2011年03月25日

おからもりもり!アボカド・ベイクド・チーズケーキ

我が家の冷凍庫。常備されているもののひとつに “おから” があります。
50グラムずつ小分けして冷凍し、必要とあらば自然解凍してあれこれ活躍させております。

さて。
たいした額の募金も出来ない、特別な知識や資格があるわけでもない・・・そんな私がささやかながら今出来るとしたら、買い占め等に走らないこと。
己の意志の弱さは重々承知。お買い物に行けばきっとその決意も揺らぐことでしょう。なのでお買い物をちょっとだけ控え、出来るだけお家にあるものでお弁当作りを楽しんでおります。

常に冷凍保存してあるおからを使い、今朝はこんなん作ってみましたよ。

週に一度のアボカドディ。
美容効果抜群のアボカドをもりもり食べて、夫婦共々美人さんになろうって日。
日曜日の朝市で購入したアボカドが熟してきましたので、本日アボカドディに決定!
おからもりもり アボカドもりもり、美人さんに近づくしっとりベイクドチーズケーキですよ。

ボールと泡立て器 (電動に限りますが・・・) があれば出来ちゃう簡単チーズケーキ。
がぁ〜っと泡立てて型に流し、後はオーブンにブチ込むだけ!
仕上げに冷蔵庫の隅に鎮座している “自家製柚子練り” をぬって、はい!出来上がり。

今現在お米の在庫がない我が家。あ、いえいえ、きっと買いに行けばあるんです、この辺りは。
でも、これはこれでまぁいいかな?って。無理にお米を買いに行くこともないかな?って。

冷凍庫の整理だ何だと、呑気なことを言っていられるこの環境にも感謝しないとね。
おからとアボカドがたっぷり入ったお手軽簡単ベイクドチーズケーキ。
本日の我が家のお弁当、主食でございます。










17×17センチの角型ひとつ分です。

【下準備】
  • クリームチーズ 150グラムと卵 2個を室温に戻しておきます。
  • ケーキ型に型の大きさに合わせてクッキングシートを敷いておきます。
  • オーブンは190度に予熱しておきましょう。
  • アボカド 1個を縦2等分して種を除き、更に縦2等分して皮を除きます。
    半分はトッピング用に1〜1.5センチ厚さに切り、レモン汁 小さじ1をまぶしておきます。半分は生地に混ぜ込む分用として、適当な大きさに切っておきます。




【作り方】
  1. 大きめのボールでクリームチーズを攪拌します。クリーム状になったら卵 2個・お砂糖 50グラムを加え、全体がもったりするまでひたすら泡立て器で混ぜ合わせましょう。
    次いで混ぜ込み用のアボカド・おから 100グラム・牛乳 大さじ3・コンデンスミルク 小さじ2・ベーキングパウダー 小さじ1を加え、泡立て器でしっかりと混ぜ合わせます。

  2. 1を型に流し込み、型の底を数回打ち付けて軽く空気をぬきます。トッピング用のアボカドを並べ、ついでにボールの底に残ったレモン汁もまわしかけてしまいましょう。
    コンデンスミルクを全体に細く細くしぼり、190度に予熱したオーブンへ。

    温度を素早く180度にして30〜35分。全体に綺麗な焼き色がつくまで焼きます。オーブン庫内から取り出し、ケーキの表面全体に刷毛で柚子練りをぬって仕上げましょう。

    柚子練りは、ぬりやすいよう少量のお水でのばしておきます。
    柑橘系マーマレード等でも代用できますよ、きっとね、多分ね。










はい、主菜です。主食のチーズケーキに合うか否かなんて、全く考えておりませんが主菜です。

油揚げに里芋ピューレをぬり、シイタケを並べてマヨネーズをしぼってオーブンで焼いてみましたよ。

まぁ言ってみればお酒のつまみですな、こりゃ。
意外と主人が喜んだのには、ちょっとびっくりです。



  1. 冷凍里芋を沸騰したお湯に投入し、やわらかくなるまで茹でます。
    茹で汁をしっかり切り、マッシャーでつぶして白味噌・少量のだし醤油を加えて滑らかに混ぜ合わせておきましょう。
  2. 油揚げは3辺を切り落とし、菜箸を転がしてそっと開きます。1を表面全体にぬり、クッキングシートを敷いた鉄板の上に並べます。薄切りシイタケを並べ、マヨネーズを細くしぼってオーブントースターか高温に熱したオーブンへ。

    マヨネーズにうっすらと焼き色がつき、油揚げがかりっとするまで焼けば出来上がり。
    食べやすいよう切り分けてお弁当箱へ。










自家製のホウレン草。冷凍人参と一緒に、胡麻和えにしましたよ。

和え衣には、ペースト状になるまでしっかりと擂った胡麻と “こぼれ梅”。

もち米使用の本みりんを造った後に残る絞り粕、これがこぼれ梅。
甘くてそのまま食べても美味しいの。

・・・お酒弱い人は酔っぱらうけどね。





  1. 白胡麻を乾煎りしてすり鉢に移し、ペースト状になるまで擂ります。ここに白味噌とこぼれ梅を加え、更にすり混ぜて和え衣を作りましょう。
  2. ホウレン草はさっと茹でて冷水にとり、根元を揃えて絞ります。少量のだし醤油をまわしかけ、巻きすに包んでぎゅっと絞り食べやすく切り揃えてほぐしましょう。
    冷凍人参は凍った状態のまま軽くほぐしてお鍋に移し、少量のお酒で水分がとぶまで炒りつけ極少量の胡麻油をふります。これらを和え衣で和えれば出来上がり。











本日のスープ。自家製聖護院大根のミルクスープです。

ひたすら煮たところに牛乳を加えるだけの簡単スープ。


皮をむいて軽くレンジ加熱した聖護院大根は、たっぷりのお水と中火にかけます。


煮立ったら弱火にしてコンソメキューブを煮溶かし、中央に穴をあけたキッチンペーパーを落とし蓋代わりにしてことことことこと煮ます。

大根が充分やわらかくなってスープが半分程度になるまで煮詰まったら少量のバターを落として牛乳を加え、沸騰させないようもうしばらくそっとそっと煮ましょう。仕上げに水で溶いたコーンスターチを加えてとろみをつけ、お塩・黒コショウで味を調えて出来上がり。





あら、このチーズケーキ美味しい!
残った分は冷凍しましょ!っと


主食はおからたっぷりのベイクドチーズケーキ。
本日アボカドディにつき、アボカドもりもり。

さくさく油揚げに里芋ピューレ。
お酒のつまみのような主菜。

たっぷりの胡麻とこぼれ梅で作る和え衣。
ホウレン草と人参の和えもの。

本日のスープは自家製聖護院大根のミルクスープです。
こんなミニサイズの聖護院大根、自家製ならではよね。

知恵があるやつは知恵を出せ
力があるやつは力を出せ
金があるやつは金を出せ
自分は何も出せないよというやつは元気を出せ

BY 松山千春

最後、『汗を出せ』 じゃぁなくて 『元気を出せ』 ってのが何だか好き。
よしっ!今日は金曜日。久しぶりに飲みますか!主人。

posted by しんさん at 22:22 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。