2011年04月19日

久しぶり!主人大好きご飯のキッシュ

お天気の良い週末の昼下がり。
小さなビストロのカウンターにふたり並んで座り、ロンググラスにはややきつめに冷やしたスパークリングワインやカヴァ。白いお皿には、ちょっとしたサラダと小さめにカットしたキッシュ。
ボリュームをしぼった囁くようなヴォサノバ。

人混み苦手な私たちの正しい週末の過ごし方。こんな風にぼけ〜っと過ごすのが好きです。
食べ物の好みがなかなか合わない私たちにおいて、キッシュは数少ない和合の象徴。

さて!さくさくパイ生地・タルト生地のキッシュはお店にお任せするとして・・・と。
我が家のキッシュはこんなん。食べたいなぁ・・・って時、ちょちょいと出来る我が家のキッシュ。

我が家の定番、ご飯のキッシュです。パイ生地であるべきクラフトに、ご飯を使ってありますの。
だって、昨日作った “コシアブラの炊き込みご飯 ” で冷凍庫がいっぱいだったんですもの。

冷凍ご飯で作る我が家のキッシュ、ご飯のあり合わせキッシュ。本日のお弁当の主食よ。
フィリングには、春キャベツと白菜の菜の花がたっぷり。
ルッコラの香りとぴりりとした風味、全体にしみたレバーペーストの旨味。
主人憶えていたのかしら・・・取り寄せたは良いけれど数ヵ月放ったらかしのレバーペースト。










以下の分量で直径18.5センチのタルト型1個分です。

【まずは下準備】
  • 発酵バター10グラムを溶かします。底が抜けるタイプのタルト型に丁寧にぬり、全体に薄くパン粉をはたいておきましょう。溶かしバターの残りは後ほど使いますよ。
  • 冷凍ご飯は室温に戻して解凍し、レンジで軽く温めておきましょう。
  • 春キャベツはお塩を加えた熱湯でさっと茹でてザルにあけ、芯部分はそぎ切り・葉っぱ部分はざっくり大きめに切っておきましょう。白菜の菜の花も同じように茹でます。冷水にとり、冷めたらすぐ根元を揃えて引き上げ しっかり水を絞ってざく切りに。
  • オーブンは200度に予熱しておきます。



【クラフトの下焼きまで】
  1. ボールに卵を溶きほぐし、粗熱をとったご飯 300グラム・小麦粉 大さじ1を加えてよく混ぜ合わせます。用意しておいた型に移し、ゴムべらで1〜1.5センチの壁を作るようにしながらタルト型に整えましょう。
    今回コシアブラの炊き込みご飯を使っています。白いご飯の時は、軽く塩コショウを。
  2. 200度に予熱したオーブンで10分焼きます。これで下焼き完了。冷ましておきます。



【フィリングを流し入れて焼きましょう】
  • オーブンは200度に予熱しておきましょう。
  1. 卵 1個・マヨネーズと牛乳 各大さじ1・ナツメグと塩コショウ適量。以上をボールでもったりするまでよく溶き混ぜ、キャベツと菜の花を加えてよくからめます。

  2. 1を粗熱がとれたご飯クラフトの窪みに流し入れ、軽く底を数回打ち付けて卵液を全体に行き渡らせましょう。しっかり水気を切ったルッコラをざく切りにして上に散らし、残っていた溶かしバターをまわしかけます。レバーペーストも適当にちぎって散らします。

    200度に予熱したオーブンで15〜20分。
    全体にうっすら綺麗な焼き色がつくまで焼きましょう。

    挽きたての黒コショウをたっぷり!冷めたら型から出し、切り分けてどうぞ。










本日のレバーペーストは、静岡県掛川市の “大石農場ハム工房” さんのもの。
レバー臭さが全くなくて、とっても美味しいの。

でもねぇ・・・
これを主人が取り寄せしたのっていつだっけ?で、いつから冷凍庫にあったっけ?

残った分は、マッシュルームに詰めてオーブンで焼きましょう。火を通せば良いんじゃない?



  1. レバーペースト・みじん切りにした新玉ねぎ・大きめに刻んだパセリ。以上をよく混ぜ合わせます。
  2. 近所のスーパーで見つけた立派なマッシュルーム。茶こしで小麦粉を薄くふり、ゴムべらを使って1をこんもりと盛ります。クッキングシートを敷いた鉄板に並べ、220度に予熱したオーブンで焼くこと10分。黒コショウをたっぷり挽いて出来上がり。











おそらく今シーズン最後、My畑のホウレン草。 削りたての削り節で和えて、シンプルに頂きましょう。

削り始めだから、削り節って言うより鰹節粉になっちゃったけど。
でも、だんだんと鰹節を削る姿も様になってきましたよ。

調味料なんて殆ど使わずとも、本当に美味しいの。
ホウレン草にワケギの食感をプラスして、ホウレン草とワケギの胡麻おかか和えです。


  1. ホウレン草は、お塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとります。熱がとれたらすぐ根元を揃えて引き上げ、しっかり水をしぼっておきます。ワケギは白い部分と青い部分に分け、白い部分から時間差でさっと茹でます。こちらはザルにひろげて冷まします。
  2. 胡麻を乾煎りしてすり鉢に移し、食感が残る程度に軽く擂ります。1にだし醤油を少量回しかけて軽く揉み込み、揃えて巻きすに並べてしっかりと絞ります。
    食べやすい長さに切り揃え、すり鉢にほぐしながら加えて和えれば出来上がり。

    味が薄いようならお醤油を少量足して下さいね。










本日のスープは、人参・押麦・パセリの豆乳スープです。

やわらかく煮込んだ人参にパセリの風味、つぶつぶっとした押麦が美味しい優しい味のスープです。

この食材ラインナップなら、体にもお肌にも優しいハズ。



  1. あられ切りにした人参・たっぷりめのお水・コンソメキューブを中火にかけ、煮立ったら弱火にします。キッチンペーパーの中央に穴をあけて落とし蓋にし、人参が充分やわらかくなるまで弱火でことこと煮ましょう。
  2. キッチンペーパーを除いて押麦を加え、やわらかくなるまで20分程煮ます。お好みの量の豆乳を注ぎ入れ、煮立てないよううんと弱火で温める程度に煮て塩コショウします。火を止め、パセリの葉っぱ部分を適当にちぎり入れて出来上がり。






久しぶりのご飯のキッシュ。
主人、レバーペーストなくなったわよ


冷凍ご飯で作るご飯のキッシュ。
バター控えめ、生クリーム不要。
・・・人はこれをあり合わせといふ。

主人が大事に冷凍しておいた “大石農場ハム工房” さんのレバーペースト。
・・・絶対忘れているぞ、コヤツ。
“もずのはやにえ” 状態のレバーペースト。有り難く平らげましょう。

有次さんのかつお箱。
鰹節を削る行為が楽しくて楽しくて・・・
削りたて鰹の胡麻おかか和え。自家製ホウレン草とワケギでね。

本日のスープは人参・押麦・パセリの豆乳スープ。

スカイプ英会話レッスン、続いていますよ。

英会話レッスンにありがちなロールプレイが苦手なので、常にフリートーク。しかもいつも同じ先生に予約をするので、もともと文法的にぐっちゃぐちゃの私の英語が更に加速した感じ。
気さくな先生と、すっかりお友達状態になってしまった。

先生: 土曜日何してたの?
私: 京都に行ってかつお箱買ってきたんだ。ずっと欲しかったんだ。
・・・先生、日本の伝統的な小道具に目がキラリ。スカイプの前で実演をする私。

先生: じゃ、日曜日は何して過ごしたの?
私: 私の実家で、よもぎ餅ついて食べた。中に餡子いっぱい入れてね。
・・・先生、かつて食べたことのある “モチ” が大のお気に入りのご様子。
その後、モチトークで大いに盛り上がる。そうか!これが女子トークってやつなのか?

1レッスン25分、鰹節と餅のお話で声がかれる。
まぁ少なくとも英語に対しての警戒心は解されたことでしょう、これで。

・・・主人、本当にこれでいいのでしょうか私の英会話レッスン。
オードリー・ヘプバーン演ずるアン王女如く、上品な会話が出来る日は来るのでしょうか。


posted by しんさん at 12:48 | Comment(0) | お弁当日記 〜 お米消費メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。