2011年02月25日

ネギ塩山椒とアボカドがびっしり!ちょっとズルした炊飯器パン

あれれ?
お弁当作って、主人送り出して・・・ちょいと眠いわ、軽く仮眠でも・・・って起きたら・・・

1時ですか!お昼過ぎですか!!

ダメだ、まだ頭ボケボケだわ。とりあえず・・・と。ちゃんと作りましたよ、今週最後のお弁当。
はい、どぉ〜ん!こちらがその主食ですよん。

久しぶりに “炊飯器パン” を主食にしてみましたの。本日は、やや中華っぽい仕上がりに。
ふんわり胡麻油の香り。パン生地の中には、粉山椒とお塩で味付けしたネギとアボカド。

発酵から焼成まで、全てを “炊飯器” で行ってしまおう!という “炊飯器パン”。
・・・とまぁ、本来ならば!ね・・・ちょいとズルして、最後はオーブンに頼っちゃいましたけどね。

ネギ塩山椒風味、アボカドたっぷりの炊飯器パン・・・いや、ほぼ炊飯器パン。
お寝坊するわ、お昼寝するわ、トンデモネー寝太郎妻が手掛ける今週最後のお弁当。
どぉぞ主人、がっつりお召し上がり下さいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふわぁぁぁ〜、それにしてもよく寝たわね。










以下の分量で、3合炊きの小さな炊飯器1つ分。3人分ってところかしら。


【まずは、こねる・丸める・一次発酵まで】
  • 強力粉と薄力粉 各40グラムをボールに入れ、泡立て器で混ぜ合わせておきます。
  1. 大きめのボールで、お砂糖 小さじ1を やや熱めのお湯 大さじ3で溶きます。ここに合わせておいた粉類の半量を加え、泡立て器でしっかりと混ぜ合わせましょう。更にインスタント・ドライイースト 小さじ1/2を加え、同じく泡立て器でしっかり混ぜ合わせます。
  2. 1のボールに、残り半量の粉類・お塩 ひとつまみ・ラード 10グラムを加えます。最初は指先で全体を掻くように混ぜ合わせ、徐々に手の平で捏ね混ぜていきましょう。
    ボールに生地がつかなくなり、ひとつにまとるまでしっかり捏ねたら台の上に。

  3. 生地全体に艶が出るまで10分程、しっかり捏ねたら生地を丸く整えます。炊飯器の内釜にティッシュ等で極々薄く油をぬって生地を入れ、霧吹きで軽くお水を吹きかけます。

    炊飯器の保温スイッチを押して5分。保温スイッチを切って55分おきましょう。
    これが一次発酵。ほらほら!しっかりとふくらみましたよ!人指し指に粉をつけてフィンガ―チェック。10秒数えても穴が戻らなければOK。一次発酵終了です。

    生地を内釜から出し、両手で挟んで平らにして空気を抜きます。
    前後左右に生地を折りたたみ、閉じ口をつまんで丸く形を整えましょう。
    きつく絞ったぬれ布巾をかぶせ、10分間のベンチタイムをとります。



【ベンチタイムの間に、具の準備をしましょう】
  • アボカド 1/2個分の果肉を取り出し、小口切りにしたネギ・粉山椒・お塩を加えてフォークでアボカドをつぶすようにしながらよく混ぜ合わせておきます。




【成形・二次醗酵・焼成まで一気にいっちゃいましょう】
  1. ベンチタイムが終了した生地を、大きめにカットしたラップで挟みましょう。
    めん棒で直径18センチ程の円形にのばし、生地の周囲部分を残して表面に胡麻油をぬります。胡麻油の上に具を均一にひろげ、手前からきつめに巻いてしっかり指でつまんで閉じます。中の具がはみ出ないよう、左右の両端もしっかり閉じましょう。

  2. 生地を軽くねじりながら渦巻き状に形を整え、手の平にのせて優しく上下からつぶします。ぬれ布巾をかけて5分程生地を休ませたら、内釜の底の大きさに合うようめん棒でのばしましょう。極々薄く油をぬった内釜に入れ、霧吹きでお水をしゅっとひと吹き。
    保温スイッチを押して5分、保温スイッチを切って10分。これが二次醗酵です。

  3. 生地がふくらんだら炊飯スイッチを押します。スイッチが切れるまで約40分。指で押してみて、指の跡が残るようならまだ焼き不足です。もういちど炊飯スイッチを押しましょう。

    炊飯スイッチを押し直す際、生地をひっくり返しても。

    やっぱり焼き色が欲しいわ・・・って場合は、今朝の私のようにオーブン仕上げで。
    40分経って炊飯器のスイッチが切れたら、パン生地の表面にオリーブオイルをスプレーして210度に予熱したオーブンへ。設定温度を200度にして13〜15分。

    ちょっとズルした “炊飯器パン”。
    アボカドたっぷり、美容効果抜群だもの。さぁ主人、一緒に美人さんになりましょうね。










先日作ったイノシシレバーペースト

たくさん出来たので、ココット皿に入れて冷凍してあります。これでひと品。

シイタケとレバーペーストのオーブンコロッケ。

レバーペーストにアボカドや玉ねぎを加えてシイタケに詰め、オーブン仕上げのコロッケに。


パン粉はほんのり色づくまで乾煎りし、冷ましておきます。
シイタケは軸を取り除き、カサの内側に茶こしで薄く小麦粉をふります。

レバーペーストに少量の生クリームを加えてねり混ぜ、詰めやすいかたさにします。
みじん切り玉ねぎ・アボカド・ナツメグ・極少量のカレーパウダーを加え、アボカドをつぶすようにしながら混ぜ合わせてシイタケに詰めましょう。

全体に小麦粉をふって、溶き卵、乾煎りパン粉の順にまぶして鉄板の上に。オイルスプレーでオリーブオイルをひと吹きし、220度に予熱したオーブンへ。10分焼けば出来上がり。

大きめに切った人参をキッチンペーパーで包み、さっとお水にくぐらせます。これをふんわりラップで包み、レンジ弱でじっくり休み休み加熱します。表面の水気を拭き取って、同じように小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶしてオーブンへ。甘くて美味しい人参フライ・・・もどきの出来上がり。










根尾の伯母特製の沢庵を使って。
沢庵と白菜の胡麻おかか和え。
簡単で美味しいひと品です。


乾煎りした白胡麻をすり鉢に移し、胡麻の食感が残る程度に軽く擂ります。

繊維を断ち切るように細切りにした白菜をしんなりするまでレンジ加熱し、ザルにひろげて冷まします。
キッチンペーパーに包んで水気を絞り、細切り沢庵・極少量の胡麻油と共にすり鉢に加えて和えれば出来上がり。










本日のスープ。

じっくり炒めた冷凍バジルが良い香り!
大根・茶大豆・押し麦の具沢山ボリュームがっつりスープです。

毎度のことですが・・・
これはもはや具沢山スープと言うよりも、完全に煮物ですな、煮物。



茶大豆はひと晩たっぷりのお水に浸けておき、浸け水ごと中火にかけます。煮立ったら弱火にし、アクを除きながら20分程茹でてそのまま冷ましておきましょう。

冷凍バジルを凍った状態のまま粉々に砕いてお鍋に入れ、オリーブオイルを回しかけてじっくり弱火で炒めます。バジルの香りがしてきたら、茶大豆を茹で汁ごと加えてたっぷりのお水を注ぎます。乱切り大根・コンソメキューブも加え、キッチンペーパーで落とし蓋をしてことこと煮込みましょう。途中お水が減ってきたらお水を足し、充分煮込んでから押し麦を加えます。

押し麦がやわらかくなったら塩コショウし、味を調えて出来上がり。





今日も長丁場でしたぁ!
読まれる側もお疲れ様でしたぁ


久々の炊飯器パン・・・いや、最後にオーブン使ったけどね。
写真を撮った時、まだ熱々で包めなかったんだ・・・
山椒風味のネギ塩、アボカドがたっぷりです。

イノシシレバーペーストを使って、シイタケ詰めフライ。
ほんの少量のカレーパウダーで、ややレバー苦手な私でもうんと食べやすく。

根尾の伯母特製沢庵で。
白菜と沢庵の胡麻おかか和え。

じっくり炒めたバジルがポイント。
本日のスープは、バジル風味の大根と茶大豆のスープです。

毎日の健康は、質の良い睡眠から。

『これだけ毎日毎日眠てー眠てー言っているのは、何か病気に違いあるめぇっ!!』

心配して下さった某マダム、非常に嬉しゅうございました。
今のこの忙しい時期を乗り越えれば、私の安眠もあっさり戻ってくることでありましょう。

頑張れ!この時期を乗り越えれば何処にだって遊びに行けるんだぞ、頑張れ!
・・・真っ昼間から寝太郎のアタシが言うこっちゃないけどね、はい。


posted by しんさん at 16:24 | Comment(2) | お弁当日記 〜 アボカドを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しんさんこんにちは。

炊飯器パン、
こ、こ、これです私が求めていたものは!
パン作りに挑戦してみたものの、
発酵の段階でいつも悩んでいました。
いくつかの方法を試したけれど、
温度がどれくらいで、どれくらいふくらめばよいのか、
本やネットの情報だけではどうもわかりづらくて。
うちのオーブンや電子レンジに発酵機能のような親切なものがついているはずもなく、
妹に聞いてみて、そうかー、やっぱパンは難しいんだな、
独学でパンづくりなんてやはり無理なのかなあ、としょぼくれていました。

しかしここに希望の光発見!
これは試す価値ありそうですね。
しんさんありがとうございます^^

ところで実は私も、そんなに眠いのは
体のどこかに不調をかかえておられるからではないのか、
過労ではないのかと案じておりました。
無理せず、ご自愛くださいね。

Posted by 梅* at 2011年02月26日 01:16
おはようございます、梅*さん。
日本は正に三寒四温。昨日は4月下旬の陽気、今朝はまた真冬に逆戻りの寒さです。。。

そしてそして・・・なんとっ!
私のインチキ炊飯器パンが、梅*さんのパン試練に一筋の光明ですって?!?!なんたる光栄!と同時に、ちょっとビビり。大丈夫かしら、私のこのいい加減な炊飯器パンで・・・参考になるのかしら。

だってだって、私、あのしっかりとふくらんだ美味しそうな“シナモンロール”の画像、しっかりと目に焼きついておりますもの。
あ、でも一次発酵の時のあの感動は、炊飯器パンなら間違いないかも・・・朗報、お待ちしております^^

そして、小さな声で打ち明けますが・・・

眠い原因は、王子のi・bi・ki(笑)
ごぉ〜がぁ〜っと怪獣のようなコレが原因です。

堂々と記事に書いてしまうと彼のイメージも崩れるかしら・・・かと言って、変にオブラートに包んだ書き方をすると精巧なコンピューター検索に引っ掛かって桃色コメントが来るかしら・・・と肝心な原因をすっ飛ばしておりました。

日中のお昼寝で充分過ぎるほど補充しております。ご心配おかけしました。
でも、やっぱりちょっと嬉しかったりして。梅*さん、心配してくれてありがとう・・・^^

Posted by しんさん→梅*さんへ at 2011年02月26日 07:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。