2011年01月14日

胡麻にしん丼といんちきテリーヌ

年越し蕎麦にのせた身欠きにしんの甘露煮。
その残りが冷蔵庫のドアポケットから発見されたのは、つい先日のことでした。

あららあらら、アタシったらすっかり忘れていたわ。早速その日、お弁当のひと品に。
でもね、まだ2切れも残っていたの。なので本日の我が家のお弁当、主食で使ってしまえ!ってね。

むっ!お正月の黒豆に添えた “ちょろぎ” も残っていたようね・・・

ほらほら・・・色々なごま商品を手掛けている “有限会社 いい友”の看板商品、“金ごまいわし”ってあるでしょ?胡麻好きイワシ好きの私ですもの、マイナーな頃から大好きなんですよ これが。

で! 我が家の冷蔵庫のドアポケットにて、すっかりその存在を忘れられていた身欠きにしんの甘露煮。さぁこれをどぉ片付けるか・・・じっと見つめながら思いました、『胡麻まぶしてみるか・・・』 と。

こぉして本日の主食、 “胡麻にしん丼” が完成したってワケであります。
金胡麻でなく標準的な白胡麻ってところが、いかにもあり合わせ料理の我が家らしいでしょ?









作り方はいたって簡単。
  1. 白胡麻を乾煎りし、すり鉢に移して擂り胡麻にします。
  2. 身欠きニシンは食べやすい大きさに切り、少量のお酒・みりん・たたいた梅干しと共に出来るだけ身を崩さないようそっと中火で炒りつけます。 軽く水分をとばして1に加え和えましょう。

  3. ご飯の上に炒り卵をたっぷりと散らし、胡麻にしんをたっぷりとあしらいます。
    刻みねぎをたっぷり散らして、はい出来上がり!もちろんちょろぎはなくて良し。

  • ・・・今日も簡単弁当だったわね。










いつも頭の中は食べることでいっぱいの主人ですが、近頃は料理を限定しているようです。今彼のなかでブームなのが “パテ” と “クネル”。特に “パテ・アンクルート” を語り始めると、そのうっとぉしさったら!出来ることならば、彼の電源をばしっと抜いて黙らせてやりたいくらいよ。


そこで本日の主菜。

『ささっと出来ちゃう簡単パテ・アンクルートぉ!』・・・なぁ〜んてモノ出来る私でしたら、こんなところにおりませんでしょう。

でも これならささっと出来ちゃうわよ。はんぺんと蒸し器で作るいんちきテリーヌならね。

白菜で巻いたテリーヌ生地ははんぺん&卵。ハムとアボカドたっぷりでヘルシーですよ。


じっくり弱火で蒸すので、時間はかかりますがとっても簡単です。 しかも白菜ですっぽり巻いてしまうので、取り出す時の失敗も少ないんです。 7×12×7センチのテリーヌ型1個分。
  1. はんぺん 60グラム・卵1個をハンドミキサーでピューレ状にし、さいの目に切ったロースハム・アボカドを加えて混ぜます。年末にいただいたお豆腐の味噌漬けも少々入れてみました。コクを出す為なので、白味噌・各種チーズ・練り胡麻等々で代用を。

  2. テリーヌ型に細長くカットしたクッキングシートを2枚並べ、この上にしんなりするまで塩茹でをした白菜を敷き詰めます。完成したテリーヌをカットしたら、白菜の芯部分と葉っぱ部分が分かれちゃった!ってことにならないよう、白菜の向きに気をつけて。

  3. 白菜から漏れ出さないよう2に1のテリーヌ生地を流し入れ、型ごと数回軽く打ちつけて空気抜きをしてから白菜でぴっちりと包み込みます。蓋をして充分蒸気の上がった蒸し器に入れ、弱火で40分じっくり蒸しましょう。空焚きには気をつけて下さいね。

  4. 蒸し上がり直後は、テリーヌ生地が膨張して蓋が少し浮いた状態になります。型ごと氷水で少し冷やしてから重石をしてそのまま冷まします。冷蔵庫で冷やしても。完全に冷めてから型に敷いておいたクッキングシートをそっと持ち上げて型から出します。

    重石の代わりに適当な大きさの箱等をラップで包み、2〜3箇所を輪ゴムで留めておいても。完全に冷めないうちに型から出そうとすると、無情に崩れてしまいますよ。
  5. わくわくしながら切り分けましょう。
    切り分ける時は包丁よりパンナイフを使用した方が美しいかと存じます。

    ・・・もっと主人が喜んでくれると思ったのですが・・・意外と冷たい反応でがっかし。
    やっぱ肉系じゃぁないと彼のハートには届かぬか?ちっ。










主菜ごときにこぉも行数を使ってしまいました・・・副菜は簡単ですよ。

舞茸としいたけのおかか塩昆布和え。
焼いた舞茸とシイタケを塩昆布+鰹節で和えただけの簡単料理。


塩昆布は乾いたボールに入れて乾いたキッチンバサミで細かく刻み、鰹節を入れて混ぜ合わせます。オーブンで焼いた舞茸とシイタケを食べやすいよう縦に裂いてボールに加え、和えれば出来上がり。










ちょっと酸味が強くなってきた白菜のお漬物。

ピリ辛スープにすれば美味しく食べられます。

我が家ではこれが食べたいが為に、わざわざ白菜のお漬物を残しておく程ですもの。最後に水溶き片栗粉を加え、とろみをつけてもとっても美味しいですよ。


白菜のお漬物は千切りに。シイタケ・人参も千切りにします。
お水・お酒・顆粒の鶏がらスープ・極少量のウェイパー・小口に切った鷹の爪を沸騰させ、千切り野菜を加えてしばらく煮て昆布茶・薄口醤油・極少量のナンプラーで味付けを。

器に盛り、白髪ネギと小口ネギを散らして出来上がりです!
・・・白髪ネギにしては太いネギですが、細かいことは言いっこなしってことで。





自称テリーヌなのに・・・
肉でなきゃダメ?はんぺん不可?


大晦日の身欠きにしん・・・良かった!ちゃんと使い切ったわ。
金ごまいわしならぬ、標準ごまにしん。
ごまにしん丼が本日の主食です。

はんぺんと蒸し器で簡単テリーヌ。
見てなさい!今度はもっと本格的に作ってみるから!
ただしあり合わせでね。本当に美味しいのはプロに任せましょうね。

最近お気に入りの食材、舞茸。
おかか塩昆布和えです。

本日のスープは白菜のお漬物で。
酸味が強くなったお漬物がうんと美味しいスープに。

何だか寒いわぁ〜と思っていたら、ちらちらと雪が降り始めましたよ。
週末は大荒れの天気です・・・なんて、どこかの局の気象予報士さんが言ってたっけね。

明日・あさっては、みりんで有名な “白扇酒造” さんにて毎年この時期開催される蔵元限定販売会場へ行く予定です。つきたてのお餅を頬張り、搾りたての生酒を試飲し、蔵の中を探検。
昨年は旅行だったか何だったかで行けなかったのよね、確か。

今年は行くわよ、主人。お天気が大荒れだろうとなんだろうと行くわよ、絶対。
行く前にちょいと道草して左義長にも顔を出しましょう。・・・いよいよお正月ともおさらばね。


posted by しんさん at 13:06 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
胡麻にしん丼!
猫にマタタビならぬ、梅*に魚の甘露煮ですのよ。
おまけにたっぷりのすり胡麻ですか。
ああ食べてみたい。
2011年も言わずにおれないのですが、
こんなお弁当を毎日作ってもらえるご主人が本当に羨ましい。

羨ましいといえば、きゃーっ、白扇酒造さん!
きっと記事を載せて下さいますよね?
楽しみにしています^^
(でも道中はどうぞ気をつけて下さいね)

余談ですが、キツネ婦人。
私なんて「この人には間違いなく当たるわ、特級のバチが(邪悪な笑み)」
と思ってましたよ・・・
Posted by 梅* at 2011年01月15日 05:28
あっ!梅*さん完全復活だ、元気になったぞ!!
このコメントを見つけ、なぜだか真っ先にそう感じた私であります。
・・・コメントを見つけたのは随分前のことになりますが、何か気の利いたお返事を・・・と考えていたら数日が経過してしまいました。そして結局思いついたままを素直にお返しするコトに・・・

12月のウィルス攻撃、大変でしたね。
お忙しく楽しく毎日を過ごしていらっしゃるのね・・・なんて思っていたらウィルスの猛攻に苦しんでいらっしゃったとは!その後拝見した梅*さん節完全復活の記事に、ホッとしております^^

そ・・・それにしても茶助さんのお料理の腕ったら!
これってばプロ級ではありませぬか!!色合い、組み合わせ、盛りつけ、全てにうっとりです。
我が家の“ビストロオット”は一体全体いつまで充電期間を設けるつもりなのかしらね、なんて横にいた主人にちくり!
今年の彼の目標は“クネル”なんだそうですよ。

私はと言えば、今年も無駄無しあり合わせ料理に精進致す所存でございます。
お魚もお野菜も勿論お肉も・・・とにかく食材をきっちり使ったいんちき料理を楽しんで参りますよ。
そして秘かに今年の目標としているのは“乾物”、中でも“かつお節”に注目しているのであります。
無駄になる安モノ買いを省いて、やや高価でも味の良いかつお節を使う・・・ささやかな今年の目標です。
Posted by しんさん→梅*さんへ at 2011年01月18日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。