2011年06月02日

アボカドとキャベツのグリーン太巻き寿司

おはようございます・・・・・・って、あら?もうこんな時間ではありませんか!びっくり!!
早く寝ねば、と思いつつ昨晩は夜更かし。
いや、寝たのは 03:30 a.m. だったからなぁ。夜更かしの枠を超えているかしら。

そんな今朝の半分眠った頭でも、巻きモノならばちょちょいのちょい。
本日の我が家のお弁当、主食はこちらですよ。

これだけ寝不足の寝ぼけ眼をさらしておいて、美白も美肌もあったもんじゃない!のですが。
本日は週にいちどのアボカドディ。アボカドもりもり食べて、遠慮なく美しくなりましょうって日。

アボカドを豚肉でくるりと巻いて、バルサミコ酢風味の照り焼き風に。
そいつを、雑穀米入りの酢飯で更に巻いてみましたよ。
この色合いに黒い海苔ってのも粋じゃないもの。キャベツのグリーンで爽やかな仕上げ。

ちょっと!これ美味しいわっ!ほんのり効かせた赤紫蘇がポイントよ。美味しいっ!
『どぅみぃ (私のこと) のスペシャリテはアボカド料理だね!』
・・・無邪気に言う主人の顔が浮かびます。あぁ・・・まだちょっと頭がボケているわ、アタクシ。










【下準備】
  • いつものお米に雑穀ミックス米を混ぜ込み、雑穀ご飯を炊いておきましょう。
    ここに合わせ酢を加え、酢飯を作っておきます。
  • キャベツをしんなりするまでレンジ加熱し、ザルにひろげて色良く冷まします。芯のかたい部分を包丁で削ぎ切り、表面の水気をしっかりと拭き取っておきましょう。




【豚肉のアボカドロールを作りましょう】
  1. 大きめにカットしたラップをひろげます。この上に、数枚の豚薄切り肉を少し重ねた状態でひろげて赤紫蘇を散らします。
    赤紫蘇は梅干しに入っているアレですよ。もちろん梅干しをたたいてのばしても。

    細切りにしたアボカドを手前に並べ、ラップを使ってきつめに巻きます。

  2. フライパンで胡麻油を熱し、豚肉の巻き終わり部分を下にしてじゅっと焼きつけます。巻き終わり部分が焼きかたまったら、優しく転がしながら全体に焼き色をつけましょう。

    バルサミコ酢・少量のお醤油を合わせてじゅっと回しかけ、とろりとするまで少し煮詰めながら豚肉に充分からめて冷ましておきます。




【酢飯で巻きましょう、キャベツで巻きましょう、そして仕上げましょう】
  1. 巻きすの上に大きめにカットしたラップをひろげ、酢飯を薄く均一の厚さにひろげます。
    豚肉ロールを中央辺りに置き、巻きすごと両端を持って豚肉を包み込むような形で酢飯で豚肉を巻きましょう。

    形を整えたら、しっかりとラップで包み直して再度巻きすで巻きます。3ヶ所程をきっちりと輪ゴムで留め、形が落ち着くまでしばらくおきましょう。

  2. 巻きすの上にラップをひろげ、用意しておいたキャベツを丁寧にひろげます。フライパンに残ったバルサミコ酢ソースを少し温めてゆるめ、キャベツに細く散らしてみましたよ。

    手前の方にラップを除いたご飯をおき、きつく少し巻いてから両端を中に折り込みます。最後まできつくしっかり巻き切り、先程と同じくしっかりとラップで包み直しましょう。

    これを巻きすできつめに巻き、数ヶ所を輪ゴムで留めて数分おきます。
    ご飯とキャベツがなじんだら巻きすを除き、ラップごとパンナイフで切り分けましょう。
    ラップを外してお弁当箱へ。











アボカドがほんの少しだけあまりましたよ。

なので副菜は、これを使ってズッキーニと自家製新玉ねぎのピカタに。

マヨネーズ入りの卵衣が、さくさくっとした食感でズッキーニと新玉ねぎによく合うの。

新玉ねぎならではのみずみずしさも魅力的。
美味しいのよ。




  1. ズッキーニは皮を縞にむき、厚さ8センチ程の輪切りに。
    玉ねぎは縦半分に切って根元を除き、爪楊枝を垂直にさしてから厚さ1センチ程に切ります。
    卵・少量のマヨネーズ・塩コショウをもったりするまでよく溶き混ぜておきます。

  2. アボカドに極少量のレモン汁をまわしかけ、フォークでざっくりつぶします。
    ここにあられ切りにしたプロセスチーズ・粒マスタードを加えて混ぜ、茶こしで小麦粉をふった1の野菜に少量乗せます。ズッキーニは2枚ひと組にしてサンドしましょう。

    もういちど茶こしで全体に小麦粉をふります。余分な粉をはたき落として卵にぐぐらせ、油をひいて熱したフライパンに次々並べ入れていき両面焼きましょう。

    片面が焼けたら残った卵液を少しフライパンにたらし、その上に裏返した野菜を乗せるって要領で。粗熱をとり、玉ねぎの爪楊枝を外してお弁当箱へ。










近頃お気に入りのスパイス、カルダモン。ホールで買い求め、ほぼ毎日この香りを楽しんでおります。

本日は、カルダモン風味のほんのり甘い人参サラダ。
ハチミツの甘味と、カルダモンの風味を活かしたサラダです。

我ながら・・・
なぁ〜んて美味しいのでしょう!

カルダモン好きなら是非!の美味しさ。私は好きですよ、この味。



  1. 小ぶりな人参2本に対し、ホールのカルダモン5〜6粒。尖った先端にハサミでちょんっと切れ目を入れて半分に割りましょう。

    種子を取り出してすり鉢に移し、粗めにつぶしておきます。
    人参は千切りにしてビニール袋に移し、カルダモンの莢・ふたつまみ程のお塩を加えて軽くふり混ぜます。袋の空気を抜き、全体がしんなりするまで数分おきましょう。
  2. つぶしたカルダモンの種子に、白ワインビネガー・ハチミツ・オリーブオイル 各大さじ1を加えてよく混ぜ合わせます。
    しんなりした人参をここに移し (絞る必要はありませんよ) 、カルダモンの莢を取り除いて和えます。時々上下を返し、充分なじませて出来上がり。











地味ぃ〜だけど、意外と美味しかったスープ。

冷凍してある “木の芽” と “なめこ” に、青大豆を組み合わせてみました。

木の芽をスープに・・・やや不安でしたが美味ですよ。


  1. 青大豆はひと晩たっぷりのお水に浸けておきます。浸け水ごと中火にかけ、沸騰したら弱火にしてアクを除きながら20分程茹でます。そのまま冷ましておきましょう。
  2. お鍋に凍った状態の木の芽を崩し入れます。
    ここに胡麻油を加え、極々弱火にかけてゆっくりじっくり炒めて香りを引き出しましょう。

    1の青大豆を茹で汁ごと加え、濃いめにとった鰹だしも加えます。ナンプラー・極少量のウェイパーで味付けをし、再度沸騰したら凍った状態のままなめこも加えましょう。
    なめこに火が通れば出来上がり。






週にいちどのアボカドディ
やっぱり巻きモノは落ち着くわぁ・・・


アボカドとキャベツで、緑鮮やかな太巻き寿司。
豚肉・バルサミコ酢・ほんのちょっとのお醤油・・・鉄板だわね。

残った極少量のアボカドで。
ズッキーニと自家製玉ねぎのピカタ。
今の時期ならではの玉ねぎ、みずみずしくて美味しい!

近頃お気に入りのカルダモン。
人参とカルダモンの爽やかサラダ。

意外や意外の美味しさ。
木の芽・青大豆・なめこのスープ。

降りますねぇ・・・情け容赦なく降っていますねぇ、雨。これぞ梅雨っ!ってばかりにねぇ。
畑に行って、エンドウ収穫したいのだけど・・・この雨じゃぁ無理ね。
玉ねぎだって掘ってきたいのだけど・・・この雨じゃぁ無理ね。

でも、きっとこの雨でさつま芋がしっかり根付いたハズだわ。ちょろぎだって。
え?ちょろぎ??

今年は、初めて “ちょろぎ” に挑戦してみますのよ。そして、年末の黒豆に添えますのよ。
自家製ちょろぎの甘酢漬け。
私の野望は、すでに梅雨も真夏の灼熱地獄もくぐり抜けているようであります。


posted by しんさん at 16:44 | Comment(0) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。