2011年05月28日

主人のお誕生日ディナー

こんにちは、居眠り番長です (-_-)zzzzZZZZ


・・・・・・・って、何故なのかしらねぇ。何故にこぉいつもいつも寝こけてしまうのかしらねぇ。
今年の主人の誕生日は水曜日。運悪く、お店の定休日に重なってしまいました。
それ故、少々延期して昨日金曜日にお誕生日ディナー。行って参りました、ラーモニーさん。
そして、またまた私いつものように寝こけてしまいました。お恥ずかしい・・・本当にスミマセン。



スタートはSALON。
旧ラーモニーさんの最後のディナー。涙まじりで飲んだヴィンテージ、同じ95年でスタート。

彼のお誕生日には何故だかSALON、いつもSALON。一種の験担ぎね、彼にとっては。
この重厚で地味な感じが良いのですって。






軽くスモークした海ます、ぷりっとした車海老、フォアグラ、マリネ・・・
おもちゃ箱みたいな楽しいお皿。どこから崩して参りましょうか、ねぇ主人。

ホワイトアスパラの季節が終わり、青々としたグリーンアスパラにバトンタッチ。
涼しげなアスパラガスのムースに香ばしさが加わった可憐なお皿。

鮑のステーキは、ブルーチーズのソースで。まだまだ元気ですわよ、私。

シェフのお料理って本当に美しい。
きんきのポアレの美しいこと!アスパラソバージュの愛らしいこと!つくづく美味しい・・・

鴨は、うんと煮詰められた赤ワインのソースで。
この辺りでSALONが終了し、Au Bon Climat (オー・ボン・クリマ) をグラスで頂く。
ふたりで楽しむ食事・ワインのペースとしては、極めて良い感じ。

・・・そしてこの後、いつものようにデザートとなったワケなのですが。






本当にねぇ、何度も申し上げますが・・・なぜ寝こけちゃうのかしらねぇ。
昨晩は、かなり派手に寝こけていた様子。

帰りのタクシーの中では、すっかり復活して主人に聞いてみました。
今までずっとずっと疑問に思っていたことを。



私: 『ねぇねぇ、私ってばどれくらいの時間寝こけているの?』
彼: 『うぅ〜ん・・・トータルして40分くらいかなぁ』
私: ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私: 『ねぇねぇ、じゃその間あなたは何しているの?』 
彼: 『うぅ〜ん・・・困ったなぁって思いながら、仕方がないからぼぉ〜っとしているよ』
私: ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



私、遅寝早起きの生活を改めることをここに誓います。
ごめんなさい、マダム。出入り禁止にしないでね。


posted by しんさん at 16:09 | Comment(0) | 旅行とお出かけの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。