2011年01月10日

我が家の万能調味料 其の1

昨年末のことです。
一般家庭で保持しているのは極めて稀・・・いや!まず皆無であろうモノを頂きましたよ。

ぱっと一目見てこれが何であるか分かった方。あなたのご職業は何であらしゃりますか?
あ、でも・・・もしかして男爵やY氏なら分かるのかしら。

色白になる石鹸とかじゃないですよ、もちろん新種のホワイトチョコなんかでもないですよ。
これね、フォアグラの脂なんです。

フォアグラを焼いた時に出る脂は相当な量なんですって。それを丁寧に漉して固めたものがこれ。
フォアグラ脂・・・食材をとことことんとん (ん?) 大切にするYシェフならではの逸品。

シェフ&マダム曰く、『炒飯とかに少し入れると美味しいのよ』
・・・いいえっ!そんな勿体ない!!ありとあらゆるものに入れましょうぞ!!!
ウェイパーなんぞ足元にも及ばぬコク出し調味料のキングですよ、これはっ!!










ご飯を炊く時、バターライスみたくほんの少しフォアグラ脂を足すのは もはや我が家の定番。
先日、お肉なしのロールキャベツ・・・もとい!ロール白菜をした時もこのフォアグラ脂が大活躍。

お正月休み中、お腹は空いていないんだけどなぁ〜んか食べたいわ・・・なんて時。
ちゃちゃっと作ったのがこのロール白菜。この美しい澄んだスープの美味しかったこと!

材料はしんなりレンジ加熱した白菜とネギ・フォアグラ脂。
白菜とネギを冷まし、ネギ・フォアグラ脂を白菜で巻きます。お鍋に並べ少量のお水を加えて中火にかけ、煮立ったら弱火に。だし醤油を加えて煮汁を回しかけながらしばらくことこと煮込みます。

これがね、すご〜くコクがあって美味しかったのさ。
ものすご〜く食材極貧な料理なのに、ふぅふぅ熱々で心も体もぽっかぽかになったのさ。










もぉいっちょ。主人のお気に入り・・・フォアグラ脂を使った目玉焼き丼。
フォアグラ脂をほんの少し加えて炊いたご飯の上にネギ&目玉焼き。究極の貧乏性ご飯。

フォアグラ油でじっくり焼いたネギをフライパンの端に寄せ、目玉焼きを半熟に仕上げてご飯の上に。
フライパンに残ったフォアグラ油にお醤油と極少量のバルサミコ酢を足してソースに。

・・・いやいや、貧乏くさいと笑うなかれ。これがまた美味しいんだってば!
フォアグラ脂効果は計り知れず・・・侮るなかれフォアグラ脂・・・恐るべしフォアグラ脂。










こうしてYシェフの手を離れたフォアグラ脂は、我が家で大活躍しております。
安心して!シェフ (・・・何をだ?)

シェフが里子に出したフォアグラ脂は、我が家で元気に活躍しております。
我が家のほそぼそとした食卓をぱっと華やか (・・・か?) に演出して下さっております。

・・・さぁ、今日もフォアグラ脂で何か作るかなっと。



posted by しんさん at 08:52 | Comment(0) | お気に入りのもの達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。