木に粉をまぶして押さえると、ちょうど良い具合に。

    アボカドをたっぷりと詰め、190度に予熱しておいたオーブンに。

    オーブンの設定温度を180度にし、15分程焼けば出来上がり!
    美味しいのよ!お好み焼き粉の消費に是非・・・・・・・って、無理?











主菜はロールキャベツ。
但し、もちろんお肉は不使用。
フィリングは、油揚げ・おぼろ昆布・シイタケ等々この上なく和風のロールキャベツ。

とってもヘルシーでしょ?
簡単で意外と美味しいのよ。


  • キャベツはしんなりするまでレンジ加熱し、軸のかたい部分を包丁で削いでおきます。

  • 油揚げは3辺を切り落として開き、さっと熱湯で茹でて油抜きをしてザルにあけます。冷めたら軽く水気を絞ってひろげておきましょう。

  1. キャベツを丁寧にひろげ、この上に油揚げをひろげます。手前の方に削ぎ落したキャベツの芯部分・細切りシイタケ・おぼろ昆布を並べて途中まで巻きます。
    片方の端を中に折り込んで最後まで巻き切り、もう片方の端を中にねじ込みましょう。
  2. 高野豆腐をぬるま湯で戻し、サイコロ状に切ります。
    1をお鍋に並べ入れ、鰹だしをたっぷりと注ぎお酒・みりん・お醤油で薄めに味付けをして中火にかけます。煮立ったら高野豆腐で隙間を埋めるようにして弱火にし、キッチンペーパーで落とし蓋をして充分に煮含めましょう。

    ザルに並べて煮汁を軽く切ってから、食べやすい大きさに切り分けましょう。










副菜は、冷凍レモンのすりおろしをたっぷり使った人参サラダです。

レモンは塩でよく皮をもみ洗いしてから何かのお料理に使い、残った分はラップをぴったりとして冷凍しておきます。

これを凍ったまま使いたい分だけすりおろして使うと、レモン汁オンリーよりぐっと美味しいのです。

本日はヨーグルトドレッシングで。



  1. 人参は千切りにし、お塩をひとつまみ〜ふたつまみふって軽く揉みます。しんなりするまでしばらくおきましょう。
  2. ヨーグルト 大さじ2・オリーブオイルとこぼれ梅 各大さじ1・白コショウ。
    以上をすり鉢でよくすり混ぜます。ここに1の人参を加えて和え、冷凍レモンをたっぷりすりおろしましょう。ざっと混ぜれば出来上がり。











いかにも主人好みのスープ・・・いえ、スープと言うよりは “冷やしぜんざい” って言うのかしら。

冷凍桑の木豆を黒糖風味で煮て、よもぎ白玉を浮かべてみましたよ。

根尾の伯母が持たせてくれた食材盛り沢山のひと品。甘さはぐっと控えめ。




冷凍保存してあった桑の木豆は、たっぷりのお水に一晩浸けておきます。
翌朝充分に吸水した桑の木豆を浸け水ごと中火にかけ、煮立ったらコップ一杯のお水を注ぎます。再度煮立ったら弱火にしましょう。ことこと弱火で20〜30分茹で、お好みのかたさに茹で上げます。
この際かき混ぜたりしないこと。根尾の伯母からの言いつけです。

黒糖とみりんをお好み量加え、お鍋をゆっくりと回しながら黒糖を煮溶かしましょう。
再度煮立ったら極少量のお醤油を加え、火を止めてそのまま冷ましておきます。


よもぎ白玉を作りましょう。
アク抜きしたよもぎをピューレにし、30グラムずつ冷凍してあります。これを自然解凍します。

お水大さじ3を用意し、白玉粉 60グラムに少量ずつ加えてゴムべらでサクサクと混ぜます。
かたまりがなくなったらOK。お水を多く加え過ぎないように要注意です。
ここによもぎピューレを加えて混ぜ合わせ、ひとまとまりになったら手でよく捏ね混ぜましょう。

包丁で8等分して成形し、熱湯に次々落とし入れます。
ぷかりと浮いたものから氷水で冷やしてザルにあけ、極少量のレモン汁をたらした桑の木豆ぜんざいに浮かべて出来上がり。よぉ〜く冷やしてどうぞ。作り過ぎた白玉は冷凍保存を。






気合い入れ過ぎたかしら・・・
久々の長丁場。


お好み焼き粉で作るアボカドブレッド。
もちもちふんわりで美味しいのよ。

おぼろ昆布、シイタケ・・・
ロールキャベツですよ、かようなフィリングでも。

冷凍レモンのすりおろし。
人参サラダだってぐんと美味しくなりますよ。

桑の木豆を使って冷やしぜんざい風。
よもぎ白玉を浮かべて、うんと冷やしてどうぞ。

今朝はごめんね主人。私、反省したわ。
せっかくあなたが美味しいチャイを作ろうとしていたのに・・・私、確かにいらっとしていたわ。

明日からはちゃんと温かく見守ったげる。
あなたが牛乳を派手にこぼそうが、レシピを全く見ずに我流で作ろうとしようが、鍋の底が汚れたまま火にかけようとしようが、洗いものを次々増やそうが、私、微笑みながら見守ったげる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いや、無理か?


posted by しんさん at 18:42 | Comment(0) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。