2011年01月31日

チーズ不使用!お豆腐とヨーグルトのヘルシーチーズケーキ風

今朝も真っ白です!さらさらの粉雪ですよ!
無性に静かな雪の中を歩きたくて、マンションの駐車場を一周してゴミを出してきました。
・・・あぁ、ロマンチックじゃないわ。

さて。今週もお家にある食材の消費を心がけ、せっせせっせとお弁当を作って参ります。
本日の我が家のお弁当、はい!主食はこちら。

自称チーズケーキ。
我が家のお弁当においては、ちっとも珍しいこたぁないです。主食がこの類ってのも。


いえね、フードストッカーの中にいつまでもクラッカーがありましてね。
冷凍庫の中には、いつまでもブルーベリーのジャムがありましてね。

あ・・・余談ですが、お砂糖たっぷりのジャムって冷凍してもかたくならないんです。
小分けして冷凍しておくと、これがどぉしてなかなか便利なんですよ。

で、そうそう。これらクラッカーとジャムをどうしても今日使い切ってしまいたくってね。
なのでクラッカーはチーズケーキの台に。ちょいと遊んでジャムで表面にマーブル模様を。

もちろんチーズケーキなんてぇのはウソっぱちで、チーズは不使用です。
主材料はお豆腐と水切りヨーグルト。万年ダイエッターさんでも安心して食べられるのよ。
ね!主人。


1月最後のお弁当、主食は “チーズ不使用だけど自称チーズケーキ”。
・・・かなり低カロリーなハズだもの。うぅ〜ん、仕方がない!主人、3つ入れといちゃる!










泡立ての必要もなし、使う調理器具も少ない、ふるう小麦粉もほんの少量・・・簡単です。
以下の分量で15×15センチの角型セルクル1個分です。


【下準備】
  • ヨーグルト (我が家は超濃厚カスピ海ヨーグルトを使用) 200グラムをフィルターペーパーをセットしたコーヒーフィルターに入れ、冷蔵庫でひと晩おいて水切りをしておきます。
    ひと晩経つと、200グラムだったヨーグルトが140グラムに。
    ヨーグルトから出た水分“ホエー” は美肌の素だもの、独り占めよ。
  • セルクル型の内側に薄くバターをぬります。これをクッキングシートを敷いたバットに置き、クラッカーを並べておきましょう。クラッカーはお好きなように並べてOK。
  • オーブンは190度に予熱しておきます。




【作り方】
  1. 充填絹ごし豆腐ひとパック (150グラム)・水切りヨーグルト・お砂糖 20グラムを泡立て器でしっかり混ぜ合わせます。ここに溶き卵 (1個分) を少量ずつ加えながらよく混ぜ、レモン汁 大さじ1/2・グランマニエ 小さじ1も加えてしっかりと混ぜ合わせます。

  2. 薄力粉 15グラムを1のボールにふるい入れ、泡立て器でしっかり混ぜます。
    薄力粉は少量なので茶こしで充分ですよ。

  3. 2をセルクル型に流し入れるのですが、一気に流し入れると折角並べたクラッカーが流されてしまいます。先ずスプーンいっぱい程のお豆腐生地をそっとクラッカーの上に落とし、クラッカーを固定させてから残りの生地をそっと流し入れましょう。生地の表面にブルーベリージャムと点々と置き、ナイフで円を描くようにしてマーブル模様をつけます。

  4. 3を鉄板の上にのせ、190度に予熱したオーブンに素早く入れます。温度を180度に設定して25分。表面が色づき過ぎるようなら、途中でアルミホイルを被せて焼きましょう。
    焼き上がったらオーブンから出し、しっかり冷まして冷蔵庫に。冷やしてからセルクル型を抜き取り、湿らす程度に軽ぅ〜くぬらした包丁でお好みの大きさに切り分けましょう。

    温かいうちに切り分けると崩れやすいので気をつけて。
    ・・・ね、見た目はチーズケーキでしょ?主材料がお豆腐だって、主人は気付くかしら。










主菜はひよこ豆を使って。

ひよこ豆。いつもはそのキュートな姿を楽しむ料理が多いのですが、今日はざっくりとつぶしてみましたよ。

ほんのり酒粕風味のひよこ豆をシイタケの上にこんもり盛り、レモンマヨネーズ&黒コショウをたっぷりと上に。オーブンでこんがり焼いて仕上げます。



乾燥ひよこ豆 30グラムをざっと洗います。たっぷりのお水にひと晩浸けてふっくらと戻し、浸け水ごと中火にかけましょう。煮立ったらアクを除いて弱火にし、やわらかくなるまで20分程茹でてそのままの状態で冷まします。ザルにあけてしっかりと水を切っておきます。

酒粕 30グラムを小さくちぎり、牛乳 大さじ1を回しかけます。
ラップをして 500Wのレンジで20〜30秒加熱し、軽く混ぜてそのままふやかします。

ひよこ豆をボールに移し、食感が残る程度に粗くつぶします。酒粕・みじん切り玉ねぎ・白味噌・薄力粉 大さじ1を加えてよく混ぜ、内側に茶こしで薄力粉をふったシイタケにこんもりと詰めます。

手の平を湿らす程度に軽く濡らすと、生地が手にくっつきません。濡らし過ぎは厳禁ですが。
マヨネーズにレモン汁を加えてとろりとのばし、たっぷりと上に。更に黒コショウもたっぷり!

230度に予熱したオーブンで20分。こんがり綺麗な焼き色がつけば出来上がり。
なんてったって貧乏性ですもの。ひよこ豆を茹でた茹で汁はスープに使いますよん。










副菜は人参とドライマンゴーのサラダです。本日はシナモン風味で。



人参は千切りに。
少量のお塩をもみ込んでしばらくおき、しんなりしたらキッチンペーパーで包んでぎゅっと水気を絞ります。

ボールにハチミツ・白ワインビネガーをよく溶き混ぜます。人参を加え、オリーブオイルをふりかけて和えます。

ここに細切りにしたドライマンゴーを加え、ざっと混ぜてマンゴーがやわらかくなるまでしばらくおきましょう。シナモンパウダーをふって混ぜれば出来上がり。











鮮やかな緑!
本日のスープはホウレン草です。


ホウレン草 1/2把はお塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとり、根元を揃えて引き上げぎゅっと水気を絞ってざく切りにしておきます。


つぶしたニンニク、薄切り玉ねぎの順にじっくり弱火で炒めます。
玉ねぎがねっとりした感じになったら ひよこ豆の茹で汁・コンソメスープの素・凍った状態のままの冷凍里芋を加え、里芋が充分やわらかくなるまでしばらく煮込みホウレン草を加えます。

ホウレン草の色が悪くならない程度に軽く煮て、白味噌を少量煮溶かし火を止めます。牛乳を少量加えてバーミックスでピューレ状にし、再度弱火にかけましょう。

お好みの濃さになるよう牛乳でのばし、味をみて軽く塩コショウします。
器に盛り、ひねり胡麻をトッピングして出来上がり。





本日の主食=チーズケーキもどき。
あら?何かご不満でも??


良かったわ!
冷凍庫の主と化していたブルーベリージャム、なくなったわ!
チーズ不使用のいんちきチーズケーキ。きっとヘルシー、間違いなくヘルシー。

大好きなひよこ豆をシイタケに詰めて。
レモン風味のマヨネーズソースでこんがり仕上げます。

人参の千切りが好きなんです。何故だか好きなんです。
ドライマンゴー入り、ハチミツシナモン風味の人参サラダ。

本日のスープはホウレン草のポタージュ。
濃ゅ〜い緑がいかにも体に良さそう!

土曜の朝は、お寝坊主人を放っておいて 歩いて数分の距離にある実家で朝食を食べます。
『一軒家は寒くていけねぇ!』 を連発する私に、母がそっと差し出しました。

『2階の箪笥の中にこんな良いものがあったわよ。さぁ娘よ、履いてごらんなさい。ももひきよ。
これで寒くはないわ、こんなにたくさんあったわよ。全部持ってお行きなさいな。』

・・・あの・・・ももひきって・・・おたあさま・・・これってもしかしたら、私が若かりし頃エアロビの時に愛用していたスパッツというモノでは・・・・・・レギンスってことにしておけば、まぁいいか。
それにしても、よくまぁ箪笥の奥にしまってあったものよ。さすが元祖貧乏性。

でも確かに温かいわ、これ。ぴったりしていてアウターにひびかないしね、良い調子だわ。
さ、外は雪だしね。今日はお家に引きこもろう。のんびり煮物でもしようかしらね。


posted by しんさん at 13:57 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。