2011年06月20日

カレーのはしごで高速料金1000円を満喫すin長野

“休日高速道路料金 上限1000円のETC特別割引”
様々な論議を引き起こした今回の施行でしたが、終了を翌日に控えた18日土曜日。
そぼ降る雨の中、我々も最後の恩恵にあずかろうと行って参りましたよ長野県まで。

さて。お寝坊の主人が午前9時に出発し、高速で3時間かけて長野県に向かった理由。

これです!長野県諏訪市、高島城すぐ脇にある “北インド料理 ナマステ” さん。
新鮮なスパイスをふんだんに使ったカレー・・・いえ、これもはや薬膳。
高速料金1000円でこちらにお伺い出来るのは最後だもの、お昼ご飯食べに行くわよ!とね。










ゴールデンウィークに訪れた長野県は車山
主人が選んだ “オーベルジュ” はもう過去の思い出。良くってよ主人、何事も経験よ。
しかし、このゴールデンウィークの旅の終り。期せぬ出会いが待っておりました。

“北インド料理” という聞き慣れないお店の看板。北?北インドなのね?
まぁ、さほど期待もせずふらりと入った小さなお店。ん?このスパイスの香りは・・・!!

カレーと言うにはやや高めのお値段。
でも出てきたカレーのその味にその香りに、言葉を失う私たち・・・『何これ、美味しいっ!』

今まで食べてきたカレーは何だったのか。
しかも、その食後感の良いこと良いこと。結構食べた筈なのに、体重はまさかの減少。



意外と2度目に行くと、あれ?こんなだっけ?・・・なんて事よくある話。特に主人においては。
でもやっぱり美味しい!これはここでないと食べられないカレーだわ!ナマステ万歳!!


タンドリーチキンのサラダを食べ、エビカレーとマトンカレーをシェアしてナンをついばみ・・・
大満足で大興奮の我々に、お店のフロア係の女性がさらりとおっしゃいました。

『あら、でもねこのお店は2番目に美味しいお店なんですよ。
いちばん美味しいのは蓼科店ですよ。』











カレーを食べ終えたのが1時ちょい過ぎ。うぅ〜ん、まだ帰途に着くにはちょっと早いかしら。
・・・てんで、1時間弱かけて蓼科店までドライブ。
お昼のラストオーダーを終了した蓼科店、ちょいとお伺いしたい事もあり中を覗いてみましたよ。

そしてマダムとご対面。インド人シェフが作るお料理を熱く語るマダム。
・・・はい、我々ディナータイムまで時間をつぶすことと致しました。雨降る蓼科、3時間ほど。

途中、野性の鹿とも出会いました。道路脇の緑の中、木の葉っぱを食んでおりました。
いつかは行ってみたい、ジビエを堪能したい藤木シェフのお店、オーベルジュエスポワール。

雨の中、お店の脇も何度も通り過ぎました。ひたすら時間をつぶしました。










そして午後5時30分。ようやくありつくことが出来ました。まずはタンドリーチキン。
コリアンダーのソースが添えてあります。

・・・マダム、美味いです!このタンドリーチキン、中がふっくらしています。

そしてお待ちかね、3時間時間をつぶしてまで食べたかったカレー。
諏訪店と同じエビのカレーをまずはチョイス。もうひとつは、ホウレン草のカレー。

もうね・・・何なんでしょう、この美味しさったら!
諏訪店のカレーは、食べながらじんわりと汗ばんできます。普段滅多に汗をかかない私でも。
そしてこちらのカレー。どちらも美味しいのですが、なんて言うんでしょう・・・上品?

ホウレン草のカレーのコク、秘密はカシューナッツだとか。
・・・うん、良いこと聞いたぞ。早速真似っこしよう。我が家の食卓にとり入れよう。



以下、マダムが教えてくださったスパイスについて備忘録。

こちらのナン。ところどころに見える黒い粒々は、胡麻ではありません。
ヒンディ語でカロンジ (Kalaunji) 、英名ではニゲラ (Nigella) と呼ばれるスパイス。
噛むとほんのりとした苦味があり、マダム曰くこれが使われていないナンはナンでないとか。

そして、エビのカレーに使われていたスパイスはアジョワン。アジュワインとも。










こうして日が傾き始めた頃、またえっちらおっちら3時間かけてお家に向かうのでありました。
駐車場から見た “ナマステ 蓼科店” さん。
なんだか雰囲気が大好きなラー・・・さんに似ていない?何となくね、マダムも似ていたの。

こうして、休日高速道路料金 上限1000円対応の最後の土曜日。
お昼に “ナマステ 諏訪店” さんでカレーを食べ、夜に “ナマステ 蓼科店” さんでカレーを食べ・・・
カレー三昧で一日を終えたのでありました。

で、後談。
恐るべきスパイスマジック!あれだけがっつり食べたのに、体重が減っているんです!
主人は200グラム減にとどまるも、新陳代謝活発な私に至っては1キロ減。

そして日曜日、すっかりスパイスに魅了された我々は夕食にカレーを作ったのでありました。
これがまた美味しかった!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・けれどその話はまた後日。


posted by しんさん at 16:19 | Comment(2) | 旅行とお出かけの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしいインド料理のためにそこまでするなんて、さすがしんさん&しんさん夫さん。
グルメの炎がメラメラと燃えています。
でもほんとうにおいしそうですね^^

ところで、こちらのブログでは珍しい動物ショットに一瞬、不思議な感覚に陥ってしまいました。
四次元の世界にいるような・・・なんだか私、わけのわからないこと言ってますね。お許し下さい。
Posted by 梅* at 2011年06月21日 04:20
おはようございます、梅*さん^^

こちらは梅雨真っ只中。我が家の小さな小さな和室の障子が、湿気を帯びてしわんしわんになっています。

近頃、フランス料理よりワインよりなぜだかスパイスに魅了されてしまったようです。
悲しいかな、私の住んでいる岐阜ではカレーと言えば“CoCo壱番屋”・・・スパイスなんて微塵も感じられない日本風カレーばかり。
美味しいカレーを食べるには、メラメラと闘志を燃やす他ないのであります。。。ふふっ、ちょっと大袈裟かしら。

確かに・・・“鹿”と言えば、我が家においてはお皿にのったものという認識しかないかも(笑)
こちらからはお近づきになろうとすることは稀ですが、たまにはこんなことも・・・懐かしい^^

http://shintakenaka.seesaa.net/article/103606964.html

小鳥の“ヒロミちゃん”は今頃ママかパパになっているのでしょうか^^
Posted by しんさん→梅*さんへ at 2011年06月21日 10:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。