2011年01月24日

お寝坊OKの伊達巻き巻き

堅物若旦那が、ひと晩で花魁によって反転されてしまう明烏(あけがらす) 時次郎さんのように・・・
棚ボタ兎に味をしめた勤勉農夫が、大切にしてきた畑を荒してしまう童謡 “待ちぼうけ” のように・・・

ハトより早起きだったこの私、二度寝の魅力にすっかり骨抜き。
お寝坊体質になってしまいました!!

あの心地良さ、何なんでしょうね。
『は?お弁当??朝食???は????ナニソレ・・・』 自分につぶやきお布団を被る。
私はこの歳までこの幸せを知らず生きてきたってことですか。なんたる失態、なんたる不覚!

暖かふぁふぁお布団に渋々別れを告げ、昨年迄の力作を懐かしみつつ作る昨今のお弁当。
本日の主食は、はいこちら。

ヤケを起こして、ご飯とロールケーキをドッキングさせてみましたの。
・・・って、もちろんウソです。あ、いえ・・・笑って下さらなくて結構です。申し訳ありません。


日曜朝市で、ついつい卵を買い過ぎてしまったんです。なので、卵とはんぺんで作るお手軽伊達巻きでご飯を巻いてみましたの。伊達巻きで海苔巻きを大胆に巻いてみましたのよ。

はっきり申しまして簡単です。伊達巻きなんて、オーブン仕上げなので放ったらかしでOK。
伊達巻きを焼いている間に、海苔巻きを作ったりおかずやスープや朝食を作れば良いのです。

放ったらかし料理が非常に魅力的に思える冬の朝。
失敗知らずコツ要らずの伊達巻き巻き、本日の我が家のお弁当 主食でございます。










何はともあれ、まずは伊達巻き生地を作ってオーブンにブチ込みましょう。

17×17センチの角型を使います。型に合わせてクッキングシートを敷いておきます。
オーブンは170度に予熱しておきます。

【伊達巻きの作り方と分量】
  1. 卵 3個 ・ お砂糖 大さじ2.5 ・ だし汁とみりん 各大さじ0.5をボールに入れ、ここにはんぺん 1枚 (100グラム) をちぎり入れてハンドミキサーで攪拌しましょう。
  2. 用意しておいた角型に流し入れ、ゴムべらで表面をならしてから型ごと数回打ち付けて空気抜きを。170度に予熱したオーブンにブチ込み、25〜30分焼きます。

  • ほら!良い色に焼き上がりましたよ。
  • 熱いうちに鬼すだれで巻けばお手軽伊達巻きに。今回はこのまま粗熱をとります。




【伊達巻きを焼いている間に、芯となる海苔巻きを作りましょう】
  • さっと茹でて冷凍しておいた大根葉は、包丁が入る程度に解凍して細かく刻みます。
    これをフライパンでぱらりとするまで乾煎りし、酢飯に混ぜ込みます。

    海苔巻きの芯は、フライパンで焦げ色がつくまでじっくり焼いて甘みを充分に引き出したネギです。刷毛でお醤油をぬって仕上げたネギは、香ばしくて甘くて本当に美味しいの。




【さぁ仕上げです】
  • 鬼すだれの上にラップをひろげ、焼き色が綺麗についている方を下に伊達巻きをおいてスタンバイします。上下を少しあけてご飯を均一にひろげ、中央に海苔巻きをおきましょう。

  • 伊達巻きの端と端を合わせるようにして鬼すだれを持ち上げ、形を整えます。

    ラップできっちりと巻きなおし、再度鬼すだれでしっかりと巻きます。数ヶ所を輪ゴムで固定したまま巻き終わりを下にし、数分そのままおいて落ち着かせましょう。

  • ラップを外し、さっとお水にくぐらせた包丁で切り分ければ・・・はい、出来上がり。











本日は一汁一菜。東京から帰って体重激増の主人にはこれで充分。

テレビでちらりと見かけた “蒸し人参の白和え” をちょっとアレンジ。

酒粕香る美味しい白和えが出来ました。美肌一直線の白和えです。



小さく刻んだ酒粕 30グラム・だし汁とみりん 各大さじ1をひと煮立ちさせ、そのまま冷ましておきます。


白胡麻 大さじ2を乾煎りしてすり鉢に移し、しっとりするまで擂ります。
ここに白味噌 大さじ1・充填絹ごし豆腐 1パック (150グラム) ・ふやかした酒粕を浸け汁ごと加え、滑らかになるまでよく擂り混ぜて和え衣を作りましょう。

皮をむいて乱切りにした人参は、お水で湿らせたキッチンペーパーとラップでふんわり包みます。レンジ弱でやわらかめにじっくり加熱してザルにひろげ、軽く水分をとばしてすり鉢に。

フォークでざっくり切るようにしながら和え衣で和えて、はい出来上がり。










本日のスープは白菜と里芋のポタージュです。定番ですね。



皮をむいて冷凍しておいた里芋を使うので、非常にお手軽。

白菜は繊維を断ち切るように切ってじっくり炒めます。


最初に炒めるにんにくも薄切り玉ねぎも、とにかく弱火でじっくり炒めるのが甘く美味しく仕上げるポイント。いつもの白味噌に加えて シェフ特製のフォアグラ脂も隠し味にしたら、非常にまろやかなスープに仕上がりましたよ。

主人、ちゃんと温めて飲むのよ。横着せずに温めて飲むのよ。





朝、どうしても起きられません。
二度寝の快感、知っちゃったもの


お手軽伊達巻きで海苔巻きを巻いた伊達巻き巻き。
早口ことばじゃぁなくってよ。

うんとやわらかくじっくりレンジ加熱した人参を白和えに。
酒粕&人参で、美肌はアタクシのものよ。

本日のスープは白菜と里芋のポタージュ。
隠し味は、いつもの白味噌に加えてフォアグラ脂。

早いなぁ・・・この間まだ七草粥だの鏡開きだの言っていたと思ったら、スーパーでもコンビニでも 太巻き寿司の予約を募る張り紙が至る所で見られるようになりました。

今年もあと1週間とちょっとで立春なのね?
どてらを着て毛布を腰に巻きずるずる生活しているってのに、春の気配と言わしめるのね?

それにしても、うぅ〜寒っ!
早く夜にならないかしら・・・そして早く朝のあの二度寝の快感を楽しみたいわ・・・

『春眠を先駆け目を閉ず 二度寝かな』

さ、“東京ゴゥジャス新年会ツアー2011” の後片付けでもしようかな・・・うん。


posted by しんさん at 13:58 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!!
こんなに可愛らしい伊達巻が簡単に出来るなんてステキです♪
そして今までのも拝見させていただきました。
これからも良かったら参考にさせてくださいませ。
Posted by 姉さん☆ at 2011年01月25日 10:45
はじめまして、姉さん☆さん。
嬉しいコメントをありがとうございます。
過去のお弁当を遡って見て下さるなんて・・・恥ずかしい反面やっぱり嬉しい!

あり合わせ料理ばかりですが、またご覧下さいね。こちらこそよろしくお願いします。
Posted by しんさん→姉さん☆さんへ at 2011年01月25日 15:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。