2011年04月05日

海老そぼろの薔薇巻き寿司

昨日のこと。器用に鋭く踵を返す黒ネコを見かけました。
私の運転する車の前に飛び出しかけ、『うぉっ、危ねぇっっ!』 と言わんばかりに。拍手もの。

すまんかった・・・とでも言いたそうに私を見ぃ見ぃ去る黒ネコにホッとしつつ、ちょっとほのぼの。
ほのぼのついでに本日の我が家のお弁当。ほのぼの遊んでしまいましたよ。

ムンクじゃありません、『叫び』 じゃありません。薔薇です。
海老そぼろと薄焼き卵で、大輪の薔薇を作ってみましたよ。薔薇なんですよ、薔薇。

きっと主人は、これが薔薇を意味しているとは気づかなかったでしょう。
『うわぁ、今日のお弁当も綺麗だねぇ!どぅみぃ (私のこと) すごいねぇ、綺麗だねぇ』
・・・でも薔薇とは言わなかったものね、あなた。ちっ。

ちょっと甘めの海老そぼろで作る薔薇の巻き寿司ムンク風。
本日の我が家のお弁当、ほのぼのとした主食でございます。










【意外と簡単 薔薇太巻き寿司・まずは海老そぼろ】
  • お手頃な冷凍むきエビを使います。130グラム程を解凍しましょう。
    面倒ですが背ワタを除き、お酒を少量加えた熱湯でさっと茹でてザルにあけます。

    これを小鍋に移し、お酒とみりん 各大さじ1・お塩少々を加えてバーミックスでピューレ状にします。弱めの中火にかけ、4〜5本のお箸で絶えず混ぜながらそぼろ状になるまで水分をとばして火を止めます。極少量の食紅で色をつければ出来上がり。

    色付けの食紅は極々少量に。真っ赤っかの海老そぼろってヘビーですものね。



【薔薇を作りましょう、太巻きを作りましょう】
  1. 卵 1個を溶きほぐしたところに極少量の水溶き片栗粉を加え、丈夫な破れにくい薄焼き卵を焼きます。冷めたら海老そぼろを点々とひろげ、手前からゆるめに巻きます。

    海苔の手前と向こう1センチ程を残し、酢飯を薄く均一にひろげて薄焼き卵を真ん中におきます。その両脇には、さっと湯掻いて醤油洗いをした菜の花を。

  2. 巻きすを持って両端から薔薇を包み込むように巻きます。形が決まったらもういちどしっかりと巻きなおし、輪ゴムで巻きすの3ヶ所程度をきつめに留め、しばらくおきます。

    ご飯と具が落ち着いたら巻きすを外し、切り分ければ・・・

    ほら!薔薇よ薔薇。薔薇ってことにしておいて頂戴。
    パンナイフをさっとお水にくぐらせれては切る・・・包丁より簡単ですよ。










きびなごです。

本日の主菜は、きびなごの南蛮漬けです。

揚げていませんけどね。でも、立派に南蛮漬けでしたよ。少なくとも、優しい主人はそう認めてくれた様子でしたもの。

やや甘めの甘酢がとろりとからんで、美味しいったら美味しいったら。


  1. 綺麗に洗ったきびなごの水気を切り、少量のお酒とお塩をふりかけてしばらくおきます。さっとお水で洗い、水気をしっかりと切りましょう。これを更にキッチンペーパーで挟んでしばらくおき、表面の水気をしっかり除いておきます。
  2. 人参は千切りにし、少量のお塩をふってしんなりするまでしばらくおきます。さっと塩気を洗い流し、キッチンペーパーで包んで水気をしっかりと絞っておきます。
    トマトは湯むきし、縦4等分します。これを更に8ミリ程の厚さに切ります。
    新玉ねぎは薄切りにし、ほぐしておきましょう。
  3. 大きめのお鍋に、お酢 大さじ3・だし醤油とお砂糖 各大さじ2・みりんとお酒 各大さじ1・小口にした鷹の爪 適量を入れます。ここに薄切りシイタケをたっぷり加え、ひと煮立ちさせて火を止めます。2を加え、全体をざっと合わせておきます。

  4. 1のきびなごに薄く片栗粉をまぶし、油をひいたフライパンでこんがり焼きます。焼けたものから熱々の状態で次々3に加えていきましょう。

    しばらくおいて味をなじませれば出来上がり。マリネ液とろりで美味しいの!










本日のスープは、具沢山 丸っと玉ねぎのスープ。

小ぶりな玉ねぎを、くたくたになるまでじっくり煮込んだ大好きなスープです。

ゆり根・押麦・三つ葉ももりもり加え、ボリューム満点のスープになりましたよ。



  1. 玉ねぎの皮をむき、お尻部分に十文字の切れ目を入れて軽くレンジ加熱します。これをお鍋に移し、たっぷりのお水・コンソメキューブを加えて中火にかけ、煮立ったら弱火に。中央に穴を開けたキッチンペーパーを落とし蓋代わりにし、ことことひたすら煮込みましょう。
  2. この間に、ほぐしたゆり根をやや多めのお塩を加えた熱湯でさっと茹でてザルにあけておきます。玉ねぎが崩れる程やわらかくなったら押麦を加えます。押麦が充分やわらかくなったらゆり根・三つ葉の軸部分を加え、さっと温める程度に煮て火を止めます。

    味をみて必要ならば塩コショウして器に盛り、三つ葉の葉っぱ部分をあしらいます。





あらら?主人気付いた?
今日は副菜なしなのよ


主食は薔薇の太巻き寿司。
薔薇は薄焼き卵と海老そぼろで。甘めの海老そぼろ、主人好みでしょ?

きびなごの南蛮漬け。
これも主人の大好物。
越えられぬお義母さんの味を目指さねば!

丸っと玉ねぎのスープ。
押麦・ゆり根・三つ葉がたっぷり。食べるスープ。

以前から聞いていましたよ。主人の大好物、お義母さんの作った小アジの南蛮漬けだって。
今回、私初挑戦!
まぁ小アジじゃないけどね、きびなごだけどね。その上、揚げていないけどね。

じっくり漬け込んだ南蛮漬け。我ながら良い出来だわ。朝食にも。
主人も気に入った様子。もりもり食べております。山程あった南蛮漬け、ほぼ完食。

そしてその時テレビのニュースが。

茨城県北茨城市の平潟漁協は4日、同市沖で1日に採取されたコウナゴから一キログラム当たり四〇八〇ベクレルの放射性ヨウ素を検出した。
1キロ当たり447ベクレルの放射性セシウムも検出されており・・・・・・

あらららら・・・

主人、ちなみにこれはキビナゴだからね。平気だってば・・・
さ、今日はこまごまとした用事を済ませないとね。ちょいと早弁してお出かけの準備しなきゃ。


posted by しんさん at 10:43 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
薔薇の巻き寿司!
きびなごの南蛮漬け!
玉ねぎ丸っとスープ!

ちょっと寄ってみましたら、しんさんのアップしたてのほやほや記事が。
きゃー嬉しい。
おまけにどれも画面に手を差し入れてつまみ食いしたいものばかり。
しんさんって本当にクリエイティブですね。

それにしても放射性物質・・・
消費者はもちろんですが、漁業に携わる方達は大変ですね。。。

禁断の夜更かしをしてしまいくしゃみの止まらない梅*でございます。

それでは、またお邪魔しますね。


Posted by 梅* at 2011年04月05日 11:38
こんばんは、梅*さん。夜更かし大好き しん でございます。
明朝の不安を大きく心に抱きつつ、夜更かし続行中です。まだまだ寝ませんことよ(笑)

近頃は暖かくなりましたよ。今日(・・・いや、昨日ですね)の日中なんて、道路脇の温度計は20度を示していましたから!
夜更かしの必須アイテムだった どてら・履く毛布・もこもこ靴下も、今となっては不要です。桜の名所では、今週末お花見で大賑わいでしょうね。

さて。日々更新を心待ちにしております梅*さんのお便り。
毎度じぃ〜んときたり ほろりときたり ぷぷっと吹き出したり・・・はたまた王子の心をがっしり鷲掴みにするお料理を想いヨダレをそっと拭いてみたり。

そしてまぁなんてことでしょう!

数時間前、夕食にカレーを作ったのであります。
その際開封したマンゴーチャツネの今後の行く末に不安を感じていた私の前に梅*さんのサンドイッチ記事。そうか!チキンか!!サンドイッチか!!!

梅*さん、こぉ〜れぇ〜はぁ〜っ!何かのテレパシーかしら(え?違うの?)
これよこれ!近日中に必ずや真似っこさせていただきましょうぞ。
Posted by しんさん→梅*さんへ at 2011年04月08日 02:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。