2011年05月10日

イマイチ冴えないキャベツ巻き・・・

連休だからなんやらと言い訳をし、ずっとずっと10日以上お弁当作りをサボっておりました。
いけないわ!今日作らねば、この先ずっとお弁当作りから遠のいてしまうわ!

・・・というワケで、実に久方ぶりに作ってみましたよ お弁当。
気力イマイチ、冴えイマイチ。でも、相変わらず野菜だけはもりもりです。はい、本日の主食。

・・・・・・・・うぅ〜ん、本当にイマイチだわ。連休中は殆どお料理しなかったものね。
やや黒ずみが目立ち始めた春キャベツで、太巻き寿司なんぞ作ってはみたのですが・・・・・

なんだか違うわ、美しくないわ。
キャベツと薄焼き卵の間の乾海苔がボロボロで、美しくないことこの上なし。こりゃだめだ。

かつての、朝からべーグルって日が戻ってくるのでありましょうか。10日間お弁当作りをサボったツケは、想像以上に大きなものであった様子。数日間は己の怠け心との戦いを覚悟せねば。

あぁ、出来ることならば今すぐごろんっと横になりたいわ。すっかり怠け体質ね、私。










普通のお米に雑穀米ミックスを少々足し、雑穀ご飯を炊き上げて酢飯を作ります。さっと炙った乾海苔の上に薄焼き卵をひろげ、巻き終わり部分を1センチ程あけて酢飯を均一にひろげましょう。


次に酢飯の上に具を並べていきます。
セロリは茎の部分を細切りに、葉っぱ部分はざく切りにします。
人参は、型抜き人参の切れっ端を使用。さっと軽くレンジ加熱したものを細切りに。
他には、奈良漬け・プロセスチーズなんざを具にしてみましたよ。

これを手前からきつめに巻きます。
いったん巻きすを外し、ラップでしっかりと包んでから 再度巻きすで巻いて形を整えましょう。
輪ゴムで2〜3ヶ所を留め、15分程放置して具と酢飯を落ち着かせます。


この間にキャベツを茹で、ザルにひろげて冷ましておきましょう。


キャベツが冷めたら芯の部分を削ぎ切り、表面の水気をしっかりと拭き取ります。
巻きすを開き、この上に数枚のキャベツを均一の厚さになるようひろげて鰹節を散らします。
極少量のだし醤油をまわしかけ、ラップを除いた巻き寿司を手前に置いてきつく巻きましょう。

再度ぴったりとラップで包み、巻きすできっちり巻いて形を整えます。
2〜3ヶ所を輪ゴムで留めてしばらくおき、キャベツとご飯がなじめば出来上がり。

さっとお水にくぐらせたパンナイフで、ラップごと切り分けましょう。
そっとラップを外してお弁当箱へ。











むぅ〜ん・・・・
なんだかどぉ見ても、美味しそうには見えないわねぇ。

シイタケのカサに帆立のすり身を詰め、薄味仕立てにしてみたのですが・・・むぅん・・・


帆立の貝柱・極少量の白味噌をバーミックスですり身状にし、少量の片栗粉を加えてよく混ぜ合わせておきます。


シイタケの軸部分をひねり取り、カサの内側に茶こしで片栗粉を薄くふります。
ここに帆立のすり身を詰め、更に茶こしを使って全体に片栗粉を薄くふりましょう。余分な粉は払い落しておきます。

軽くレンジ加熱した型抜き人参・濃いめにとった鰹だし・お醤油・お酒・みりんを中火にかけ、煮立ったら弱火にして人参を煮含めます。次いでそっとシイタケを煮汁の中に並べ入れます。
中央に穴をあけたキッチンペーパーを落とし蓋にし、じっくり煮含めれば出来上がり。

ザルの上に並べ、煮汁を切ってからお弁当箱へ。










農協朝市で見つけた “こごみ”
アクの少ないこごみは、とってもお料理しやすい山菜のひとつ。

さっと色良く茹でて、シンプルにおかか和えにしてみました。おかか・だし醤油と和えるだけの簡単料理。

こごみだけではあまりに少量だったので、やわらかなサヤエンドウも一緒に。初夏を思わせるミドリミドリのおかか和えです。




もちろん鰹節は、削りたて。鰹節を削る作業にも少しずつ慣れてきて、変に力を入れず楽に削ることが出来るようになりました。

何かと忙しい朝ですが、鰹節を削る音とこの香りは やはり心が落ち着きます。










本日のスープは、緑大豆と韓国海苔のスープです。

いえ、何てこたぁない・・・緑大豆をことこと茹でた中に、くず野菜をぶち込んで韓国海苔をちぎり入れたってだけのスープなんですけどね。





これが余計な味付けなんて不要で、意外と美味しいのです。
入っているのは、型抜き人参の切れっ端やら、シイタケの軸部分。まさにくず野菜。

ひと晩お水に浸けた青大豆を浸け水ごと中火にかけます。浸け水が少なくなっているようならお水を足して下さいね。煮立ったら弱火にし、大豆が充分やわらかくなるまで20分程茹でましょう。

途中茹で汁が減ってきたら濃いめにとった鰹だしを補充し、適当なところで人参とシイタケの軸も加えます。最後に韓国海苔をちぎり入れてひと煮立ちさせ、ゴマをひねり入れて出来上がり。
味が薄いようなら昆布茶等で調整を。






10日ぶり・・・いや、それ以上か?
久しぶりのお弁当はややボロい。


主食は春キャベツの太巻き寿司・・・
だけどなぁ〜んだか薄汚いわ。
主人は美味しいって言っていたけれど。ホント良い人ね。

シイタケのホタテ詰め。
はんぺん!と主人に評価されてしまいました。とほほ。

こごみはシンプルにおかか和えに。
鰹節を削る作業がしたかったら、これにたどり着いたってワケでは・・・

本日のスープは、青大豆と韓国海苔のスープ。
簡単だけど美味しいのです。
水煮でなくぜひ乾燥大豆から!大豆の茹で汁がポイントだもの。

むぅ〜ん・・・まぁ出来たには出来たが、どぉじゃ!この出来は!!って感じかしら。
まぁそれでも徐々にカンが戻ってくることでしょう。お弁当作りのカンがね。
連休中、まともに料理もせず遊び呆けていた代償はかなり大きなもののようですな。うん。

とりあえず・・・と。
今日の夕ご飯は、野沢精肉店さんの串カツにしましょうか!ねぇ、主人。
キャベツたっぷり刻んでね。電話して、熱々の串カツをおばちゃんに揚げてもらいましょう。

だめだ。怠けグセは等分抜けそうにないぞ。


posted by しんさん at 13:59 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。