2011年02月24日

栃餅と里芋餡の焼き大福

昨晩も、うんと遅くまでテレビを見てしまいました。この上なく真剣に見入ってしまいました。
でも、今朝はお弁当作りましたよ。ややお寝坊気味だったのは否めませんが、作りましたよ。

本日の我が家のお弁当、久しぶりに “お餅” の登場です。
いつだったか、根尾の伯母が持たせてくれた “栃餅(とちもち)” を使って。

栃餅で作る焼き大福ですよ。
お餅にピーナッツを混ぜ込んだもの、ピーナッツなしのプレーンなものと2種類。
本当はピーナッツでなくて胡桃が良かったんだけど・・・まぁ、これも美味しかったからいいや。


丁寧にアク抜きをした “栃の実” を混ぜ込んだ栃餅は、根尾の伯母の十八番料理。
茶色がかって、ほんのりした独特の苦味が特徴の栃餅には、辛めのお味噌が合うのです。

でも何と言っても一番の食べ方は、やわらかく茹でた里芋をちょっとつぶして栃餅の上にのせ、お味噌をぬって香ばしく炙って食べる・・・伯母に教えてもらったコレですよ、これ。


そんなワケで!本日の栃餅大福の中には、甘い餡子の代わりに里芋餡を。
冷凍して常備しております伯母特製の “きゃらぶき” を刻んで、たっぷり入れてみましたよ。
伯母に教えてもらった里芋&お味噌とは、あまり関連がないようにも思われますが・・・ね。

伯母十八番の栃餅、伯母特製のきゃらぶき、伯母自慢の里芋。
同郷の食べ物ばかりでまとめたこの焼き大福、美味しくないハズがないわ!ねぇ、主人。










【まずは里芋餡を作りましょう、そして丸めておきましょう】
  • 多めのお水を煮立ててお酒を少量たらし、冷凍里芋を凍った状態のまま投入します。
    串がすっと通る程になったらお湯を捨てて中火で水気をとばします。火から下ろしてつぶし、刻んだきゃらぶき・白味噌・ハチミツを加えて混ぜ、5等分して丸めておきます。




【お餅で里芋餡を包みましょう、そして焼きましょう】
  • ピーナッツを細かく刻んでおきます。
  • バットにコーンスターチをひろげておきましょう。
  1. 栃餅 1切れ (約130グラム程) を薄切りにしてボールに入れます。お水 大さじ4・お砂糖 大さじ1.5を加えて軽く混ぜ、ラップをして500Wのレンジで1分30秒〜2分加熱します。お餅がとろりとやわらかくなっていればOK。ボールを傾けて軽くお湯を捨て、ハチミツ 小さじ1/2を加えてお水で湿らせたしゃもじでよく練り混ぜましょう。

    こんなにびよぉ〜んと伸びるんですよ。


  2. 手をお水でぬらしながらお餅をちぎり、平たくしてコーンスターチの上におきます。半量には刻んだピーナッツを混ぜ込んで。用意しておいた里芋餡を包んで丸め、全体にコーンスターチをまぶしてやや平ら気味な円形に整えましょう。

  3. 厚手のフライパンにティッシュ等で極々薄く油をぬり、中火で温めます。大福の余分な粉を充分払い落し、更に刷毛で丁寧に粉を落としてから両面こんがりと焼きましょう。

    表面をかりっと焼いてあるので、意外と持ち運びがしやすいのです。
    お餅好きの主人、反応はいかに・・・










本日は、トコトン根尾の伯母繋がりで参りますよん。

テレビ番組で紹介されて、一時は秘かなブームにもなりました 大根餃子です。

スライスした大根で、伯母特製の沢庵を包んでみましたよ。



皮をむいた大根を厚さ2〜3ミリにスライスし、お塩をふってしばらくおきます。大根がしんなりしたらお塩を洗い流し、布きんで表面の水気をしっかり押さえて並べておきましょう。

みじん切りにした沢庵とシイタケ・鰹節・梅こぼれ・極少量のだし醤油をボールで混ぜ合わせます。これを大根の上にちょこんっとのせ、茶こしで大根の縁辺りに小麦粉をふりましょう。

大根を半分に折り、小麦粉を糊代わりにしてくっつけます。
ティッシュ等で胡麻油をぬったフライパンで、両面こんがり焼けば出来上がり。

“梅こぼれ” は、本みりんを造った後に残る搾り粕。具がばらばらにならないよう、つなぎの代わりに使いました。鶏挽肉やお魚のすり身なんかでも、いけるんじゃないかしら・・・










伯母にもらった青大豆。 今日は、ひよこ豆や茶大豆とサラダに。

先日スーパーで、ふと目にとまったゆり根を加えてみましたよ。

しゃくしゃくのゆり根がこりゃまた美味しいの!
主人、止められない止まらないのお気に入りリストに仲間入り。


青大豆・ひよこ豆・茶大豆は、ひと晩たっぷりのお水に浸けておきます。


浸け水ごと中火にかけ、煮立ったら弱火に。
アクを丁寧に除きながら20分程茹でて、茹で汁に浸けたまま冷ましてザルにあけます。
大豆やひよこ豆の茹で汁は、ほんのり甘くて美味しいの。スープに使うので、捨てませんよ!

ゆり根はおがくずを丁寧に払い落し、縦半分に割ります。根の部分を包丁で切り取り、ばらばらにほぐして綺麗に洗い、多めのお塩を加えた熱湯で軽くさっと茹でてザルにあけます。

オリーブオイル 白ワインビネガー 粒マスタード 各大さじ1・ハーブ塩と黒コショウ 適量をよく混ぜ合わせてドレッシングを作り、豆類とゆり根を加えて和えれば出来上がり。











本日のスープ。

副菜の豆の茹で汁に濃いめにとった鰹だしを足し、大ぶりの乱切りにした人参をことことことことことことことこと煮ます。

押し麦を加え、押し麦がやわらかくなったら少量のナンプラーで味付けを。


これ以上ない程シンプルなスープ。でもこれがまた美味しいんだ。





伯母の味を私流にちょいとアレンジ。
根尾の食材もりもりですよん


久しぶりにお餅を使った主食。
栃餅で作る焼き大福。中には、きゃらぶき入りの里芋餡。

薄くスライスした大根の中には、細かく刻んだ沢庵が!
大根&大根の大根餃子。さっぱりして意外とイケる!

青大豆・茶大豆・ひよこ豆・ゆり根。
体に美味しいサラダです。

豆の茹で汁をスープに。
とろとろ人参と押し麦のシンプルスープ。

昨晩、遅くまで見ていたのは “戦場のピアニスト”。
BSで放送されていたのを偶然主人が見つけ、ふたり最後まで見入ってしまいました。

ピアニストであり作曲家でもある ウワディスワフ・シュピルマンの体験記を元につくられた、2002年のフランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの合作映画。パルムドールも受賞している作品なので、ご覧になった方も多くいらっしゃることでしょう。

この映画に関しては、私ごときがあぁだこぉだ言う作品ではないと思っております。
そして、人として見なくてはいけない映画のひとつだと思っております。

ラストはアンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズをバックに字幕が流れていくのですが、家のテレビで見ているというのに席を立てない程。ピアノってやはりすごい。

おっと、いけない。約束の時間に遅れてしまいますよっと。ではUPっ!
そして行って参ります。


posted by しんさん at 12:24 | Comment(0) | お弁当日記 お餅を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。