2011年05月24日

お豆腐と麻婆ご飯のサンドイッチ

先日の日曜日。
根尾の伯母のお家に遊びに行った際、大好きな根尾のお豆腐 “薄墨とうふ” をいっぱい持たせてもらいました。大きな大きな薄墨とうふ。我が家には2丁も割り当てられたのであります。

当日はもちろん冷奴。私は真冬でも断然 “冷奴派” であります。

それに対し、主人の大好きなお豆腐料理と言えば “麻婆豆腐”。
しかも、“丸美屋 麻婆豆腐の素 辛口” しかならぬと、彼なりの どぉでも良い こだわりが。

さて。
今朝の我が家の冷蔵庫の中には、大好きな “薄墨とうふ” がまだ1丁残っておりました。
今日はこれを使ってお弁当を作りましょう。
でも、お弁当に麻婆豆腐丼ってのも・・・とろりとした餡もご飯が吸っちゃうしねぇ・・・

じゃ、こうしまひょ!

ずっしりとめの詰まった “薄墨とうふ” ならでは。
“丸美屋 麻婆豆腐の素 辛口” を混ぜ込んだご飯を、お豆腐でサンドしてみましたよ。
これを溶き卵にさっとくぐらせてこんがり焼き、ピカタ風に仕上げてみました。

後ろにぼんやり写っているのは筍バージョン。
昨日から引き続き、根尾の伯母食材シリーズであります。

ご飯はほんのちょっとでも、がっつりボリューミィですよ。
お腹いっぱいになるわよ。使用した油も意外と少ないのよ。安心して召し上がれ、主人。










  • これがその根尾の “薄墨とうふ” です。とてもどっしりしています。

    樽見鉄道終点 “樽見駅” のすぐ近くの農協さんで買えます。行くと伯母のご近所さんがいつもお漬物や梅干し等をパック詰めしていて、とてもアットホームな雰囲気。



  1. お豆腐は厚さ1センチ程に切ります。
    平らなザルに並べてしばらくおき、水切りをしておきましょう。

    “丸美屋 麻婆豆腐の素 辛口” の主にミンチ部分をスプーンですくい、熱々ご飯に混ぜ込んでおきましょう。筍の水煮をあられ切りにして一緒に混ぜ込んでみました。

  2. お豆腐の表面に茶こしで小麦粉をふり、一方のお豆腐だけにご飯をのせて重ねます。

    ご飯とお豆腐がぴったり密着するようちょいとひと手間。
    ラップで3辺だけをぴったり包み、上からスパチュラをお豆腐の間に差し込んでご飯が平らになるようひろげてあげましょう。
    これをラップでぴったりと包み、このまましばらくおいて落ち着かせます。

    筍はこんな感じ。

  3. 卵に極少量のマヨネーズを加え、もったりするまでよく溶き混ぜます。
    2のラップを外し、崩さないようそっと全体に薄く小麦粉をまぶしましょう。

    ティッシュ等でフライパンに極々薄く胡麻油をぬり、卵液にくぐらせながらお豆腐を並べ入れ全面こんがり焼きます。表面だけでなく側面も忘れず焼いて下さいね。

    ほんの少量残った “丸美屋 麻婆豆腐の素 辛口” をまわしかけ、全体にそっとからめて出来上がり。粗熱がとれたら、包丁で食べやすく切り分けてお弁当箱へ。










伯母が下茹でしておいてくれた筍。今日で使い切ってしまいましょう。

伝統的なお料理は伯母や母親に任せるとして・・・と。
筍の卵味噌焼きです。

卵味噌っつたって、ただ単に残っていた茹で卵を消費したかっただけのお話なんですけどね。

ちょっと甘めの卵味噌が、意外と筍に合うのです。とっても簡単。



茹でて冷蔵庫で保存してあった筍。面倒でなければ、薄い鰹だしでひと煮立ちさせてからお料理するとうんと美味しくなります。市販の筍の水煮も然り。

  1. 茹で卵は卵黄と卵白に分け、卵白は包丁で細かく刻んでボールに移します。ここに卵黄・白味噌・お砂糖・みりん・極少量のお塩を加え、よく混ぜ合わせましょう。

  2. 縦2等分した筍に1を詰め、表面を平らにならしましょう。250度に予熱したオーブンで20分程。表面に綺麗な焼き色がつけば出来上がり。食べやすく切ってお弁当箱へ。











伯母から、冷凍した山椒の葉っぱをたっぷりもらいました。

これを使って、根菜の胡麻山椒和えを副菜に。

便利なんですよ、山椒の葉っぱを冷凍しておくと。

凍っているので、袋の上から軽く揉むだけで細かくなります。そのまま好きな量だけを使うことが出来るのです。



  1. 胡麻は香ばしく乾煎りし、すり鉢に移して細かく擂ります。
  2. 人参・ゴボウはマッチ棒程の細切りに。シイタケも細切りにします。お酒・お砂糖・少量のだし醤油で人参を炒りつけ、しんなりしたらゴボウ→シイタケの順に加えて炒りつけます。
    水気がほぼなくなったら火を止め、冷凍保存しておいた山椒を細かく砕いて加えましょう。再度火をつけて軽く炒りつけて水分をとばします。

    1に加え、極々少量のマヨネーズと共に和えます。











これまた伯母野菜。

本日のスープは、伯母が育てた小松菜で。




ニンニク・玉ねぎをじっくり弱火で炒めたところに、ざく切りにした小松菜を加え軽く炒めます。ここにスープストックをひたひたに注ぎます。


ここで冷凍里芋も加え、里芋がやわらかくなったら極少量の白味噌を加えて火を止めましょう。牛乳を加えてバーミックスでピューレ状に。

再度弱火にかけ、お好みの濃さになるよう牛乳でのばしてぐらぐら煮立たせないように軽く温めます。塩コショウで味を調えて出来上がり。





主人、42歳最後のお弁当であります。
ヘルシーで良いんでない?


“丸美屋 麻婆豆腐の素 辛口”、ちゃんと使ったわよ。
麻婆ご飯のお豆腐サンド。
ひと手間加えて、ピカタにしてみましたの。

冷蔵庫にころんっとあった茹で卵。
お味噌を混ぜて、筍の卵味噌焼きにしましたよ。

山椒の香りがとてもよろしい。
根菜とシイタケの胡麻山椒和え。

本日のスープは、小松菜のポタージュ。
伯母の小松菜、とってもやわらかくて美味しいの。

そうだった、そうだった・・・明日は主人の誕生日だった・・・
25日、おこづかいがもらえる日だとばかり思っていたら。誕生日だったわ、そうだったわね。

・・・とりあえず歯医者に行ってくるわ。やばいぞ、急がねば!


posted by しんさん at 13:10 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。