2011年05月19日

パスタなの?生春巻きなの?

お家で食べる分にはとても美味しいのに、お弁当の主食としては向かないもの。
数々あれど、思い浮かぶ物のひとつに “パスタ” があるのでは。もちろん例外もあるけどね。

ぽってりとソースを吸った麺がお団子みたくなっちゃったりなんかして。
かと言って、油を多く使えばお弁当箱の底にぞっとするような油の水溜まり。
・・・いえね、高校生時代の私のお弁当のことなのですけどね。

でも、今日はどうしてもパスタを主食にしたかったの。少し残ったパスタを消費したかったの。
ならばどうするか。
答えは簡単。自らお団子状態にしてしまえば良いのよ。こんな風にしてね。

近頃お気に入りのカザレッチェ。くるんっとS字にカーブしたその断面が特徴のパスタです。
ショートタイプが多いのだけど、我が家にあるのはロングタイプ。
もっちりした食感で濃厚ソースによく合います。その形故、ソースがよくからんで美味しいの。

そのカザレッチェを、濃厚なアボカドソースと一緒にライスペーパーで巻いちゃいましたよ。
言うなればパスタの生春巻き。蕎麦寿司のオマージュってとこかしら。

生春巻き同士がくっつかないよう、ラップで包んでお弁当箱に入れます。
ぱくっとひと口で食べられるよう、小さめにカットしてありますよ。

本日アボカドディ。
今週のアボカド料理は・・・う〜ん、パスタなの?生春巻きなの?どっちなの?ぱくっとどうぞ。










  1. これがカザレッチェ。
    指定の時間よりやや短めに茹でてザルにあけておきましょう。

  2. 胡麻油とみじん切りニンニクを弱火にかけ、じっくりニンニクの香りを引き出します。
    アボカドの形の良い部分を飾り用にくし切りにし、レモン汁をまぶしておきましょう。
    フライパンに残りのアボカドを加え、ざっくりつぶしながら軽く炒めます。だし醤油・白味噌で味付けをし、別皿に移しておきます。

    フライパンを洗わず、茹でておいたパスタを軽く炒めます。

  3. きつく絞ったぬれ布きんの上に、さっとぬるま湯にくぐらせたライスペーパーを置きます。2等分したカザレッチェを並べ、両端を押さえるように三つ葉の茎部分・軽くレンジ加熱した人参を並べて上にアボカドソースをたっぷりあしらいましょう。
    少し離れたところに、三つ葉の葉っぱ部分・飾り用のアボカドを並べます。

    最初に手前数センチのところを折ってから、きつめに巻きます。途中で両端を折り、飾りのアボカドと三つ葉がずれないよう指で押さえながら最後まで巻き切りましょう。
    これをラップでぴったりと巻きますが、開き口が分かりやすいようラップの巻き終わり部分は数回折り曲げておきます。これで短気な主人でも、いらっとすることなく食べられます。

    ラップごと食べやすい大きさに切り分けて出来上がり。
    包丁を使うより、パンナイフを使った方が綺麗にカット出来ますよ。











あら・・・
忘れていたわ、フードストッカーの中に “スルメ” が。

きっと良いおダシが出るわ!
と、言うワケで。
お酒にひと晩浸けて戻したスルメを、キャベツで巻いてじっくり煮込んでみましたよ。

ロールキャベツ、肉なしスルメバージョンってところね。
やや貧相な感じは否めないけれど、意外と美味しいのよ。



  1. スルメはハサミで細く切ってボールに移し、ひたひた量のお酒を注ぎひと晩おきます。
    ついでに干しシイタケも一緒に戻してしまえ!

  2. キャベツはしんなりするまでレンジ加熱し、ザルにひろげて粗熱をとります。芯のかたい部分を包丁で削いでひろげ、スルメ・シイタケ・芯部分・軽くレンジ加熱した人参をのせてロールキャベツの要領で巻きます。人参は型抜き人参の切れっぱしなので形がイビツですが・・・

    これをお鍋に移し、全体が充分浸かる量の鰹だしを注ぎます。薄口醤油・みりんで味付けをし、沸騰したら隙間を埋めるように高野豆腐を加えましょう。
    高野豆腐は、予め ぬるま湯で戻したものをひと口サイズに切って使います。

    中央に穴をあけたキッチンペーパーを落とし蓋にし、じっくり弱火で煮て充分味を煮含ませて火を止めそのまま冷ましましょう。
    ザルに並べて自然に煮汁を切り、食べやすい大きさに切り分けてお弁当箱へ。










残った干しシイタケ・残った人参の切れっ端を使ってもうひと品。

スルメの戻し汁で炒りつけた切り干し大根です。美味しいですよ。

切り干し大根を戻す時は、お水を張ったボールの中でごしごし洗い、水を切らずにそのままビニール袋に移します。軽く空気を抜いて口を閉じ、10〜15分程待てばOKです。

お好みの長さに切ってお料理に。










本日のスープは、青大豆と型抜き人参です。



何てことない・・・
ひと晩お水に浸けておいた青大豆、アクを除きながらやわらかく茹でたところに お水やお酒・少量の調味料を足して軽くレンジ加熱した型抜き人参を加えるだけ。


とっても簡単なのに、大豆の茹で汁の旨みでとっても美味しく仕上がるのです。





ヘルシーなんだけどもりもり。
久しぶりに蓋が閉まらないわ。

アボカドソースのカザレッチェ。
ライスペーパーで巻いてしまえば、お弁当にだって問題なしだわね。

旨味凝縮のスルメをお酒で戻し、ロールキャベツに。
見た目で侮るなかれ。とっても美味しいのよ、これ。

お酒で戻した干しシイタケ。
切り干し大根と一緒に炒め煮に。

本日のスープは、青大豆と型抜き人参のスープです。
豆の茹で汁を使ったスープって、素朴で本当に美味しい。

・・・・・・・・・・とまぁ、以上 昨日 の我が家のお弁当でありました。

だって酷いのよ、ホームページビルダーさんったら。
さぁ今日も書き終わったぞ、UPするぞ!って段階で、勝手に終了しちゃうんですもの。
この子のこうゆうとこも熟知しているから、ちゃんと保存しつつ書いていたのに・・・それも無視。

それからは、何だかついていないことばかりが私の身にふりかかり、凹んでおった次第です。

スカイプレッスンではちょいとしたトラブルで頭が真っ白になり意味不明の言語を連発させ、実家に行けば菜箸消失のため短い箸でお料理をさせられ (熱いっての)、態度の悪いセールスに立腹し、挙句の果てには大切にしていたワイングラスを派手に割ってしまい・・・あぁ!

でも1日経ったらすっかり元通り!
折角だからと、昨日のお弁当をUPする図々しさは健在ですよ。


posted by しんさん at 17:07 | Comment(0) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。