2011年01月18日

かりかりお餅のサンドイッチ

降りましたねー、積もりましたねー、雪!
昨日はこの大雪の為、主人は出勤を断念して我が家のキッチンを仕事場にしておりました。

そして、当然お昼はこぉなる・・・

007シリーズの中でジェームス・ボンドが愛飲していたシャンパーニュ BOLLINGERですよん。

BOLLINGERの2000年ミレニアム ヴィンテージ。
積もりたての雪でワインクーラーを満たして、さっそく雪見酒と参りましょう。

我が家ではシャンパーニュを楽しむ時もブルゴーニュ・グラスを使います。

炭酸感は減少するけれど、その分口当たりが優しくなるのです。
そしてなんてったって香り!フルート・グラスではさほど楽しめないシャンパーニュの華やかな香り、ブルゴーニュ・グラスなら余すことなく楽しむことが出来るのです。主人、偉いぞ!

缶詰のオリーブとナオミさんのクロワッサン、雪で優しく冷やしたBOLLINGER。テレビで次々流れる交通情報を聞きつつ、我が家ではかように昨日の大雪を楽しんだのでありました。










いくらなんでもそろそろ本腰入れてお弁当作らないとなぁ、なんて思っていたら・・・

『僕、明日は移動しながらのお昼になるんだ。ちゃちゃっと食べられるお弁当にしてね。』

あら主人、そぉなの。ぱくっと食べられるお弁当なのね、そぉなのね・・・これならいかが?

素直におむすびさんとかにすりゃ良いものを、どぉしてこぉ捻りたがるのかしらね。
これ、お餅なんです。

ほら、少し前に “モッフル” とやらって流行っていたでしょ? “お餅+ワッフル” でモッフル。
言わずと知れたワッフルメーカーで焼いたお餅のお菓子のことです。

へぇ〜っと思って見ておりましたが、あら!じゃぁこれってホットサンドメーカーでも可能よね?

十年以上前に何かの景品でもらった我が家の年代物ホットサンドメーカー、ごそごそっと戸棚の奥からいざ出陣!久々活躍の場を与えられましたよ。パンじゃなくてお餅だけどね。



【作り方】

至って簡単。
挟む具は出来るだけ水分が出ないものを。時間が経つとべしゃっとなってしまいますからね。

  1. ホットサンドメーカーの大きさに合わせてクッキングシートをカットし、お餅に面する側にティッシュ等で極々薄く胡麻油をぬっておきます。
  2. ホットサンドメーカーに胡麻油を塗った面を上にしてクッキングシートを敷き、出来るだけ薄くカットしたお餅を敷き詰めます。その上にお好みの具をのせ、上にも薄く切ったお餅を並べます。最後に胡麻油を塗った面を下にしてクッキングシートをかぶせます。

    今回の具は、人参とハムとチーズと蕪。もうひとつは、はんぺんとチーズと人参で。
    人参・ハム・蕪は全て薄切りに。人参は軽くレンジ加熱してあります。
  3. ホットサンドメーカーの蓋をし、うっすらと表面に焼き色がつくまで焼けば出来上がり。

お餅が冷めないうちにクッキングシートを取り除きましょう。冷めたら食べやすい大きさにカットしてお弁当箱へ。人参・蕪・チーズ・ハム・はんぺん・・・具沢山のお餅サンドです。

しゃぶしゃぶ用のお餅だともっと簡単ね、これ。










いつぞやのお弁当。
主菜として作った “肉なし大豆のハンバーグ風”

形がまとまらず、撃沈の失敗作だったけれど冷凍しておきました。でもほら、白菜で包んでしまえば大丈夫でしょ?

ぱくっと食べられる焼きロール白菜。下茹でした白菜で、乾海苔と大豆ハンバーグ生地を巻いて、極々薄く油をぬったフライパンで全面こんがり焼きます。


フライパンの空いた場所で薄切りにした蕪・下茹でしたスナックエンドウ・小房に分けた舞茸を焼き、最後にだし醤油をじゃっと回しかけてからめれば、はい出来上がり。

食べやすい大きさに切り分けてお弁当箱へ。










いつになったら再開するのかしら・・・
本気のお弁当・・・まだまだね


色気も素っ気もないパックお弁当ですが・・・

主食はモッフルをパクったお餅のサンドイッチ。
モッフルメーカーでなくったって、見た目重視でなければ大丈夫よね?

撃沈した大豆ハンバーグをリサイクル。
主菜は肉なしの焼きロール白菜。

ぱくっと車中で食べられるように、との主人の言いつけはこれで守れたのかしら。
朝寒くてねぇ、朝起きられなくてねぇ・・・ついおざなりなお弁当になっちゃうのよね、最近。

さ、道路の雪も溶けたようだしね。
今日は今年に入って初の歯医者さんに行ってこなくっちゃね。

明日こそ一汁二菜のお弁当に戻そう・・・きっとね、多分ね・・・出来ればね・・・うん。


posted by しんさん at 13:51 | Comment(0) | お弁当日記 お餅を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。