2011年01月13日

とんでもなくあり合わせのテキトー生春巻き

年が明けてから、ずっとずっと寒い日が続いております。
風の通り道にもなっているマンションエントランス付近の寒いこと!寒いこと!!

スキー場のような寒さに耐え、ツーンとくる鼻の痛みに耐え、お家の中の暖かさにホッ・・・
夜は電気毛布でぽかぽかに温まったお布団にぬくぬくっ・・・

・・・だからね、主人・・・そんな気持ちの良いお布団だからね、起床時間になっても出られなかったの。あっさりと自分に負けてしまったの・・・そしてね、1時間お寝坊しちゃったの。

こんなお弁当だけど持ってく?
そう・・・いつもに増してのあり合わせなお弁当、本日の主食です。

・・・貧乏家の生春巻きです。所要時間、ものの5分。
主人っ、ごめん。明日は美味しいお弁当作るからね。ちゃんと気合い入れて起きるからね。










この生春巻き、具がある意味とても斬新です。材料はと申しますと・・・
  • 酸味の出始めた白菜漬け
  • お歳暮でいただいたハム
  • 近所のスーパーのプライベートブランド Vマークのついた春雨
  • お弁当のいつもの彩り野菜、ブロッコリーとミニトマト
  • ライスペーパー

・・・な、なんて貧相なの!
それでは5分で出来る貧乏家の生春巻き、レッツクッキンっ!!

  1. フライパンにお水をたっぷり入れて火にかけます。と同時に戻すライスペーパーの枚数分のキッチンペーパーを軽くぬらし、しっかり絞ってひろげておきましょう。フライパンのお水がぬるま湯程度に温まったらさっとライスペーパーをくぐらせ、キッチンペーパーの上にひろげます。このまましばらくおけばライスペーパーがやわらかくなります。
  2. フライパンのお湯が沸騰してきたら春雨を入れ、指示通りに茹でてザルにあけます。冷水でざっと洗い、水を切っておきましょう。ハムは細長く切ります。
  3. 酸味の強くなった白菜漬けは千切りにし、漬け汁をぎゅっと絞ります。ボールに移し、少量のバルサミコ酢を加えて混ぜ合わせておきましょう。
  4. ライスペーパーの手前の方にブロッコリー・縦4等分したミニトマトを並べます。ハム・しっかり水を絞った春雨・白菜漬けも並べ、最初にライスペーパーの手前を3センチ程折り曲げてから両端をそっと折ります。あとはきつめに巻けば出来上がり!

  • 白菜漬けが切り干し大根に見えて仕方がないのですが・・・
    酸味が強くなった白菜漬けにバルサミコ酢を足してザワークラウト風にしてしまえっ!
    そんないい加減なテキトー生春巻きですが、主人のダイエットには吉なのでは・・・










主菜は ダイエッターさん仕様 極めてヘルシーな大豆ハンバーグです。

お肉は一切使っておりません。
粗くつぶした大豆の水煮・マッシュした里芋・刻んだ舞茸・炒め玉ねぎをたっぷり生地に使い、軽いお醤油風味に仕上げてみました。

ただね、当然と言えば当然なのですが・・・つなぎを入れなかったので、焼いている間にほろほろと崩れてしまい非常に難儀致しました。


これは、ちょいと顔を洗って再チャレンジすると致しましょうかね。

アイデア的にはなかなか良かったんだけどね、うん。










副菜は、大好きな酒粕和えです。

具は白菜と面取り人参の切れっ端。
本日は、根尾の伯母自慢のきゃらぶきを調味料代わりにたっぷり加えました。きゃらぶきのやや甘めの味付けが、酒粕の風味によく合います。



白胡麻を乾煎りしてすり鉢に移し、しっとりするまで丁寧に擂ります。ここに小さく切った酒粕を加えます。


少量の鰹だしとみりんをひと煮立ちさせ、すり鉢に加えてしばらくおき酒粕をふやかしてから滑らかに擂り混ぜます。

白菜は軸の部分と葉っぱの部分に分け、お塩を加えた熱湯でさっと茹でて細切りに。
冷めたらキッチンペーパーに包んで水気をぎゅっと絞ります。

極少量の白味噌も加えて滑らかな和え衣にし、きゃらぶき・白菜・面取り人参の切れっ端 (軽く茹でてあります) を加えて和えれば出来上がり。

お酒がダメな人は、和え衣に火を入れてアルコール分をとばした方が良いかも・・・










本日のスープは、さつま芋とバジルのポタージュ。

去年の夏収穫し、冷凍してあったバジルの葉っぱを使いました。

冷凍バジルは、香り・味ともにばっちり!なかなかお勧めの保存法です。


作り方はいつもと同じ。
つぶしたニンニク→薄切り玉ねぎの順にじっくり炒めます。さつま芋は皮をむいて薄切りにし、アク抜きをしてからここに加えてさっと炒めます。油がなじんだらひたひたのお水・コンソメスープの素を。

さつま芋がやわらかくなるまで弱火で煮込み、少量の白味噌を煮溶かして冷凍バジルを凍った状態のまま加えます。煮過ぎると色が悪くなるので軽く煮て火を止めましょう。

牛乳を少量加えてハンドミキサーでピューレ状にし、再度弱火にかけます。
牛乳を加えてお好みの濃さにし、味が薄いようなら軽く塩コショウを。軽く温めて出来上がり。

バジルを冷凍した時の記事






ぬくぬくのお布団から出られません・・・
どんどん手抜き傾向に・・・


生春巻きに白菜漬け、まさにあり合わせ。
酸味が増した白菜漬けにバルサミコ酢を足してザワークラウト風に。
・・・って、かなり強引かしら。

お肉なしのダイエッターさん向きハンバーグ。
大豆・里芋・舞茸が材料ってところは良いのだけれど、何分成形が・・・ね。
再チャレンジ要!

面取り人参の切れっ端も無駄なく使います。
きゃらぶき・白菜・人参の酒粕和え。

本日のスープはさつま芋とバジルのポタージュ。

さぁ!いよいよ来週の明日は 『東京ゴウジャスディナー』 であります。
まだ先まだ先だと思っていたら・・・早いわねぇ、いよいよですよ。

主人が散々あーだこーだと悩んでいた宿泊先も、ようやく決まったようです。
私の衣装 (・・・) も色々ありましたが、なんとかなりました。
靴もばっちり。ついつい調子にのって過剰購入したって感はありますが、まぁたまには良し。
ネイルもイメージ通りの仕上がりに満足しているところです。

・・・ってダメじゃん!まだ肝心な美容院に行っていないじゃんっ!!
こんな落ち武者みたいな頭では、木曽の山猿って石投げられるわ!!!

そんなワケで美容院に行ってきます。たまちゃんにモマれて参ります。
主人、ご飯の時間までには戻ってこられるかと・・・妻がいなくても平気ね?寂しくないわね?
レトルトカレーはいつもの引出しの中です。


posted by しんさん at 13:10 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。