2011年03月10日

やわらか春色♪切り餅で作る栗大福

何か行事があるとすぐ、やれお餅だ!やれお赤飯だ!とお祭り魂を燃やす実家の母親。

お餅大好き・お赤飯大好きな主人。お餅屋さんから届いたばかりの艶々のお餅を見せようものなら、暴走するのは火を見るより明らか。なので、その日食べる分以外は全て即日冷凍保存。

我が家の冷凍庫に、年間通して十中八九冷凍お餅が存在するのはこんな理由から。
冷凍庫がいっぱいになると、思い出したかのようにお餅主食のお弁当が登場します。
ほら、こんな風にね。

冷凍切り餅を使った大福餅。
栗ご飯にでも・・・と、根尾の伯母がくれた冷凍栗があったので栗大福にしてみましたよ。
春らしく、お餅はほんのり桜色。やわらかぽにょぽにょなお餅の感じ、写真で伝わるかしら。

大福主食のお弁当。いいんじゃない?いいんじゃない?主人が喜んでくれるのなら。
冷凍切り餅&冷凍栗で作る春色栗大福。本日の我が家のお弁当、甘党主人が喜ぶ主食です。










【まずは栗餡を作りましょう・裏ごしなしの簡略版です】
  1. 皮をむいて冷凍保存しておいた栗を凍ったままお鍋に入れ、全体が充分かぶる量のお水を注ぎ入れます。クチナシの実 1個をお茶パックに入れてビンの底等で軽く叩き砕き、お鍋に加えてやや弱めの中火にかけましょう。

    煮立ったら弱火にし、丁寧にアクを除きながら20分程煮ます。クチナシの実を取り除いてザルにあけ、しっかりと水切りをした状態で計量します。今回は180グラム。

  2. お鍋を綺麗に洗い、栗の2割〜3割重量分のお砂糖とお水を弱火で煮溶かします。今回はお砂糖・お水 各40グラムで。

    煮立ったら栗を加えて弱火で煮詰めます。煮汁が少し残っている状態でみりん 大さじ1・お塩ひとつまみを加えてひと煮立ちさせ、火を止めてバーミックスでピューレ状に。

    やわらか過ぎるようなら、弱火で練り混ぜて少し水分をとばせば大丈夫。但し、冷めると幾分かはかたく仕上がりますよ。
    手で触れられる程に冷めたら、ほんの少し手の平をお水で湿らせて丸めておきます。






【お餅で栗餡を包みましょう】
  • お餅は2切れで120グラム程。冷蔵庫に移し、自然解凍しておきます。
    この分量で、小ぶりな大福が6つ出来ます。
  • 茶こしを使い、バット一面にコーンスターチをやや厚めにふっておきます。

  1. お餅をさいの目に切って、レンジOKのボールに移します。ここにお水 大さじ2・お砂糖 大さじ1を加えて軽く混ぜ、ふんわりとラップをして500Wのレンジで30〜40秒、 お餅が充分やわらかくなるまで様子をみながらレンジ加熱します。

    レンジ庫内から取り出し、しゃもじをお水にくぐらせながら練り混ぜましょう。滑らかになったら再度ラップをし、30秒程レンジ加熱します。
  2. 1にコンデンスミルク 大さじ1・お水で溶いた食紅適量を加え、更によく練り混ぜます。食紅は極少量を極少量のお水で溶き、爪楊枝の先端でちょんちょんっと加える要領で。

    ラップをして、最後のレンジ加熱を同じく30秒程。よく練り混ぜましょう。
    こんなに滑らかな生地になりますよ。

  3. 2をボール内でひとまとめにし、コーンスターチをひろげたバットの上に移します。指先を軽くぬらしながら薄く均一にひろげ、上にも茶こしでコーンスターチをふりましょう。

    余分な粉をハケで払い、コーンスターチをふった包丁で6等分して栗餡をのせます。
    お餅の切り口を中に折り込むようにしながら包み、裾の部分は両手で包むようにしながら栗餡の下側にまわし込ませます。

    余分な粉をハケで払い落せば出来上がり。











最後に残った大根の尻尾部分。 規格外野菜として売られていた小さな小さな人参。

シイタケ・玉ねぎ等をバルサミコ酢で煮詰めたソースを上に。バルサミコ酢をがっつり効かせたオーブン焼きにしてみましたよ。

人参、美味しいっ!



  1. 人参と大根は皮をむき、縦2等分して軽くレンジ加熱します。これをお鍋に移し、たっぷりかぶる量のお水・コンソメキューブを加えて中火にかけましょう。

    煮立ったら弱火にし、キッチンペーパーの中央に穴をあけて落とし蓋代わりにして10分程ことこと煮てザルにあけ、煮汁を切ります。この時の煮汁は、後ほどスープに。
  2. みじん切りにしたニンニク・シイタケ・玉ねぎをオリーブオイルでじっくり炒めます。ここにバルサミコ酢と少量のお醤油を加え、水気がほぼなくなるまで煮詰めましょう。

  3. 鉄板の上にアルミホイルを敷き、その上にふんわりと丸めたアルミホイルを数ヶ所に置いてクッキングシートをひろげます。丸めたアルミホイルを台にして大根と人参の断面を上に向けて並べ、とろけるタイプのチーズを散らしてバルサミコ酢ソースを。

    200度に予熱したオーブンで20分程焼いて出来上がり。
    油断してバルサミコ酢ソースを焦がさないよう・・・焦げていても非常に分かり辛いのですが鼻を目いっぱい利かせて。










近頃お気に入りの “ゆり根”。

本日は、黒豆・カボチャ・茹で卵と一緒にヨーグルトドレッシングで和えてみました。

これ美味しいっ!
もちろん主人もお気に入り。

ただ、唯一残念ポイントを挙げるなら。主人曰く、“茹で卵の白味” と “ゆり根” の区別がつかないこと!ですって・・・あ、そぉ。



  1. 黒豆はひと晩たっぷりのお水に浸けておき、浸け水ごと中火にかけます。煮立ったら弱火にし、丁寧にアクを除きながら20分程茹でてそのまま冷ましましょう。
    ザルにあけて茹で汁を切っておきます。もちろん茹で汁は後ほどスープに。

    カボチャは冷凍カボチャを使用。ラップをしないで串がすっと通るくらいにレンジ加熱し、ザルにひろげて水分をとばします。さいの目切りにしておきましょう。

    固茹で卵は横2等分し、更に縦4等分します。

    ゆり根は根っこ部分を包丁で取り除き、ばらばらにほぐします。多めにお塩を加えた熱湯で食感が残る程度にさっと茹でてザルにあけ、冷ましておきましょう。
  2. ヨーグルト 大さじ3・マヨネーズ 大さじ1・ハチミツ 小さじ1/2・レモン汁とお塩 各適量に黒コショウをたっぷりと挽き入れ、泡立て器でしっかり混ぜ合わせます。
    1の野菜を加えて和えれば出来上がり。











人参と大根を煮たコンソメスープ、ヨーグルトドレッシング和えで使った黒豆の茹で汁。

捨てませんよ。
捨てられませんよ。

見た目はコンクリート汁のようですが、意外と優しい味わいで美味しいの。冷凍ゴボウのポタージュですよ。


  • 根尾の伯母の冷凍ゴボウ。ささがきにしたゴボウをお水にさらしてアク抜きをし、しっかりお水を切って冷凍保存。しっかり水を切ってから冷凍すれば、袋の上からすりこ木等でたたいて必要分だけほぐし、凍ったままお料理に使えます。便利!

  1. 包丁の腹でつぶしたニンニクをじっくり弱火で炒めます。香りがたったところで薄切り玉ねぎを投入。同じくじっくりじっくり炒めましょう。
  2. 玉ねぎがねっとりした感じになってきたら、冷凍ゴボウを凍った状態のままほぐして加えます。さっと炒め、油がなじんだところで黒豆の茹で汁・人参と大根の煮汁を加えます。煮立ったら冷凍里芋を凍った状態のまま加えましょう。

  3. 里芋が充分やわらかくなるまで煮込んだら、少量の白味噌を煮溶かして火を止めます。牛乳を少量加えてバーミックスでピューレにし、再度弱火にかけて牛乳でお好みの濃さにのばして軽く温めます。軽く塩コショウして出来上がり。





お弁当の主食が大福・・・
なんでも
アリな自由な家風ですの

ほんのりピンク色、冷凍切り餅で作る栗大福。
解凍されて大福になったと思やぁ、作り過ぎた分はまた冷凍保存。
・・・さぞ心外でしょう。切り餅にしてみれば。

大根の尻尾部分・小さな規格外人参を使って。
バルサミコ酢を効かせた大根と人参のオーブン焼き。

しゃくっとしたゆり根を期待して茹で卵だと、結構ショックなんですって。
ゆり根・黒豆・カボチャ・茹で卵のヨーグルトドレッシング和え。

黒豆の茹で汁・野菜の煮汁をリサイクル。
ゴボウと里芋のポタージュです。
黒豆の茹で汁ってなんて美味しいんだろぉ!真っ黒でちとビビるけどね。

これ美味しいっ!
副菜のヨーグルトドレッシング和えを朝食で食べ、主人は目を細めました。

マヨネーズ大好きな主人は、マヨネーズの味がする!と大喜び。
いや、それ程入っていないんだけどね マヨネーズ。ホント、マヨネーズには敏感だこと。

前述のように唯一の残念ポイントは “ゆり根” と “茹で卵” の区別がつかないことだとか。
“ゆり根” だ!と食べると実は茹で卵。
しゃくっとした食感を期待して、ふにゃっとした食感だとものすごぉ〜くがっかりするのだとか。

・・・・・・・・知りません、そんなこと!


posted by しんさん at 16:37 | Comment(0) | お弁当日記 お餅を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。